« 半開トーラス構造の薔薇(T3) | トップページ | 折り紙教室(2019年夏)のご案内 »

2019年5月17日 (金)

ユニット構造の薔薇(U5-5)

さわやかな五月晴れの日もありますが、一雨降ると、ぐっと木々の緑が鮮やかになる季節になりました。ここのところなんだか少し蒸し暑さも感じられるようになってきて、5月もなかばを過ぎたとはいえ、梅雨が近づいてくる気配を感じます。(沖縄はもう梅雨入りしちゃったとか…)

さて今回は、ユニット構造の薔薇(U5-5)をご覧いただきましょう。

当ブログの記号番号による分類では”U”はユニット構成で、1輪の薔薇になったり、くす玉に組めたりする作品が多いです。

このユニットU5は、くす玉に組むための対称性を崩して、その分1輪の薔薇としてのクオリティを上げた作品になっています。
(強引に60枚組でくす玉に組んだ作品(U5j-60)もあるにはあるんですが…)

薔薇(U5-5)創作:中 一隆

ユニット構成で薔薇を作るメリットは、比較的やさしい部品を4~5個作り組み合わせることで、花弁枚数の多い複雑な形状が実現できることです。

シンプルに4個組み合わせたり、5個組み合わせて五角構造のちょっとゴージャスな薔薇にもできます。

薔薇(U5-5)創作:中 一隆

この作品は、「がく」についた爪を各花弁ユニットに差し込み固定する構造で、糊付け無しで組み立てることができます。

ですので、厳密にはユニットU5を5個に「がく」を加えた6枚の折り紙からなる複合作品ということになります。

薔薇(U5-5)創作:中 一隆

ユニット単体は、花芯中央部から、順次花弁サイズが大きくなるようにしてあり、自然な感じで薔薇の花弁が構成されるよう工夫してあります。その分、くす玉に組むための対称性は失われてしまっており、1輪の薔薇に特化した作品といえると思います。

薔薇(U5-5)創作:中 一隆

最外周の花弁を大きくするため、ユニット単体で表現できる花弁枚数は3枚で、4個組(3枚x4個=12枚花弁)だと少し寂しく、単体の薔薇として作る際は5個組んで3枚x5個=15枚花弁とした方がよいかなぁと思っています。

このユニット構造の薔薇(U5-5)は、葉っぱに、安全ピンと厚紙のブローチ台を取り付けたコサージュとして、5月14日(火)にそごう横浜9Fのよみうりカルチャー横浜指先の魔法☆折り紙」講座にて講習させていただきました。

折り紙教室の詳細はこちら です。
PCならびにPCモード設定の方は、最新の情報をいつでもこちら からご覧いただけます。

さて、「ユニット構造の薔薇(U5-5)」いかがでしたでしょうか。

お気に召していただけたら、ぜひ投票ボタンをポチっとおねがいします。

 

当ブログの作品を集めた拙著「折り紙のバラとくすだま」(日本ヴォーグ社 ISBN:9784529059138)です。
バラのくす玉をはじめ、バラ・カーネーションの花束やバラのテーブルフラワー等の人気作品も掲載。

折り紙の楽しさを感じていただけたら、ぜひお近くの折り紙教室へ。

自分で折れたらもっと楽しい。折り紙教室の詳細はこちらです。

折り紙講師のご用命・個人レッスンも承っております。ご依頼・お問い合わせは、こちら メールフォーム からどうぞ。

Instagramへの投稿始めました。スマホからでも高画質の画像をお楽しみいただけます。(@kazutaka.naka)  PCの方はWeb版はこちらから。

Instagram

https://www.instagram.com/kazutaka.naka/

スマホでご訪問の方は、ブラウザ設定をPCサイトモードにしていただくと、当ブログのすべてのページがご覧いただけます。

|

« 半開トーラス構造の薔薇(T3) | トップページ | 折り紙教室(2019年夏)のご案内 »

折り紙」カテゴリの記事

バラ」カテゴリの記事

5枚花弁のバラ」カテゴリの記事

季節の折り紙」カテゴリの記事

オリジナル作品」カテゴリの記事

くす玉・ユニット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 半開トーラス構造の薔薇(T3) | トップページ | 折り紙教室(2019年夏)のご案内 »