« ローズボックス五角版 | トップページ | バラのテーブルフラワー(U4-12) »

2019年4月 5日 (金)

葉っぱの台(と薔薇W1)

桜の開花の便りに合わせたかのように、なんだか気温の低い日が続いて、今年の桜は2週間くらい楽しめそうです。
まだまだ風がちょっと冷たいですが、日中の日差しは春を感じさせるものになってきています。

さて今回は、「葉っぱの台(と薔薇W1)」をご紹介しましょう。

薔薇W1と葉っぱの台 創作:中 一隆

当ブログでは、薔薇の折り紙作品を色々ご紹介させていただいてます。

花1輪のブログ写真は、ほとんど花に「がく」が付いた状態で角度を変えて撮ったものになっています。

いつもおんなじ感じだとあまりにも芸がないかなぁと思い、一輪の薔薇を飾れるような「葉っぱの台」を作ってみました。

葉っぱの台 創作:中 一隆

4枚の葉っぱをねじるように配置し、中央に花を乗せる構造になっています。

いつも使っている「がく」はだいたい鶴の基本形から少し手を加えたもので、この「がく」を丸ごと受け止められるように、「くぼみ」を中央に設けてあります。

薔薇W1と葉っぱの台 創作:中 一隆

そんな仕組みになってますので、「がく」の先端部を差し込むというか、乗っけるだけで花を自立させることができます。

既に賢明な読者はお気づきかと思いますが、実を言うとこの構造は、アイスクリームのスタンドと同じです。

台となる葉っぱは4枚なので、大輪の花(写真は薔薇W1)であっても安定して支えることが可能になっています。(五角構造の薔薇の場合「がく」も五角形になり、ちょっと整合性が悪くなっちゃいますが…。葉っぱ5枚の五角版も必要かなぁ)

花の周辺に緑の葉っぱがあしらわれるだけで、だいぶ薔薇の花も引き立つようになるようです。

さて、「葉っぱの台(と薔薇W1)」いかがでしたでしょうか。

お気に召していただけたら、ぜひ投票ボタンをポチっとおねがいします。

 

当ブログの作品を集めた拙著「折り紙のバラとくすだま」(日本ヴォーグ社 ISBN:9784529059138)です。
バラのくす玉をはじめ、バラ・カーネーションの花束やバラのテーブルフラワー等の人気作品も掲載。

折り紙の楽しさを感じていただけたら、ぜひお近くの折り紙教室へ。

自分で折れたらもっと楽しい。折り紙教室の詳細はこちらです。

折り紙講師のご用命・個人レッスンも承っております。ご依頼・お問い合わせは、こちら メールフォーム からどうぞ。

Instagramへの投稿始めました。スマホからでも高画質の画像をお楽しみいただけます。(@kazutaka.naka)  PCの方はWeb版はこちらから。 Instagram https://www.instagram.com/kazutaka.naka/

スマホでご訪問の方は、ブラウザ設定をPCサイトモードにしていただくと、当ブログのすべてのページがご覧いただけます。

 

 

|

« ローズボックス五角版 | トップページ | バラのテーブルフラワー(U4-12) »

折り紙」カテゴリの記事

バラ」カテゴリの記事

季節の折り紙」カテゴリの記事

オリジナル作品」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ローズボックス五角版 | トップページ | バラのテーブルフラワー(U4-12) »