« 2020年4月 | トップページ | 2020年6月 »

2020年5月

2020年5月29日 (金)

薔薇 N4 試作

「緊急事態宣言」がとりあえず解除されました。引き続き十分な注意が必要ですので、結局あんまり変わらない生活ですが、気分的には出口が見えてきた安堵感はあろうかと思います。引き続き、ご自宅での籠城のお供には、ぜひ拙著「折り紙のバラとくすだま」をどうぞ。

横浜の折り紙教室も6月から順次再開です。日曜クラスは6/7(日)、火曜クラスは6/9(火)、木曜クラスは6/11(木)より始まります。長らくお待たせしました。 また、中止になりました5月24日(日)の花の折り紙一日講座は、7月12日(日)に振替させていただくことになりました。 最新の情報は折り紙教室のご案内ページにてお知らせしております。PCならびにPCモード設定の方は、最新の情報をいつでもこちら からご覧いただけます。  

さて今回は、まだ試作段階ですが一枚折りの新作「薔薇 N4」をご覧いただきましょう。

新型の例のヤツの影響で、中断されない連続した時間がふんだんにとれるというか、やや持て余し気味だったりします。そこでヒマにまかせて思う存分手間のかかる(折りごたえ満点の?)作品をデザインしてみました。

不切正方一枚折りの限界にチャレンジ?した作品といっても、過言ではないかと思います。(あいかわらずオーバーだなぁ... ハイ。過言です。)

薔薇 N4 創作:中 一隆

花芯はシンプルなねじり折りですが、「花弁枚数とその独立性を追求する」というのが今回のデザインコンセプトです。(+思う存分手間がかかる)

「ねじり折りとその立体化」による花芯構造は、折り紙のバラの代表作とも呼ばれる「川崎ローズ」に用いられている手法で、折り紙でバラを新たに創作しようとする際には、第一候補になる構造といってよいかと思います。実際に多くのバラ作品に「ねじり折り」が採用されています。

まぁ、それゆえに「ねじり折り」を使ったバラ作品では「川崎ローズっぽさ」をいかに払拭して独自性を発揮し差別化してゆくかが開発の鍵ともいえます。オリジナル作品と胸を張って発表するためには、素人さんにもパッとわかる差異や優位性が絶対的に必要で、苦労して作品を作り上げても「川崎ローズとどこが違うんですか?」てなツッコミを頂戴しちゃうことになります。

花芯に「ねじり折り」を使うと、どうしても外周花弁は一続きの尾根が(正方形なら4つ)ぐるぐる巻き付く構造になります。単調になってしまうことを防ぐため、多くの作品ではこの長い尾根が複数枚の花弁に見えるよう、いわゆる「花弁増し」技法(2重中割り折りなど)が併用されています。

薔薇 N4 創作:中 一隆

「花弁増し」処理のためには余分に紙のリソースを割り振る必要がありますが、割り付けるリソースをケチるとどうしても平面的で単純な構造になってしまい、あたかも複数枚の独立した花弁であるかのような彫りの深い表現は難しくなります。

そこで今回のN4では、この「花弁増し」に気合を入れたというか、リソースをケチらずに「これでもか!」と割り振ることで、独立性の高い中~外周花弁を実現しています。

本来「不切正方一枚折り」の作品ですから、基本どの花弁も一枚の同じ紙からできていて、一つにつながっていています。そういう意味では「独立した複数枚の花弁」とは本質的に矛盾してるわけで、「花弁増し」技法とかテクニックとか言うとかっこいいですが、結局のところ見る人を騙し欺く技であるともいえます。ふんだんにリソースを割り振ることにより、手の込んだ用意周到な(詐欺的?)手法が可能になったともいえるでしょう。

そういうわけで、リソースの利用効率はあまり高くなく、25cmのタント紙で折ると直径5~6cmくらいになちゃいます。まぁ、それでも所期のデザインコンセプト通り、独立性の高い花弁と十分なボリュームの写実性の高い(+作るのがとってもめんどくさい)薔薇に仕上がったのではないかと思います。

薔薇 N4 創作:中 一隆

独立性の高い花弁構造が実現できたため、花弁の形状というかカールのさせ方に自由度が高く、ご自身が思われる理想的な表情・形状に整えていただくことができるのも、特徴の一つと思います。

今回の試作ではデザインコンセプトの「独立した多くの花弁」を強調すべく、くるんくるんに花弁を巻きましたので、結果として華やかなイメージになっていますが、もっとおとなしく質素で可憐なイメージに仕上げることも可能と思います。

折るのに手間がかかるのは、コンセプト通りなんですが、折り図も複雑で描くのが大変という事態に陥っており、PCと格闘する日々が続いております。(自業自得? まぁ、ヒマだからいいか... もう折り図の手順が100ステップ超えてます。)

さて、「新作の一枚折りの試作 薔薇 N4」いかがでしたでしょうか。

お気に召していただけたら、ぜひ投票ボタンをポチっとおねがいします。

 

当ブログの作品を集めた拙著「折り紙のバラとくすだま」(日本ヴォーグ社 ISBN:9784529059138)です。
バラのくす玉をはじめ、バラ・カーネーションの花束やバラのテーブルフラワー等の人気作品も掲載。

 

折り紙の楽しさを感じていただけたら、ぜひお近くの折り紙教室へ。

自分で折れたらもっと楽しい。折り紙教室の詳細はこちらです。

折り紙講師のご用命・個人レッスンも承っております。ご依頼・お問い合わせは、こちら メールフォーム からどうぞ。

Instagramへの投稿始めました。スマホからでも高画質の画像をお楽しみいただけます。(@kazutaka.naka)  PCの方はWeb版はこちらから。

Instagram

https://www.instagram.com/kazutaka.naka/

スマホでご訪問の方は、ブラウザ設定をPCサイトモードにしていただくと、当ブログのすべてのページがご覧いただけます。

 

| | コメント (0)

2020年5月27日 (水)

折り紙教室(2020年春)再開のお知らせ

さて、緊急事態宣言の発令により中止になっていた春の折り紙教室が、6月より再開されますのでお知らせいたします。

4-6月期は6月のみとなりますが、春の折り紙教室の情報をまとめておきます。

常設講座

横浜そごう9F よみうりカルチャー横浜教室(木曜日)(常設講座)

横浜そごう9Fのよみうりカルチャー横浜教室(読売・日本テレビ文化センター横浜)の折り紙教室です。
場所は、横浜駅東口そごう9Fの市民フロアになります。
日時は、毎月第2・4木曜日13:00~15:00です。

よみカル木曜クラス2020年6月サンプル

6月のスケジュール・カリキュラムは以下の予定です。

   6月11日(木)   マジック・ローズ・キューブ
   6月25日(木)   星のバラ玉

詳細のお問い合わせ・受講申し込みは、よみうりカルチャー横浜(045-465-2010) までお願いいたします。
Webサイトからのオンラインでのお申し込みはこちらからどうぞ。

 

横浜ルミネ8F 朝日カルチャー横浜教室(常設講座)

場所は朝日カルチャーセンター横浜教室 で、横浜駅の駅ビル「ルミネ横浜」の8階になります。
日時は、毎月第1・3日曜日10:30~12:30です。

朝日カルチャー2020年6月サンプル

6月のスケジュール・カリキュラムは以下の予定です。

   6月 7日(日)   薔薇(U5-5)のコサージュ
   6月21日(日)   ローズボックス五角版

〇1月期分補講
   6月14日(日) 
     10:30~12:30 : マジックローズキューブ36枚組ー2/2
     13:30~15:30 : 風の種(川崎敏和氏)

お申し込み・お問い合わせは,朝日カルチャー横浜 045-453-1122 http://www.asahiculture.jp/yokohama/  までお願いいたします。
Webサイトからのオンラインでのお申し込みはこちらからどうぞ。

横浜そごう9F よみうりカルチャー横浜教室(火曜日)(常設講座)

横浜そごう9Fのよみうりカルチャー横浜教室(読売・日本テレビ文化センター横浜)の折り紙教室です。
場所は、横浜駅東口そごう9Fの市民フロアになります。
日時は、毎月第2・4火曜日13:00~15:00です。

よみカル火曜2020年6月サンプル

6月のスケジュール・カリキュラムは以下の予定です。

   6月 9日(火)   バラK2の花束-1
   6月23日(火)   バラK2の花束-2

詳細のお問い合わせ・受講申し込みは、よみうりカルチャー横浜(045-465-2010) までお願いいたします。
Webサイトからのオンラインでのお申し込みはこちらからどうぞ。

 

公開講座

花の折り紙一日講座(公開講座) 5/24(日)に開設できなかった内容を7/12(日)に振り替えます。

午前中は川崎亜子氏の佐藤ローズ「四角のつぼみとアレンジ 」の講習、午後は私が「薔薇 C4」を講習し、折り紙三昧の休日を過ごしていただく企画になっています。

日時 : 月12日(日) 10:00~15:00(お昼の休憩を含みます)
内容 : 
〇10:00~12:00 
佐藤ローズ 四角のつぼみ美しいバラの折り紙)とアレンジ 」 講師:川崎亜子氏
〇13:00~15:00  「薔薇 C4   講師:中 一隆
場所 : 朝日カルチャーセンター横浜教室(ルミネ横浜8F)

佐藤ローズ「四角のつぼみとアレンジ」 写真提供:川崎亜子氏
佐藤ローズ「四角のつぼみとアレンジ」 写真提供:川崎亜子氏

薔薇C4 創作:中 一隆
薔薇C4 創作:中 一隆

公開講座として、この日1日のみの受講が可能です。午前のみ午後のみの受講も可能です。)

2講座受講される方で、朝日カルチャーの非会員の方限定になりますが、窓口またはお電話で、「講師紹介」と伝えていただきますと、会員料金でご受講いただけます。(非会員料金が上がちゃったため、結果的に2,000円くらいお得にご受講いただけます。「講師紹介」をぜひご活用ください)
お申し込み・お問い合わせは,朝日カルチャー横浜 045-453-1122 http://www.asahiculture.jp/yokohama/  までお願いいた します。
Webサイトからのオンラインでのお申し込みはこちらからどうぞ。

午後の講習作品「薔薇C4」は、拙著「折り紙のバラとくすだま」掲載の「バラC3」の後続作品です。事前に「バラC3」の作り方p.20-23に目を通しておいていただくと、楽しく受講していただけます。

※昼食のお昼休憩(1時間)をはさんだ講習になります。ルミネ横浜にはレストラン街もありますが、日曜はかなり込み合います。ロビーであれば飲食が可能ですので、昼食(おにぎり・サンドイッチ・お弁当?)を持参して受講されることをお勧めします。

 

新型の例のヤツの影響で、しばらくお休みしていた折り紙教室が無事に再開されます。皆様お待たせいたしました。
久しぶりに教室で皆様にお会いできることを楽しみにしております。

お気に召していただけたら、ぜひ投票ボタンをポチっとおねがいします。

 

当ブログの作品を集めた拙著「折り紙のバラとくすだま」(日本ヴォーグ社 ISBN:9784529059138)です。
バラのくす玉をはじめ、バラ・カーネーションの花束やバラのテーブルフラワー等の人気作品も掲載。

折り紙の楽しさを感じていただけたら、ぜひお近くの折り紙教室へ。
自分で折れたらもっと楽しい。折り紙教室の詳細はこちらです。
折り紙講師のご用命・個人レッスンも承っております。ご依頼・お問い合わせは、こちら メールフォーム からどうぞ。
Instagramへの投稿始めました。スマホからでも高画質の画像をお楽しみいただけます。(@kazutaka.naka)  PCの方はWeb版はこちらから。

Instagram

https://www.instagram.com/kazutaka.naka/

スマホでご訪問の方は、ブラウザ設定をPCサイトモードにしていただくと、当ブログのすべてのページがご覧いただけます。

| | コメント (0)

2020年5月21日 (木)

「ぼうし」書籍掲載作品から

神奈川県はいまだ「緊急事態宣言 」の最中にあり、「お家で折り紙(Stay Home with Origami)」生活が続いております。折り紙教室のほうは、「緊急事態宣言 」が解除され次第、順次再開予定とアナウンスされております。とりあえず、早期の終息・宣言解除を祈るだけです。皆様のところはいかがでしょうか。まぁ、緊急事態が解除されても、なんだか重く息苦しい感じ(マスクのせいだけじゃなく)はあんまり変わらないんじゃないかと思いますが…。 引き続き、ご自宅での籠城のお供には、ぜひ拙著「折り紙のバラとくすだま」をどうぞ。

5月もなかばをすぎて、日差しを強く感じることが多くなってきました。お日様もいよいよ本気を出してきたという感じでしょうか。
そんな中、熱中症予防や、紫外線対策に有効なのが「ぼうし」です。

そんなわけで、今回は拙著「折り紙のバラとくすだま に掲載された作品から「ぼうし」をご紹介しましょう。

ぼうし 創作:中 一隆

帽子のスタイルとしては、オーソドックス(古典的?)なカンカン帽ですが、夏らしく可愛らしい作品になっています。

折り紙教室では、花飾りをつけた作品などを講習しておりまして、書籍にもヒマワリの花飾りを載せた作品を掲載させていただいてます。

ぼうしとひまわり 創作:中 一隆

書籍掲載のヒマワリは花弁をハサミで切り出すやさしい作品で、切り出す花弁の形状や花芯のサイズを変えると、ヒマワリ以外のマーガレットやコスモスなど色々作ることができます。以前小学生向けの折り紙教室ではコスモスとして講習させていただいきました。

帽子本体も基本的にやさしい作品なのですが、仕上げの工程No.18が上手くできていない作例を目にしますので、ちょっと解説しておきましょう。

「折り紙のバラとくすだま」p.101 Fig.18

Step18は仕上げの工程で、帽子の角に丸みを帯びさせる手順になります。

山折りの折りすじはちょっと付けづらいかもしれませんが、上からつまんで角をつぶすように大胆に折りすじをつけ、つぶれて凹んでしまった角は後から内側から押し出して形を整えなおします。

「折り紙のバラとくすだま」p.101 Fig.19

帽子としてのフォルムはこのステップがなくても概ね完成していますので、省略してもかまいませんが、この工程により角に丸みが出てより可愛らしく仕上がります。

ぼうしとバラ(K1) 創作:中 一隆

シンプルですが、季節を感じさせる作品に仕上がっています。お好みの色や柄を使ったり、飾りをつけて色々お楽しみいただけたら嬉しいです。

さて、書籍掲載作品から「ぼうし」いかがでしたでしょうか。

お気に召していただけたら、ぜひ投票ボタンをポチっとおねがいします。

 

当ブログの作品を集めた拙著「折り紙のバラとくすだま」(日本ヴォーグ社 ISBN:9784529059138)です。
バラのくす玉をはじめ、バラ・カーネーションの花束やバラのテーブルフラワー等の人気作品も掲載。

 

折り紙の楽しさを感じていただけたら、ぜひお近くの折り紙教室へ。

自分で折れたらもっと楽しい。折り紙教室の詳細はこちらです。

折り紙講師のご用命・個人レッスンも承っております。ご依頼・お問い合わせは、こちら メールフォーム からどうぞ。

Instagramへの投稿始めました。スマホからでも高画質の画像をお楽しみいただけます。(@kazutaka.naka)  PCの方はWeb版はこちらから。

Instagram

https://www.instagram.com/kazutaka.naka/

スマホでご訪問の方は、ブラウザ設定をPCサイトモードにしていただくと、当ブログのすべてのページがご覧いただけます。

 

| | コメント (0)

2020年5月14日 (木)

外周花弁のバリエーション  薔薇W2b

新型の例のヤツの影響で、折り紙教室はお休みが続いております。緊急事態宣言がうまいこと5月末で終了したら、6月から再開できるのかなぁと思ってますが、教室が再開できても受講する方が戻ってこられるのかとか、心配の種が尽かない今日この頃です。

さて今回は、前回ご覧いただいた複合ねじり折りのスタンダードな薔薇W2aの外周花弁に少し手を加えた、バリエーションW2bを見ていただきましょう。

この薔薇W2bは、前回のW2aがコロコロとこじんまりした感じにまとまっているのに対して、外周花弁を大きく広げた華やかな薔薇になっています。

薔薇W2b 創作:中 一隆

最外周以外の構成は、W2aと全く同様で、最後に畳まれた花弁を大きく広げるか否かの差になっています。

薔薇W2b 創作:中 一隆

花芯に用いた複合ねじり折りによるボリューム感のある内周花弁と相まって、豪華に咲き誇る大輪の薔薇のイメージでしょうか。

薔薇W2b 創作:中 一隆

W2a,W2b折り方はほとんど共通ですので、お好みに合わせて、バリエーションをお楽しみいただくことができます。

さて、「外周花弁形状のバリエーション 薔薇W2b」いかがでしたでしょうか。

お気に召していただけたら、ぜひ投票ボタンをポチっとおねがいします。

 

当ブログの作品を集めた拙著「折り紙のバラとくすだま」(日本ヴォーグ社 ISBN:9784529059138)です。
バラのくす玉をはじめ、バラ・カーネーションの花束やバラのテーブルフラワー等の人気作品も掲載。

 

折り紙の楽しさを感じていただけたら、ぜひお近くの折り紙教室へ。

自分で折れたらもっと楽しい。折り紙教室の詳細はこちらです。

折り紙講師のご用命・個人レッスンも承っております。ご依頼・お問い合わせは、こちら メールフォーム からどうぞ。

Instagramへの投稿始めました。スマホからでも高画質の画像をお楽しみいただけます。(@kazutaka.naka)  PCの方はWeb版はこちらから。

Instagram

https://www.instagram.com/kazutaka.naka/

スマホでご訪問の方は、ブラウザ設定をPCサイトモードにしていただくと、当ブログのすべてのページがご覧いただけます。

 

| | コメント (0)

2020年5月 7日 (木)

カーネーション(書籍掲載作品から)

新緑の鮮やかな季節となりました。にもかかわらず、新型の例のヤツの影響で緊急事態宣言が延長され、折り紙教室もお休みが続きます。
皆様も引き続き、お家で折り紙(Stay Home with Origami)をお楽しみください。自宅での籠城のお供には、ぜひ拙著「折り紙のバラとくすだま」をどうぞ。

集中すること(三密?)を防ぐため、「母の日」は五月いっぱい「母の月」にという動き(May is Mother's Month)があるようです。(6月は父の月になるのかなぁ…、あっ、母の日にくらべると父の日はそれほどでもないから大丈夫か…)折り紙のカーネーションでしたら、お花屋さんや流通業者さんを煩わせずに、お家の中の作業で完結させることができるるので、このご時勢にピッタリです。

そんなわけで今回は、書籍掲載作品から「カーネーション」をご紹介しましょう。

カーネーション 創作:中 一隆

いわゆる「不切正方一枚折り」で、さらに裏の白い面も出ないという、完成度の高い作品です。安価で入手しやすい15cmの普通の(裏の白い)折り紙で直径5cm程度のカーネーションを作ることができるのも大きな特徴です。やっぱり「折り紙」作品ですから「折り紙」で折れないとね。

カーネーション 創作:中 一隆

花弁は5つの小部屋のようなセルで構成されており(5セル構造)この小部屋の仕切り部分に細かくギャザーを入れる作業が、チマチマとかなり面倒かもしれませんが、丁寧に作業することで、ふんわりボリューム感のあるカーネーションに仕上げていただくことができます。まぁ、精神修養(修行?)みたいなもんだと思って、じっくり取り組んでください。

カーネーション 創作:中 一隆

このカーネーションの作り方は拙著折り紙のバラとくすだま p.85に掲載しております。またカーネーションを使った花束の作り方はp.89に載せてあります。一輪でも可愛らしいですが、花束に仕上げると立派なプレゼントになります。

母の日(母の月)の贈り物に、そして今お忙しい医療関係や社会インフラ維持のお仕事の方々に感謝の気持ちを込めて、ぜひ作ってみてください。

さて、「カーネーション(書籍掲載作品から)」いかがでしたでしょうか。

お気に召していただけたら、ぜひ投票ボタンをポチっとおねがいします。

 

当ブログの作品を集めた拙著「折り紙のバラとくすだま」(日本ヴォーグ社 ISBN:9784529059138)です。
バラのくす玉をはじめ、バラ・カーネーションの花束やバラのテーブルフラワー等の人気作品も掲載。

 

折り紙の楽しさを感じていただけたら、ぜひお近くの折り紙教室へ。

自分で折れたらもっと楽しい。折り紙教室の詳細はこちらです。

折り紙講師のご用命・個人レッスンも承っております。ご依頼・お問い合わせは、こちら メールフォーム からどうぞ。

Instagramへの投稿始めました。スマホからでも高画質の画像をお楽しみいただけます。(@kazutaka.naka)  PCの方はWeb版はこちらから。

Instagram

https://www.instagram.com/kazutaka.naka/

スマホでご訪問の方は、ブラウザ設定をPCサイトモードにしていただくと、当ブログのすべてのページがご覧いただけます。

 

| | コメント (0)

« 2020年4月 | トップページ | 2020年6月 »