« 2020年3月 | トップページ | 2020年5月 »

2020年4月

2020年4月30日 (木)

アイスクリーム

「ゴールデンウイーク」とか「大型連休」と呼ばれるシーズンではありますが、ご自宅で過ごされている方が多いのではないか思います。(お仕事の方はお疲れ様です。)そんな皆様のご自宅での籠城のお供には、ぜひ拙著「折り紙のバラとくすだま」をどうぞ。

5月24日(日)にルミネ横浜8Fの朝日カルチャーにて予定しておりました公開講座「花の折り紙一日講座」は、中止が決定いたしましたので、お知らせしておきます。(多くの方にお申込みいただいておりましたので、大変残念です。)

さて5月も目前になり、上着のいらない日も多くなってきました。今回は、「アイスクリーム」をご覧いただきましょう。
気温が25度を超えると売り上げが伸びるといわれているのが「アイスクリーム」ですね。

アイスクリーム 創作:中 一隆

この「アイスクリーム」は、コーン部とクリーム部の2枚の折り紙からなる複合作品です。(スタンドを入れると3枚になりますかね)

クリーム部分には色々な色の折り紙を使って作っていただくができますので、お好みの味(フレーバー)をお楽しみいただけます。

濃い目の黄色やオレンジ色の折り紙を裏返して使うと、白い面から少し色が透けて見え、シャーベットやジェラートっぽい仕上がりにすることもできます。

アイスクリーム 創作:中 一隆

右のバニラとストロベリーの2色アイスは、クリーム部に少し大きな折り紙を使ってインサイドアウト手法を用いたものです。

折り紙の表の色と裏の白のミックスとなりますので、2色のフレーバーのうち一方はバニラ(白)ということになっちゃいますが…。

アイスクリーム 創作:中 一隆

折り紙ですので、糖質やカロリーを気にしたり、食べ過ぎてお腹が冷えることもありません。(折り紙ですので、本当に食べたらお腹壊しちゃうと思いますけど…)

複合作品では、複数枚の折り紙の接続や結合を考慮しないといけないため、それなりに設計はめんどうです。それでも、折り紙の色合いの違いなどを有効に活用して、より楽しく遊んでいただける作品に仕上がっていると思います。

アイスクリーム 創作:中 一隆

このアイスクリームは、4月30日(木)によみうりカルチャー横浜にて大型連休の公開講座として講習予定でしたが、例の新型のヤツの影響で、大変残念ですが中止とさせていただきました。お申込みいただいた方には大変申し訳なく思っております。まだまだ今後別の機会はあろうかと思っておりますので、その際にはぜひ改めてご受講いただけたらと思います。何よりも早期に平穏な日々戻ってくることを祈るだけです。

さて、「アイスクリーム」いかがでしたでしょうか。

お気に召していただけたら、ぜひ投票ボタンをポチっとおねがいします。

 

当ブログの作品を集めた拙著「折り紙のバラとくすだま」(日本ヴォーグ社 ISBN:9784529059138)です。
バラのくす玉をはじめ、バラ・カーネーションの花束やバラのテーブルフラワー等の人気作品も掲載。

 

折り紙の楽しさを感じていただけたら、ぜひお近くの折り紙教室へ。

自分で折れたらもっと楽しい。折り紙教室の詳細はこちらです。

折り紙講師のご用命・個人レッスンも承っております。ご依頼・お問い合わせは、こちら メールフォーム からどうぞ。

Instagramへの投稿始めました。スマホからでも高画質の画像をお楽しみいただけます。(@kazutaka.naka)  PCの方はWeb版はこちらから。

Instagram

https://www.instagram.com/kazutaka.naka/

スマホでご訪問の方は、ブラウザ設定をPCサイトモードにしていただくと、当ブログのすべてのページがご覧いただけます。

 

| | コメント (0)

2020年4月23日 (木)

複合ねじり折りの薔薇W2a

家でのんびりできるのは夢のように素晴らしいコトなハズだったわけですが、こうも長期戦になると朝から酒浸りになることにも飽きてしまい、「仕事でもするか!」という日頃より怠惰な自分からは全く発想できない境地に至っております。
まぁ、世の中色々あるとは思いますが、イライラしたり、必要以上に精神すり減らすことは、世界征服を企む例の新型のヤツの思うツボになってしまうかと思いますので、ゆったり大きく広い心で楽しく過ごしていただくことが何より大事かと思っています。
Stay Home ということで、こんな時きっと皆さんもお家でできる「折り紙」が趣味でよかったなぁと感じておられるのではないでしょうか。そんな皆様のご自宅での籠城のお供には、ぜひ拙著「折り紙のバラとくすだま」をどうぞ。

さて今回は、「複合ねじり折りの薔薇W2a」をご覧いただきましょう。

不切正方一枚折りの新作で、「複合ねじり折り」 (Complex Multi-stage Twist Folding) を花芯に使った作品になっています。
「複合ねじり折り」は、以前川崎敏和氏の「薔薇」の花芯に組み込んだアレンジとして紹介させていただいた手法です。

薔薇W2a 創作:中 一隆

一枚折り、ねじり折りの薔薇は色々手掛けていますので、手元にある要素技術を使って手堅くまとめた感じの作品といえるでしょうか。

川崎ローズ「薔薇」と比較して、花芯が「複合ねじり折り」になっていることに加えて、独立性の高い外周花弁が特徴になっています。さらに、紙を22.5度斜めに傾けて折る必要がないのも大きな特徴で、縦横にグリッド状の補助線は必要になりますが紙と直角平行な配置のため、折り紙として素直に折っていただけると思います。(「簡単に作れる」とか「やさしく折れる」とかはあえて言わないようにしておきましょう)

薔薇W2a 創作:中 一隆

「複合ねじり折り」は花芯部の花弁ボリュームをねじり折りを余分に入れて増す手法のため、初段のねじり折りによって段折り状のヒダが余分にできてしまい、どうしても紙(リソース)を有効に活用できないという課題がありました。

今回の薔薇W2aでは、この「段折り状のヒダ」を最外周の花弁を形成する際に有効に活用しています。最外周の花弁を湾曲させながら少しサイズを広げることができ、これにより斜めに折らずに直角平行の配置で十分な外周花弁を作り出すことができるようになっています。

薔薇W2a 創作:中 一隆

花弁増し手法も、いわゆる「2重中割り折り」ではなく、緩やかに2枚の花弁が重なりすれ違う合うような手法を取り入れてみました。

奇をてらうことなくオーソドックスに手堅くまとめた作品で、若干退屈な感じもしますが、これはこれで良いバランスの作品に仕上がったのではないかと思います。

賢明な読者の皆様は既にお気付きかもしれませんが、作品の分類番号W2aに「a」という枝番がついているということは、バリエーションが存在することを意味しています。最外周の花弁形状を変更したW2bも後日ご紹介させて頂きたいと思います。

さて、「複合ねじり折りの薔薇W2a」いかがでしたでしょうか。

お気に召していただけたら、ぜひ投票ボタンをポチっとおねがいします。

 

当ブログの作品を集めた拙著「折り紙のバラとくすだま」(日本ヴォーグ社 ISBN:9784529059138)です。
バラのくす玉をはじめ、バラ・カーネーションの花束やバラのテーブルフラワー等の人気作品も掲載。

 

折り紙の楽しさを感じていただけたら、ぜひお近くの折り紙教室へ。

自分で折れたらもっと楽しい。折り紙教室の詳細はこちらです。

折り紙講師のご用命・個人レッスンも承っております。ご依頼・お問い合わせは、こちら メールフォーム からどうぞ。

Instagramへの投稿始めました。スマホからでも高画質の画像をお楽しみいただけます。(@kazutaka.naka)  PCの方はWeb版はこちらから。

Instagram

https://www.instagram.com/kazutaka.naka/

スマホでご訪問の方は、ブラウザ設定をPCサイトモードにしていただくと、当ブログのすべてのページがご覧いただけます。

 

| | コメント (0)

2020年4月16日 (木)

折り図のお絵描き ー3(立体の投影図)

Stay Home with Origami ! (お家で折り紙)ということで、折り紙好きな読者の皆様は、いそいそとお家で折り紙に励んでおられることと思います。ご自宅での籠城のお供には、ぜひ拙著「折り紙のバラとくすだま」をどうぞ。

個人的には、折り紙教室が長期のお休みでやや運動不足気味ではありますが、「時間があるときに、じっくり取り組もう」と思って放置していためんどくさい作業に、途切れない連続した時間を使って取り組んでおります。

「めんどくさい作業」の最たるものは「折り図」の整備ですかね。創作意欲に任せて作品をでっち上げても、ちゃんと折り図を描いとかないと忘れちゃうし、折り図作成の過程で(冷静に第三者目線で俯瞰できるので)新たな発見があったりします。きちんと折り図まで含めて「作品」を仕上げて、リセットするというか忘れちゃっても良い状態にすることで、次の新規性の高い創作活動が可能になってゆくんじゃないかなぁと思ったりしております。まぁそうなんですが、それでもめんどくさいんです。

そういうわけで今回は、折り図のお絵描き ー3(立体の投影図)です。折り図作成作業の「めんどくささ」をご理解いただくとともに、備忘録として記しておくことで、すこしでも「めんどくさささ」軽減に寄与できるかもという感じでしょうか。
当記事は折り図のお絵描き(折り図のお絵描きー1折り図のお絵描きー2)の続きになります。

昨今は幼少の頃(大昔?)の「折り紙遊び」とはだいぶ異なり、立体的な折り紙作品が増えてきました。私自身も新規に開発する作品は、基本的に立体的な形状を持つものになっています。

これらの折り紙の折り方、手順を示したいわゆる「折り図」も当然立体的な形状に関する指示解説が必要になります。まぁ、そういうわけで、立体的な折り紙作品には、立体的な折り図が必須となるわけです。

3次元形状の立体的な折り紙を平面の2次元の折り図描画で表現する際には、3次元形状を2次元平面に変換(投影)する必要があります。
投影法には色々ありますが、折り紙の折り図としては歪の生じにくい平行投影法(消失点が無限遠)が適しているようです。

とりあえず、この平行投影法がどんなものか、試しに立方体(サイコロ・正6面体)を描いてみましょう。

最初に、一辺のサイズが1の立方体を机の上に置いて、背筋を伸ばして真正面を向いた状態から少し目線を下げた感じ、水平から30度下に向けた視線(俯角30°)で眺めた場合を想定してみましょう。

折り図のお絵描き ー3(立体図と投影)Fig1

立方体を真正面から捉えた場合、立方体の幅(横サイズ)は変わりませんが、上面と側面は斜めに見ることで、その角度に応じて縦サイズが縮まって見えます。

折り図のお絵描き ー3(立体図と投影)Fig2

俯角30度の例では、上面の縦サイズは0.5に、側面の縦サイズ0.866に縮まって見えることになります。

立方体を真正面からみると、右(あるいは左)の側面が見えなくて奥行きが分かりづらいので、机の上の立方体を右(時計回り)に少し(-15°、-30°)回転させて、もう一度眺めてみましょう。

折り図のお絵描き ー3(立体図と投影)Fig3

上面の図は、立方体を真上から見た図で、俯角90度で真下に見おろすのと同じです。

折り図のお絵描き ー3(立体図と投影)Fig4

俯角30度の絵を描いてみると、右側面の様子も描かれてだいぶ奥行き感のある立方体らしい図(平行投影図)が出来上がりました。

 

さぁそれでは、本題の具体的な投影図の描き方をステップを折ってご紹介してゆきましょう。
まず、上面だけの厚みのない折り紙のような正方形を俯角30度で眺めてみると…。

折り図のお絵描き ー3(立体図と投影)Fig5

縦サイズが半分に縮まります。これを描くためには、上面の形(正方形)を描いておき、縦サイズのみを半分に縮めればよく、お絵描きソフトなら簡単に変更できますね。

さぁ、今度は厚み(側面)のある立方体を考えましょう。

折り図のお絵描き ー3(立体図と投影)Fig6

まず、真上からみた上面図と真横からみた側面図を合わせて描いておきます。以降は描かれた上面と2つの側面を、投影図を構成する部品として扱ってゆきます。

折り図のお絵描き ー3(立体図と投影)Fig7

俯角設定に合わせて上面部品と2つの側面部品の縦サイズを変更します。俯角30度では、上面は0.5に側面は0.866に縮めます。

折り図のお絵描き ー3(立体図と投影)Fig8

次に、上面部品の辺の長さに合うよう側面部品の横サイズを修正します。図が完成した際に2つの辺がぴったり重なりますから、サイズをそろえておかないとちぐはぐになっちゃいますよね。

折り図のお絵描き ー3(立体図と投影)Fig9

ここからはお絵描きソフトによる作業をスクリーンショットで説明してゆきましょう。

折り図のお絵描き ー3(立体図と投影)Fig10

左側面の部品を選択し、回転ツールを選択します。回転ツールは図形のコーナーをつかむと回転、辺をつかむと平行に歪ませることができるツールで、回転の際の中心は任意の場所に移動できます。

折り図のお絵描き ー3(立体図と投影)Fig11

左側面部品の左辺をつかみ、上にずらすように斜めにゆがませて平行四辺形にします。

折り図のお絵描き ー3(立体図と投影)Fig12

上面と側面がぴったりつながるまで変形させて、左側面完成です。

折り図のお絵描き ー3(立体図と投影)Fig13

右側面部品も同様に変形させて、立方体の投影図が完成です。

このように、上から見た形状、横から見た形状等がわかれば、それらを使って立体図(投影図)を描くことができます。

ちょっと複雑な図の場合には、ワイヤーフレーム等で構造を簡素化した図を作成し、これをベースに立体図を描くこともできます。

折り図のお絵描き ー3ねじり折りのバラ組み立て図(上面図からワイヤーフレームへ)
ねじり折りのバラ組み立て図(上面図からワイヤーフレームへ)

 形状のポイントになる「ねじり折り」の尾根ラインを上面図として描いておき、机上で少し向きを傾け、俯角に応じて縦サイズを縮小します。
底面と尾根ラインを高さに応じて縦に平行移動させ、紙の外形あたりから描き加えてワイヤーフレームに仕上げます。

折り図のお絵描き ー3ねじり折りのバラ組み立て図(ワイヤーフレーム)
ねじり折りのバラ組み立て図(ワイヤーフレーム)

机に置く角度や、俯角を予め設定して描画を進めてゆきますので、完成してから「もっと上から見た図のほうがよかった」となると、1から書き直さなければならないのが、2次元のみを扱うお絵描きソフトの残念なところです。なので、上面を良く見せたいとか、側面を右から見せたいなど、作図段階で目的を明確にしておく必要があります。見おろす角度(俯角)を浅く設定した、水平に近い視線なら側面が良く見えますし、俯角を大きく設定して上から垂直に近い視線で見おろすと上面の様子が詳細に描画できるわけです。
机に置く角度も重要で、作品にもよりますが45度、22.5度の設定だと、辺と折りすじが重なってわかりにくい図になってしまう場合が多いようです。

折り図のお絵描き ー3ねじり折りのバラ組み立て図
ねじり折りのバラ組み立て図

3次元データを取り扱える3D_CADであれば、一度3次元形状を入力すれば、好きな角度から眺めた投影図を描き出すことが可能です。(ぐるぐる回してみたりとか) ただ高価なソフトウエアですし、使いこなすのは大変そうです。まぁ飛び切り儲かる仕事でもない限り、一介の折り紙講師には縁のないものでしょうね。(CADソフトも大事かもしれませんが、何よりも「飛び切り儲かる仕事」が急務です。あっ!「飛び切り」じゃなくてもお仕事ご依頼くださいね。

ご存じのように、拙著「折り紙のバラとくすだま の図面は立体的な図も含めてすべて、無料で入手使用できる統合オフィスソフト Apache Open Officeに含まれる Draw で描画しています。ですので、書籍一冊分くらいの図は工夫次第で描けちゃうってことで、高価なツールは必ずしも必要ないかなぁとも思います。

複雑でオブジェクト数の多い立体図面になると、かなり時間がかかって(4~5時間/枚…頑張っても1日2枚くらい?)しまいますが、貧乏なクリエイターが豊富に持つ時間(暇ともいう)で対応しております。(昨今はPCのパワー不足もひしひし感じざる負えない状況になってきました。新しいパソコン買おうかな。)

まぁ、こんなふうに多くの時間と手間を費やして、緻密で分かりやすい「折り図」を折り紙教室の生徒さんや、書籍の読者様にご覧いただけるよう日夜努力しております。

さて、「折り図のお絵描き ー3(立体の投影図)」いかがでしたでしょうか。

お気に召していただけたら、ぜひ投票ボタンをポチっとおねがいします。

 

当ブログの作品を集めた拙著「折り紙のバラとくすだま」(日本ヴォーグ社 ISBN:9784529059138)です。
バラのくす玉をはじめ、バラ・カーネーションの花束やバラのテーブルフラワー等の人気作品も掲載。

 

折り紙の楽しさを感じていただけたら、ぜひお近くの折り紙教室へ。

自分で折れたらもっと楽しい。折り紙教室の詳細はこちらです。

折り紙講師のご用命・個人レッスンも承っております。ご依頼・お問い合わせは、こちら メールフォーム からどうぞ。

Instagramへの投稿始めました。スマホからでも高画質の画像をお楽しみいただけます。(@kazutaka.naka)  PCの方はWeb版はこちらから。

Instagram

https://www.instagram.com/kazutaka.naka/

スマホでご訪問の方は、ブラウザ設定をPCサイトモードにしていただくと、当ブログのすべてのページがご覧いただけます。

 

| | コメント (0)

2020年4月 8日 (水)

カーネーションの花束(書籍掲載作品から)

神奈川県も「緊急事態宣言」が出て折り紙教室はしばらくお休みが続きそうです。早期の終息を祈るばかりです。こんな時はぜひじっくりと「お家で折り紙」(Stay Home with Origami ) をご堪能いただければと思います。
明けない夜や、やまない雨がないように、いつか落ち着く日は必ずやってきます。その時のスタートダッシュのために、今は力を蓄えておきましょう。雨上がりなら美しい虹がみられるかも。(No Rain , No Rainbow.)

さて今回は、「折り紙のバラとくすだま 」掲載作品から「カーネーションの花束」をご覧いただきましょう。

当サイトは「薔薇と折り紙の日々」の名称の通りバラの折り紙をメインに扱うブログですが、春らしい季節の花ですし、5月に母の日も控えていますので、今回はカーネーションに注目してみましょう。

カーネーションの花束 創作:中 一隆 「折り紙のバラとくすだま」掲載作品

この「カーネーションの花束」は拙著「折り紙のバラとくすだま」に掲載されている作品で、単体のカーネーションはp.85に、ブーケの作り方はp.89に載っています。

あれっ!まだ書籍をお買い求めじゃない? そんな方はぜひお近くの書店でどうぞ。カーネーションの花束をはじめ、バラの花束  やテーブルフラワーなど当ブログの人気作品が満載でお家での折り紙に最適です。通販サイトご利用の方はこちらからどうぞ。Amazon 楽天Books

カーネーションの花束 創作:中 一隆 「折り紙のバラとくすだま」掲載作品

カーネーションの花はいわゆる不切正方一枚折りで、しかも普通の15cmの(裏の白い)折り紙で折れるという、完成度の高い作品になっています。

カーネーションの花束 創作:中 一隆 「折り紙のバラとくすだま」掲載作品

花は、5つの小部屋というか「セル」に分かれた構造で、セル(小部屋)の壁にギャザーをよせてカーネーションらしい花弁ボリュームを出す仕組みです。実際には、この花弁にギャザーをよせる作業が、結構大変なんですが…

カーネーションの花束 創作:中 一隆 「折り紙のバラとくすだま」掲載作品

花束は、カーネーションの花4輪にユリの小花や葉っぱを添えたアレンジになっていて、華やかでプレゼントなどにも適した一品に仕上がっています。

カーネーションの花束 創作:中 一隆 「折り紙のバラとくすだま」掲載作品

このカーネーションの花束は、そごう横浜9Fのよみうりカルチャー指先の魔法☆折り紙(木曜)」クラスにて講習させていただく予定になってましたが、まだしばらくお休みが続きそうですね。

先が見えず予定が中々立ちませんが、4月からの折り紙教室の詳細はこちら です。PCならびにPCモード設定の方は、最新の情報をいつでもこちら からご覧いただけます。当方としては、いつでも教室が再開できるようエネルギーをぐ~っと蓄積してスタンバっております。(無意味に飲んだくれてるわけじゃないんですョ。)

さて、「カーネーションの花束(書籍掲載作品から)」いかがでしたでしょうか。

お気に召していただけたら、ぜひ投票ボタンをポチっとおねがいします。

 

当ブログの作品を集めた拙著「折り紙のバラとくすだま」(日本ヴォーグ社 ISBN:9784529059138)です。
バラのくす玉をはじめ、バラ・カーネーションの花束やバラのテーブルフラワー等の人気作品も掲載。

 

折り紙の楽しさを感じていただけたら、ぜひお近くの折り紙教室へ。

自分で折れたらもっと楽しい。折り紙教室の詳細はこちらです。

折り紙講師のご用命・個人レッスンも承っております。ご依頼・お問い合わせは、こちら メールフォーム からどうぞ。

Instagramへの投稿始めました。スマホからでも高画質の画像をお楽しみいただけます。(@kazutaka.naka)  PCの方はWeb版はこちらから。

Instagram

https://www.instagram.com/kazutaka.naka/

スマホでご訪問の方は、ブラウザ設定をPCサイトモードにしていただくと、当ブログのすべてのページがご覧いただけます。

 

| | コメント (0)

2020年4月 1日 (水)

お家で折り紙!「五角のキャンディー」折り図

新型の例のヤツの感染拡大を受け、始まりかけていたカルチャースクールの折り紙教室もお休みになっています。ブログの読者さんや教室の生徒の皆様から色々ご心配いただいてますが、「新型感染にご注意」というより、「時間を持て余して飲みすぎないように!」というお言葉が多いのはなぜでしょうか? まぁ、日頃の行いから導き出されることなんでしょうね。

当然こんな時には、「家に閉じこもって折り紙」もぜんぜんアリかと思います。その際には、拙著「折り紙のバラとくすだま」をぜひお手元にどうぞ! くす玉をはじめ、バラの花束  やテーブルフラワーなど当ブログの人気作品が満載です。通販サイトご利用の方はこちらからどうぞ。Amazon 楽天Books

4月に入って「春なのに」というお声もありますが、今回は「春ですから」 こんな時こそ「お家で折り紙!」(Stay Home with Origami !)ということで、「五角のキャンディー」の折り図を特別に公開させていただくことにしました。色々あるけど「世の中悪いことばかりじゃない」とでも思ってもらえたら幸いです。

なお、この折り図が、このブログや小生を離れて勝手に一人歩きすることは望んでいませんので、無断で転載したり二次利用することはご遠慮ください

五角のキャンディー 創作:中 一隆
五角のキャンディー 創作:中 一隆

 

五角のキャンディーFig1-2 創作・作図:中 一隆

五角のキャンディーFig3-4 創作・作図:中 一隆

五角のキャンディー Fig5-6 創作・作図:中 一隆

五角のキャンディーFig7-8 創作・作図:中 一隆

五角のキャンディーFig9-10 創作・作図:中 一隆

五角のキャンディーFig11-12 創作・作図:中 一隆

五角のキャンディーFig13-14 創作・作図:中 一隆

五角のキャンディーFig15-16 創作・作図:中 一隆

五角のキャンディーFig17 創作・作図:中 一隆

五角のキャンディー 創作:中 一隆
五角のキャンディー 創作:中 一隆

折り紙の先生の言うところの、「じっかり折りすじをつけなさい!」という言葉が身に染みる作品になってるんじゃないかと思います。
Step9-10あたり、しっかり強く、正確に折りすじが付いてさえいれば、とっても簡単に組み立てらるハズです。
もし苦労されてる方がおられたら、その辺を順守していただいて、大胆に一気に(自分を信じて?)ねじるようにたたむと美しく仕上げることができると思います。(良い子のみんな、ちゃんと折り紙の先生の言うこと聞きましょうね!)

大きめの紙で作ると、ギフトパッケージにもなります。中にお菓子を詰めてキャンディー型のキャンディーボックスなど色々ご活用ください。

さて、「お家で折り紙!「五角のキャンディー」折り図」いかがでしたでしょうか。どうぞ、お家でじっくりお楽しみください。

お気に召していただけたら、ぜひ投票ボタンをポチっとおねがいします。

 

 

当ブログの作品を集めた拙著「折り紙のバラとくすだま」(日本ヴォーグ社 ISBN:9784529059138)です。
バラのくす玉をはじめ、バラ・カーネーションの花束やバラのテーブルフラワー等の人気作品も掲載。

 

折り紙の楽しさを感じていただけたら、ぜひお近くの折り紙教室へ。

自分で折れたらもっと楽しい。折り紙教室の詳細はこちらです。

折り紙講師のご用命・個人レッスンも承っております。ご依頼・お問い合わせは、こちら メールフォーム からどうぞ。

Instagramへの投稿始めました。スマホからでも高画質の画像をお楽しみいただけます。(@kazutaka.naka)  PCの方はWeb版はこちらから。

Instagram

https://www.instagram.com/kazutaka.naka/

スマホでご訪問の方は、ブラウザ設定をPCサイトモードにしていただくと、当ブログのすべてのページがご覧いただけます。

 

| | コメント (0)

« 2020年3月 | トップページ | 2020年5月 »