« 日々草(講習作品から) | トップページ | 帽子とひまわり 講習作品から(書籍掲載作品) »

2020年8月14日 (金)

バラC1のテーブルフラワー 講習作品から(書籍掲載作品)

猛暑の日々が続いております。マスクでさらに熱がこもり、もうバテバテ状態です。新しい生活習慣としてのマスク着用には少し慣れた感じがしますが、レジ袋有料化はうっかりすると忘れちゃいますね。たいがい、マスクをきちんと忘れないで出かけると買い物袋忘れる、買い物袋をしっかり持つと「あっマスク忘れた!」てな感じです。両社が同時に実現されにくい排他的な関係と思っているのは私だけで結局「歳のせい」なんでしょうね。とりあえず熱中症にはご注意ください。

そんな猛暑の日は、クーラーのきいた涼しく場所で折り紙でもいかがでしょうか。ぜひ拙著「折り紙のバラとくすだま」をお手元にどうぞ。
「どんな作品が掲載されてるの?」と思った方は、日本ヴォーグ社のHPにて目次と作例写真のページが「立ち読み」という形でご覧いただけますので、参照してみてください。日本ヴォーグ社「折り紙のバラとくすだま」 立ち読みページ

さて今回は、最近の折り紙教室の講習作品から「バラC1のテーブルフラワー」(書籍掲載作品)です。

花芯を巻き絡めるバラC1を使ったテーブルフラワーです。

バラC1のテーブルフラワー 創作:中一隆

バラC1を5輪、サイコロの「五の目」状に配置し周囲にユリの小花と葉っぱをあしらったアレンジで、BlogやSNSでも人気の作品です。

蛇足ですが、サイコロの「五の目」状の配置はQuincunx(クインカンクス)と呼ばれる配置で、最近は使われなくなりましたが画像信号の帯域圧縮などに使われるオフセットサンプリングやサブナイキストサンプリングの画素配置と同じです。(テレビのインターレースも……、 死語が羅列されただけの蛇足でしたね)

バラC1のテーブルフラワー 創作:中一隆

バラC1はシンプルで折る工程が短いため、やさしい作品と思われがちですが、(書籍でも掲載順は早いほうですね)シンプルゆえに美しく仕上げていただくのは至難の技といいますか難しい作品なのです。お習字を例に例えると画数の多い「薔薇」や「檸檬」よりひらがなの「の」とか「ね」とかのほうが美しく書くのが難しいのと同じかもしれません。

バラC1のテーブルフラワー 創作:中一隆

Face to Face の折り紙教室の講習ではその辺の、美しく仕上げるためのコツ・ノウハウを具体的かつ丁寧に伝授させていただいております。
書籍ベースで制作される方にとっては、ご自身で色々工夫を積み重ねていただくことを楽しむ感じの作品ということになりますかね。

この「バラC1のテーブルフラワー」は8/2(日)、8/30(日)のルミネ横浜8Fの朝日カルチャー横浜花の折り紙」講座、ならびに8/11(火)、8/25(火)のそごう横浜9Fのよみうりカルチャー横浜指先の魔法☆折り紙(火曜)」クラスにて絶賛講習中になっております。

夏の折り紙教室の情報はこちらをご参照ください。PCならびにPCモード設定の方は、最新の情報をいつでもこちら からご覧いただけます。  

さて、「バラC1のテーブルフラワー 講習作品から」いかがでしたでしょうか。

お気に召していただけたら、ぜひ投票ボタンをポチっとおねがいします。

 

当ブログの作品を集めた拙著「折り紙のバラとくすだま」(日本ヴォーグ社 ISBN:9784529059138)です。
バラのくす玉をはじめ、バラ・カーネーションの花束やバラのテーブルフラワー等の人気作品も掲載。

 

折り紙の楽しさを感じていただけたら、ぜひお近くの折り紙教室へ。

自分で折れたらもっと楽しい。折り紙教室の詳細はこちらです。

折り紙講師のご用命・個人レッスンも承っております。ご依頼・お問い合わせは、こちら メールフォーム からどうぞ。

Instagramへの投稿始めました。スマホからでも高画質の画像をお楽しみいただけます。(@kazutaka.naka)  PCの方はWeb版はこちらから。

Instagram

https://www.instagram.com/kazutaka.naka/

スマホでご訪問の方は、ブラウザ設定をPCサイトモードにしていただくと、当ブログのすべてのページがご覧いただけます。

 

|

« 日々草(講習作品から) | トップページ | 帽子とひまわり 講習作品から(書籍掲載作品) »

折り紙」カテゴリの記事

バラ」カテゴリの記事

折り紙教室」カテゴリの記事

オリジナル作品」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 日々草(講習作品から) | トップページ | 帽子とひまわり 講習作品から(書籍掲載作品) »