« 2019年10月 | トップページ | 2019年12月 »

2019年11月

2019年11月28日 (木)

オランダ折り紙協会(OSN)"ORISON"に掲載(平面のバラ)

気が付けばもう11月も終わりで、クリスマスやらお正月の話題も多くなってきました。年々一年があっという間に過ぎるように感じるのは歳のせいなんでしょうかね。気温も本格的に冷え込むようになってきて、冬の到来を感じます。あ~っ、寒いのやだなぁ。このまま布団の中で冬眠しちゃったいと思うダメなヤツでございます。

さて今回は……、

オランダ折り紙協会(Origami Sociëteit Nederland)の機関誌"ORISON"に「平面のバラ」を掲載していただきました。

Orison(Origami Society of Netherlands)Vol.35 2019 No.5

折り紙愛好家が世界中にいることはご存じかと思いますが、オランダにも折紙協会があって、日本の折紙協会と色々交流もあるようです。

Orison(Origami Society of Netherlands)Vol.35 2019 No.5

本作品 は日本の折紙協会の機関誌 月刊「おりがみ」511号(2018年3月)に掲載していただいたものですが、オランダ折紙協会のほうから転載したい旨ご連絡をいただき、このたび"ORISON"に掲載の運びとなりました。

Orison(Origami Society of Netherlands)Vol.35 2019 No.5

当ブログでは、平面の作品は珍しいのですが、カードなどに添えることができるバラとして開発しました。

こちらに折り図を掲載させていただいてますので、ご興味あればご参照ください。

「平面のバラと折り方」(薔薇と折り紙の日々)

オランダ折り紙協会(OSN)ORISONに掲載(平面のバラ)

見本誌の送付と、掲載に関しまして、この場をお借りして感謝させていただきたいと思います。

さて、「オランダ折り紙協会(OSN)”ORISON”に掲載(平面のバラ)」いかがでしたでしょうか。

お気に召していただけたら、ぜひ投票ボタンをポチっとおねがいします。

 

当ブログの作品を集めた拙著「折り紙のバラとくすだま」(日本ヴォーグ社 ISBN:9784529059138)です。
バラのくす玉をはじめ、バラ・カーネーションの花束やバラのテーブルフラワー等の人気作品も掲載。

折り紙の楽しさを感じていただけたら、ぜひお近くの折り紙教室へ。

自分で折れたらもっと楽しい。折り紙教室の詳細はこちらです。

折り紙講師のご用命・個人レッスンも承っております。ご依頼・お問い合わせは、こちら メールフォーム からどうぞ。

Instagramへの投稿始めました。スマホからでも高画質の画像をお楽しみいただけます。(@kazutaka.naka)  PCの方はWeb版はこちらから。

Instagram

https://www.instagram.com/kazutaka.naka/

スマホでご訪問の方は、ブラウザ設定をPCサイトモードにしていただくと、当ブログのすべてのページがご覧いただけます。

 

| | コメント (0)

2019年11月21日 (木)

折り紙教室(2020年冬)のご案内

さて、2020年の1-3月に行われる冬の折り紙教室の受付が開始される時期になりました。

ここで、2020年1月から開催の冬の折り紙教室の情報をまとめておきます。
 ( 現在開催中の折り紙教室(2019秋)の詳細情報はこちら です。) 

マジックローズキューブ36枚組
マジックローズキューブ36枚組

花の折り紙一日講座(公開講座)

常設の講座にご参加いただけない方にも受講していただけるよう設定した、一日だけ公開講座です。

花の折り紙一日講座(2月)

午前中は川崎亜子氏の佐藤ローズ「ガーデンローズ」講習、午後は私が折り紙のバラとくすだま」掲載作品から「つばき」を講習し、折り紙三昧の休日を過ごしていただく企画になっています。

日時 : 2月9日(日) 10:00~15:00(お昼の休憩を含みます)
内容 : 
〇10:00~12:00 佐藤ローズ「ガーデンローズ」講師:川崎亜子氏
〇13:00~15:00 「つばき」  (拙著掲載作品) 講師:中 一隆
場所 : 朝日カルチャーセンター横浜教室(ルミネ横浜8F)

佐藤ローズ「ガーデンローズ」 写真提供:川崎亜子氏
佐藤ローズ「ガーデンローズ」 写真提供:川崎亜子氏
「つばき」 創作:中 一隆
「つばき」 創作:中 一隆

公開講座として、この日1日のみの受講が可能です。(午前のみ午後のみの受講も可能です。)

2講座受講される方で、朝日カルチャーの非会員の方限定になりますが、窓口またはお電話で、「講師紹介」と伝えていただきますと、会員料金でご受講いただけます。(1,200円くらい安くなります)
お申し込み・お問い合わせは,朝日カルチャー横浜 045-453-1122 http://www.asahiculture.jp/yokohama/  までお願いいた します。
Webサイトからのオンラインでのお申し込みはこちらからどうぞ。

※昼食のお昼休憩(1時間)をはさんだ講習になります。ルミネ横浜にはレストラン街もありますが、日曜はかなり込み合います。ロビーであれば飲食が可能ですので、昼食(おにぎり・サンドイッチ・お弁当?)を持参して受講されることをお勧めします。

バラのくす玉(U1-24) 創作:中一隆
バラのくす玉(U1-24) 創作:中一隆

○横浜そごう9F よみうりカルチャー横浜教室(木曜日(常設講座)残席あり 

2019年10月から新規に開設する教室です。
横浜そごう9Fのよみうりカルチャー横浜教室(読売・日本テレビ文化センター横浜)の折り紙教室です。
場所は、横浜駅東口そごう9Fの市民フロアになります。
日時は、毎月第2・4木曜日13:00~15:00です。

よみカル木曜作品サンプル2020年1月期

1-3月のスケジュール・カリキュラムは以下の予定です。

   1月 9日(木)   さざんか
   1月23日(木)   ローズボックス5角版
   2月13日(木)   バラのくす玉 U1-12
   2月27日(木)   バラのくす玉 U1-24/30
   3月12日(木)   薔薇 U7w-4
   3月26日(木)   大統領の玉桜(川崎敏和氏)

詳細のお問い合わせ・受講申し込みは、よみうりカルチャー横浜(045-465-2010) までお願いいたします。

Webサイトからのオンラインでのお申し込みはこちらからどうぞ。(入会金の割引クーポンはこちらからどうぞ)

川崎ローズ「がく付きのつぼみ」のアレンジ アレンジ:中 一隆
川崎ローズ「がく付きのつぼみ」のアレンジ

○横浜ルミネ8F 朝日カルチャー横浜教室(常設講座)残席あり 

場所は朝日カルチャーセンター横浜教室 で、横浜駅の駅ビル「ルミネ横浜」の8階になります。
日時は、毎月第1・3日曜日10:30~12:30です。

朝日カルチャー横浜サンプル2020年1月期

1-3月のスケジュール・カリキュラムは以下の予定です。

   1月19日(日)   川崎ローズ「がく付きのつぼみ」のアレンジ
   2月 2日(日)   川崎ローズ「薔薇」オリジナル版
   2月16日(日)   川崎ローズ「薔薇」のアレンジ(複合ねじりおり)
   3月 1日(日)   マジックローズキューブ36枚組-1
   3月15日(日)   マジックローズキューブ36枚組-2
   3月29日(日)   風の種(川崎敏和氏)

お申し込み・お問い合わせは,朝日カルチャー横浜 045-453-1122 http://www.asahiculture.jp/yokohama/  までお願いいたします。
Webサイトからのオンラインでのお申し込みはこちらからどうぞ。

複合ねじり折りを使った川崎ローズ「薔薇」L3 アレンジ:中 一隆
川崎ローズ「薔薇」のアレンジ(複合ねじり折り)

○横浜そごう9F よみうりカルチャー横浜教室(火曜日(常設講座)

横浜そごう9Fのよみうりカルチャー横浜教室(読売・日本テレビ文化センター横浜)の折り紙教室です。
場所は、横浜駅東口そごう9Fの市民フロアになります。
日時は、毎月第2・4火曜日13:00~15:00です。

よみカル木曜作品サンプル2020年1月期

1-3月のスケジュール・カリキュラムは以下の予定です。

   1月14日(火)   川崎ローズ「がく付きのつぼみ」のアレンジ
   1月28日(火)   川崎ローズ「薔薇」(オリジナル)
   2月11日(火)   川崎ローズ「薔薇」のアレンジ(複合ねじりおり)
   2月25日(火)   マジックローズキューブ36枚組-1
   3月10日(火)   マジックローズキューブ36枚組-2
   3月24日(火)   バラのくす玉 U6-30

詳細のお問い合わせ・受講申し込みは、よみうりカルチャー横浜(045-465-2010) までお願いいたします。
Webサイトからのオンラインでのお申し込みはこちらからどうぞ。

大変ありがたいことに、ここのところ多くの方に教室に足をお運びいただけるようになりました。 しかし、どの教室も座席数に限りがあります。(私ひとりで一度に講習できる人数にも限りがありますしね。)
オーバーブッキングを防止するため、事前に余裕を持って「満席」と表示される場合がありますので、ご承知おきください。例えば残席1の状態であっても、「見学」のお申込みがあった段階で暫定的に満席表示となります。(見学の方がそのまま正式に受講されるとは限らないんですが…。)
1日だけの公開講座でも、講習直前になって数名のキャンセルがでてしまうこともあったりします。
「満席」と表示された場合にも、あきらめずにお電話でお問合せいただくか、キャンセル待ちにご登録ください。(お問い合わせやキャンセル待ちが多い状態が続けば教室増設の可能性もありますので…)

以上、教室で皆様にお会いできることを楽しみにしております。

お気に召していただけたら、ぜひ投票ボタンをポチっとおねがいします。

 

当ブログの作品を集めた拙著「折り紙のバラとくすだま」(日本ヴォーグ社 ISBN:9784529059138)です。
バラのくす玉をはじめ、バラ・カーネーションの花束やバラのテーブルフラワー等の人気作品も掲載。

折り紙の楽しさを感じていただけたら、ぜひお近くの折り紙教室へ。
自分で折れたらもっと楽しい。折り紙教室の詳細はこちらです。
折り紙講師のご用命・個人レッスンも承っております。ご依頼・お問い合わせは、こちら メールフォーム からどうぞ。
Instagramへの投稿始めました。スマホからでも高画質の画像をお楽しみいただけます。(@kazutaka.naka)  PCの方はWeb版はこちらから。

Instagram

https://www.instagram.com/kazutaka.naka/

スマホでご訪問の方は、ブラウザ設定をPCサイトモードにしていただくと、当ブログのすべてのページがご覧いただけます。

| | コメント (0)

2019年11月16日 (土)

「折り紙のバラとくすだま」補足追記 U7L-5のがくサイズ ( p62)

10月19日発売の書籍「折り紙のバラとくすだま」の補足追記事項です。

拙著「折り紙のバラとくすだま」p62に掲載の「切り込みを入れて折るバラ」 U7L-5の「がく」の用紙サイズが抜けておりました。

切り込みを入れて折るバラU7L-5 創作:中一隆
切り込みを入れて折るバラU7L-5

花弁ユニット4枚で組むU7L-4の「がく」は記載通り7.5x7.5㎝で問題ありませんが、

花弁ユニット5枚で組むU7L-5の「がく」は正方形から五角に切り出すため、少し大きめのサイズの紙が必要になります。

U7L-4 , U7L-5 「がく」のサイズ
U7L-4 , U7L-5 「がく」のサイズ

具体的には花弁ユニットを15x5cmで作った際には10.5x10.5cmの用紙(正方形)から「がく」を作ってください。

本書ではこのU7L-5の「がく」の用紙サイズが抜けておりましたので、お詫びして補足追記させていただきます。
(重版など修正の機会がありましたら書籍の方にも追記させていただきたいと思っています。)

なお、当記事はいつでもブログTopから [カテゴリ] → 書籍情報サポート でご参照いただけます。
書籍をお持ちのお友達にも教えてあげてください。

チェックを重ねて出版させていただいておりますが、もしかしたら今後も何か補足修正事項があるかもしれません。当方で把握いたしました不具合点などはこちらの 書籍情報サポート に掲載させていただきますので、ご参照ください。(練習用紙などのお役に立つ情報もございます。)

切り込みを入れて折るバラU7L-4 創作:中一隆
切り込みを入れて折るバラU7L-4

U7ユニットには、U7L(Long Version)、U7W(Wide Version)などのバリエーションがあります。

基準となるU7-4の紙の比率は2:1、一段横長にしたロングバージョンのU7L-4は3:1です。U7-4の紙幅を2倍にしたワイドバージョンのU7W-4は2:2(=1:1)の正方形から作ります。
U7ユニット紙サイズのバリエーション
U7ユニット紙サイズのバリエーション

各ユニットから形成される花弁はほぼ正方形で、バリエーションによって花弁枚数が増加してゆく様子がご理解いただけるかと思います。

書籍にはU7L-4U7W-4 そして、花弁ユニットを5個使ったU7L-5を掲載させていただいておりますが、基本となるベーシックなU7-4はページ数の関係で割愛させていただきました。

折り図は掲載しておりませんが、よりシンプルな作品ですので熱心な読者の皆様でしたら、U7-4がどんな感じか作っていただけると思います。

U7のバリエーション 左からU7L-4,U7W-4,U7-4 創作:中一隆
U7のバリエーション 左からU7L-4,U7W-4,U7-4

花弁ユニットを5個使ったU7L-5も掲載させていただいてますので、簡単な応用としてはU7Wのユニットを5個使ったU7W-5も可能です。この際には「がく」は本記事で追記させていただいた10.5㎝角の用紙から作る五角構造のものをご使用ください。

花弁枚数をより多くするという方向性では、横にも縦にも伸ばしたU7LWー4なんてバージョンもできそうです。(もちろん五角の「がく」を使ってU7LW-5なんてのも……、まぁ、花弁枚数が多けりゃいいってもんじゃないと思いますが…。)

さて、「「折り紙のバラとくすだま」補足追記 U7L-5のがくサイズ」をお知らせさせていただきました。

お気に召してはいただけないでしょうが、ご了解いただけましたらぜひ投票ボタンをポチっとおねがいします。

 

当ブログの作品を集めた拙著「折り紙のバラとくすだま」(日本ヴォーグ社 ISBN:9784529059138)です。
バラのくす玉をはじめ、バラ・カーネーションの花束やバラのテーブルフラワー等の人気作品も掲載。

折り紙の楽しさを感じていただけたら、ぜひお近くの折り紙教室へ。

自分で折れたらもっと楽しい。折り紙教室の詳細はこちらです。

折り紙講師のご用命・個人レッスンも承っております。ご依頼・お問い合わせは、こちら メールフォーム からどうぞ。

Instagramへの投稿始めました。スマホからでも高画質の画像をお楽しみいただけます。(@kazutaka.naka)  PCの方はWeb版はこちらから。

Instagram

https://www.instagram.com/kazutaka.naka/

スマホでご訪問の方は、ブラウザ設定をPCサイトモードにしていただくと、当ブログのすべてのページがご覧いただけます。

 

| | コメント (0)

2019年11月14日 (木)

薔薇(C5)五角構造1枚折り

気が付けば11月もなかばで、急激に秋が深まってきました。というかなんだか冬の足音も聞こえてきそうな感じです。朝はなかなか布団から出れずグズグズ過ごし、午後は日が短くなってすぐ暗くなっちゃうので、ろくに仕事もせずに「風呂入って一杯やるかっ」てな感じな日々になっております。まぁいいか。(ダメな人間の見本だな)

さて今回は、1枚折りの五角構造の薔薇(C5)をご覧いただきましょう。

C系列の作品はいずれも折り紙の端を花の中央で巻きからめて花芯を形成するのが特徴です。

薔薇(C5) 創作:中 一隆

今回ご紹介するC5は、そんなC系列の5番目の作品で、以前ご覧いただいたC4を五角形の紙から折るようにした薔薇です。

当然ですが五角構造で、ちょうど5角形の風呂敷包で、包みを結んで止める代わりに巻き絡めているような感じです。

薔薇(C5) 創作:中 一隆

拙著「折り紙のバラとくすだま」(日本ヴォーグ社ISBN:9784529059138)に掲載の花芯を巻き絡めるバラC1、C3と類似な構造の後続作品と思っていただければよろしいかと思います。
あれっ!まだ本をお持ちでない? そんな方はぜひお近くの書店でお買い求めください。通販サイトご利用の方はこちらからどうぞ。楽天Books Amazon

薔薇(C5) 創作:中 一隆

C1→C3→C4 と正方形からの一枚折りとして、花弁ボリュームを増加させるべく改良を加えてきたわけですが、C4である程度良い感じにまとまってきましたので、五角形の用紙を使って五角構造を実現してみました。

薔薇(C5) 創作:中 一隆

C4に比較すると、花芯部の密度は少し低下していますが、難しい工程はなく比較的素直に折り上げることのできる作品に仕上がっています。

作品開発のタイミングなどもあり、今回の書籍への掲載はできませんでしたが、機会がありましたら折り紙教室で講習させていただこうと考えております。(第二段の書籍に掲載とかもあるかもしれませんが、すべては今回の書籍の売り上げ次第といことになりますかねぇ…)

さて、「薔薇(C5)五角構造1枚折り」いかがでしたでしょうか。

お気に召していただけたら、ぜひ投票ボタンをポチっとおねがいします。

 

当ブログの作品を集めた拙著「折り紙のバラとくすだま」(日本ヴォーグ社 ISBN:9784529059138)です。
バラのくす玉をはじめ、バラ・カーネーションの花束やバラのテーブルフラワー等の人気作品も掲載。

折り紙の楽しさを感じていただけたら、ぜひお近くの折り紙教室へ。

自分で折れたらもっと楽しい。折り紙教室の詳細はこちらです。

折り紙講師のご用命・個人レッスンも承っております。ご依頼・お問い合わせは、こちら メールフォーム からどうぞ。

Instagramへの投稿始めました。スマホからでも高画質の画像をお楽しみいただけます。(@kazutaka.naka)  PCの方はWeb版はこちらから。

Instagram

https://www.instagram.com/kazutaka.naka/

スマホでご訪問の方は、ブラウザ設定をPCサイトモードにしていただくと、当ブログのすべてのページがご覧いただけます。

 

| | コメント (0)

2019年11月 7日 (木)

折り図のお絵描き ー2(完成図と作品写真)

11月に入ってようやく安定した秋らしいお天気が続くようになってきました。日も短くなってきて、朝晩はぐっと冷え込むようになってきました。季節の変わり目、食欲の秋とかいって浮かれていると体調を崩したりしますので、どうぞお体ご自愛下さいませ。

10月19日に発売となりました拙著「折り紙のバラとくすだま」は目を通していただけましたでしょうか。慣例にならって工程の少ない比較的やさしい作品から並べておりますが、気になる作品がありましたら、順序は気にせず取り組んでいただけたらと思います。
トーラス構造の薔薇S2は、掲載作品の中で最も複雑で手の込んだ薔薇で、読者の皆様を悩ます作品になろうかと危惧しておりましたが、発売から3日でSNS(Insyagram)上に書籍からの作品としてUpする強者もおられ、少し安心(陥落?もっとめんどくさい作品での武装が必要か?)したりしております。

入門用のやさし作品から、ユニット構成のくす玉や薔薇、一枚折りで複雑で手間がかかって原作者の悪意すら感じる作品(ちなみに作者に悪意は全くありませんのでご承知おきください。)を含め、楽しく?折っていただける作品が満載の書籍になっております。ご購入がまだの方は、ぜひお近くの本屋さんでお買い求めください。通販サイトご利用の方はこちらからどうぞ。楽天Books Amazon

さて今回は、少し前にご紹介した「折り図のお絵描き- 1(風船の基本形を描く)」の続きです。
書籍の出版にあたり、紙面に掲載する折り図が必要になりました。折り紙の本は、だいたいが折り紙作品の折り方・作り方を掲載・解説するものですので折り図は欠かせません。というか誌面の8~9割は図面で、書籍の顔というか主役とも言えます。

折り図のお絵描き OpenOffice Draw

今回の書籍内の折り図をはじめとした図面は、すべて私が描画したものになっています。といっても、折り紙教教室で毎回お配りしている資料(折り図)をベースに加筆したもので、折り紙教室の生徒さんにとっては見慣れた図面かもしれません。
問題は使用するソフトウェアで、出版社はたぶんどこでもそうなんでしょうが、 adobe社 のソフト一式で印刷所への入稿データを作成しており、ベクトル描画図の作成には adobe の Illustrator が必要になります。
ただまぁ、一介の折り紙講師にはそんな高価なソフトウエアは使えず、というか(したり顔で?)使ってもいいけど、使用に見合うほどの売上があるわけもなく、前にも書きましたが私が使用しているお絵描きソフトは、無料で入手使用できる統合オフィスソフト Apache Open Officeに含まれる Draw です。

そういうわけで、当方がOpenOffice Draw で描いた図面を編集のためにトレースしてご使用いただきました。トレースと聞くと蛍光灯の入った台の上で烏口…、(「からすぐち」とか死語でしょうね、せめてロットリングとか?)というイメージですが、当方が作成した画像ファイルをIllustratorで読み込める形式に変換して、色や線幅を統一させるべくプロパティの変更・修正をするという作業です。(地味ですが、根気のいるめんどくさい作業ですね。それでもゼロから新たな図を起こすより効率ははるかに良いかと思います。何よりも原作者からクレームが入らないですからね)

無料で入手使用できる描画ソフトでも、書籍一冊分(1ページ10~12カットx90ページ=約1000カット?)くらいのお絵描きはできちゃうってことです。高価なソフトはきっと使い勝手が良くて、効率的に作業できるのかもしれません。でも使いこなすのには思いのほか時間がかかりますし、結局道具はシンプルが一番なのではないかと自負しております。(まぁ、貧乏人のヒガミってやつですかね。 そうそう、仕事がうまくできないのを環境のせいにしちゃいけないと自戒もしてます。うん、努力だけでどうにかなるわけでもないんだけどね。)

さてそれでは、今回の折り図のお絵かきの話に戻りましょう。
四角い平面の折り紙から順番に折り始めていって、最後に作品が完成したら「完成図」が必要です。
今回は書籍掲載のために気合を入れて描いた作品の完成図と、作品の写真を合わせてご覧いただきましょう。

カーネーションの花束折り図 創作・作図:中 一隆

カーネーションの花束の完成図(ラッピングペーパーはまだ)です。

カーネーションの花束 創作:中 一隆

実は折り図は5セルのカーネーションで、作品写真は六角充填のカーネーションなので、厳密には違いがあるのですが、まぁ、作品の雰囲気は伝わるかと思います。

バラのテーブルフラワー折り図 創作・作図:中 一隆

バラ(C1)のテーブルフラワーです。

花束にしても、テーブルフラワーにしても、花の側面(あるいは正面)の図を1枚書いておけば、向きを変えて貼り付けるだけでアレンジ図が描けちゃうところがお絵かきソフトの素晴らしいところです。

バラのテーブルフラワー 創作:中 一隆

バラの花束折り図 創作・作図:中 一隆

最後はバラ(C3)の花束(ラッピング前)です。

バラの花束 創作:中 一隆

折り紙教室での教材もそうですが、書籍の出版にあたっても折り紙のクリエイターとしては、きちんとした折り図を描くことはとっても重要です。折り手の皆さんを音楽の演奏家に例えるなら、折り図は作者の意図や思いがぎゅっと詰まっった「楽譜」と言えるでしょう。

新しい作品を創りあげる際に、そのゴールは作品の物理的な完成のみではなく、きちんと写真を撮るまでが作品制作であると考えるのが、昨今のSNSなどで作品を発表する時代の常識と思います。せっかくの作品を美しく綺麗に撮らないと評価してもらえませんからね。
折り紙作品に関しては、写真撮影がゴールではなく、よりわかりやすい折り図を完成させるまでが、作品制作の過程と考えるべきかと思います。見やすく美しい折り図もその作品を構成する一部ということですね。(「家に着くまでが遠足です」的な?)

さて、「折り図のお絵描き- 2(完成図と作品写真)」いかがでしたでしょうか。

お気に召していただけたら、ぜひ投票ボタンをポチっとおねがいします。

 

当ブログの作品を集めた拙著「折り紙のバラとくすだま」(日本ヴォーグ社 ISBN:9784529059138)です。
バラのくす玉をはじめ、バラ・カーネーションの花束やバラのテーブルフラワー等の人気作品も掲載。

折り紙の楽しさを感じていただけたら、ぜひお近くの折り紙教室へ。

自分で折れたらもっと楽しい。折り紙教室の詳細はこちらです。

折り紙講師のご用命・個人レッスンも承っております。ご依頼・お問い合わせは、こちら メールフォーム からどうぞ。

Instagramへの投稿始めました。スマホからでも高画質の画像をお楽しみいただけます。(@kazutaka.naka)  PCの方はWeb版はこちらから。

Instagram

https://www.instagram.com/kazutaka.naka/

スマホでご訪問の方は、ブラウザ設定をPCサイトモードにしていただくと、当ブログのすべてのページがご覧いただけます。

 

| | コメント (0)

« 2019年10月 | トップページ | 2019年12月 »