« 2020年8月 | トップページ | 2020年10月 »

2020年9月

2020年9月26日 (土)

七角箱 (講習予定の作品から)

なんだか一気に涼しくなってきました。もう半袖はしまっちゃってもいいかなぁと思うくらいの日々が続いております。日も短くなってきて、作業に没頭していると、ふと気が付くと周囲が真っ暗ということもあります。季節の変わり目、体調管理にお気を付けください。

そんな秋の夜長の折り紙には、ぜひ拙著「折り紙のバラとくすだま」をお手元にどうぞ。
「どんな作品が掲載されてるの?」と思った方は、日本ヴォーグ社のHPにて目次と作例写真のページが「立ち読み」という形でご覧いただけますので、参照してみてください。日本ヴォーグ社「折り紙のバラとくすだま」 立ち読みページ

さて今回は、講習予定の作品から「七角箱」をご覧いただきましょう。

正方形の折り紙から作る形状として、六角形(中心角60度)や八角形(中心角45度)は作りやすいというか親和性が高い形状です。(もちろん正方形もですが…)

そういった意味では六角でも八角でもない七角形は中途半端というか、ちょっと馴染みにくい形状なのかとも思います。(7が素数だからかな?)

七角箱 創作:中 一隆

正七角形の中心角は 360°/7=51.42857……°  と端数が出てしまいなんだかこれだけでもややこしい感じです。この辺が折り紙との親和性が低い理由なのかもしれませんね。でもまぁこれは円一回りを360度と定義して、たまたま360が7で割り切れないだけの問題で、7角形が悪いわけじゃありません。円一回りを2πと定義する弧度法なら2/7・πとすっきり?表現できます。(すっきりか?)

実際に紙を筒状に丸めて七角形の筒(七角柱?)を作ることは意外と簡単で、紙を8等分してやり1/8を重ねしろとして、重ねてやれば出来上がります。(8等分は折り紙なら簡単ですね。)

平らにきちっと蓋や底を閉じるための設計は意外と大変というか、きちんと計算してやらないといけませんが……、

正七角形の角度

ねじりながら畳む構造では、この64.29°を出してやればよく、これは2:1の長方形の対角線の角度(63.43°)にかなり近い角度になります。折り紙なので、えいやっ!とこのまま近似してもさほど大きな問題はなさそうですが、この作品では(例によって?)微妙な誤差を修正して少しでも精度よく仕上げる工夫をしてあります。

七角箱 創作:中 一隆

「ラッキーセブン」や「七福神」など、なぜ7なのか、7の本来の意味はちょっと分かりませんが「七角形の箱」なんだか良いことありそうに思えてきませんか?

七角箱 創作:中 一隆

この「七角箱」は、12月初旬にルミネ横浜8Fの朝日カルチャー花の折り紙」講座、ならびにそごう横浜9Fのよみうりカルチャー指先の魔法☆折り紙(火曜・上級)」クラスにて講習させていただく予定になっています。

このほかの10月より始まる 「秋の折り紙教室」の情報はこちらをご参照ください。PCならびにPCモード設定の方は、最新の情報をいつでもこちら からご覧いただけます。

さて、講習予定の作品から「七角箱」いかがでしたでしょうか。
お気に召していただけたら、ぜひ投票ボタンをポチっとおねがいします。

 

【新設】京急COTONOWA 花の折り紙 13:30~15:30
京急COTONOWA作品サンプル2020秋
10月10日(土)13:30-15:30 マジックローズキューブ
10月24日(土)13:30-15:30 プリムラ
10月31日(土)13:30-15:30 小さなバラ(U1-1)の花束
※入会金・年会費は無料。各講習は単独でお申込みいただけます。
オンラインでのお申し込みはこちらからどうぞ。 10/10(土) 10/24(土) 10/31(土)

花の折り紙一日講座 11月22日(日)10:00~15:00
・「トーラス構造のバラS2」と「五角の葉っぱの台
トーラス構造の薔薇S2 創作:中 一隆
朝日カルチャーセンター横浜教室(ルミネ横浜8F)045-453-1122
※「講師紹介」と伝えていただきますと、会員料金でご受講いただけます。
オンラインでのお申込みはこちらからどうぞ。

当ブログの作品を集めた拙著「折り紙のバラとくすだま」(日本ヴォーグ社 ISBN:9784529059138)です。
バラのくす玉をはじめ、バラ・カーネーションの花束やバラのテーブルフラワー等の人気作品も掲載。

 

折り紙の楽しさを感じていただけたら、ぜひお近くの折り紙教室へ。

自分で折れたらもっと楽しい。折り紙教室の詳細はこちらです。

折り紙講師のご用命・個人レッスンも承っております。ご依頼・お問い合わせは、こちら メールフォーム からどうぞ。

Instagramへの投稿始めました。スマホからでも高画質の画像をお楽しみいただけます。(@kazutaka.naka)  PCの方はWeb版はこちらから。

Instagram

https://www.instagram.com/kazutaka.naka/

スマホでご訪問の方は、ブラウザ設定をPCサイトモードにしていただくと、当ブログのすべてのページがご覧いただけます。

 

| | コメント (0)

2020年9月19日 (土)

葉っぱの台五角版と薔薇C5

朝夕は涼しい秋風を感じられるようになってきましたが、まだ日中は暑い日もありますね。まぁ「暑さ寒さも彼岸まで」てな言葉もあるようで、さわやかな本格的秋の到来も間近のようです。

芸術の秋、創作の秋、ぜひ拙著「折り紙のバラとくすだま」をお手元にどうぞ。
「どんな作品が掲載されてるの?」と思った方は、日本ヴォーグ社のHPにて目次と作例写真のページが「立ち読み」という形でご覧いただけますので、参照してみてください。日本ヴォーグ社「折り紙のバラとくすだま」 立ち読みページ

さて今回は、「葉っぱの台五角版と薔薇C5」をご覧いただきましょう。

葉っぱの台は、葉が4枚の四角版をすでにご紹介させていただいていますが、今回は葉っぱが5枚の五角版です。

葉っぱの台五角版と薔薇C5 創作:中 一隆

五角構造のバラの台には、やっぱり五角構造の台が必要かなぁ、ということで五角形から葉っぱ5枚を折りだした作品になります。

葉っぱの台五角版と薔薇C5 創作:中 一隆

葉っぱの台は四角版・五角版ともに上部にカップ状の受け皿を持っており、この受け皿にバラの「がく」を差し込むというか乗っけることで、糊付けすることなく飾っていただくことができるようになっています。お花の交換も単純に乗せ換えるだけです。

葉っぱの台だけご覧いただいても味気ないというか、実際のイメージはつかみにくいかと思いましたので、五角構造のバラとして薔薇C5を合わせてみました。

葉っぱの台五角版と薔薇C5 創作:中 一隆

この葉っぱの台五角版は、トーラス構造の薔薇S2と合わせて11月22日(日)の「花の折り紙一日講座」(朝日カルチャー横浜)にて講習させていただく予定になっています。

また、バラC5と葉っぱの台五角版の組み合わせは、10月~11月に、ルミネ横浜8Fの朝日カルチャー横浜花の折り紙」講座ならびにそごう横浜9Fのよみうりカルチャー横浜指先の魔法☆折り紙(火曜・上級)」クラスにて講習させていただきます。

このほかの10月より始まる「秋の折り紙教室」の情報はこちらをご参照ください。PCならびにPCモード設定の方は、最新の情報をいつでもこちら からご覧いただけます。

さて、「葉っぱの台五角版と薔薇C5」いかがでしたでしょうか。
お気に召していただけたら、ぜひ投票ボタンをポチっとおねがいします。

 

【新設】京急COTONOWA 花の折り紙 13:30~15:30
京急COTONOWA作品サンプル2020秋
10月10日(土)13:30-15:30 マジックローズキューブ
10月24日(土)13:30-15:30 プリムラ
10月31日(土)13:30-15:30 小さなバラ(U1-1)の花束
※入会金・年会費は無料。各講習は単独でお申込みいただけます。
オンラインでのお申し込みはこちらからどうぞ。 10/10(土) 10/24(土) 10/31(土)

花の折り紙一日講座 11月22日(日)10:00~15:00
・「トーラス構造のバラS2」と「五角の葉っぱの台
トーラス構造の薔薇S2 創作:中 一隆
朝日カルチャーセンター横浜教室(ルミネ横浜8F)045-453-1122
※「講師紹介」と伝えていただきますと、会員料金でご受講いただけます。
オンラインでのお申込みはこちらからどうぞ。

当ブログの作品を集めた拙著「折り紙のバラとくすだま」(日本ヴォーグ社 ISBN:9784529059138)です。
バラのくす玉をはじめ、バラ・カーネーションの花束やバラのテーブルフラワー等の人気作品も掲載。

 

折り紙の楽しさを感じていただけたら、ぜひお近くの折り紙教室へ。

自分で折れたらもっと楽しい。折り紙教室の詳細はこちらです。

折り紙講師のご用命・個人レッスンも承っております。ご依頼・お問い合わせは、こちら メールフォーム からどうぞ。

Instagramへの投稿始めました。スマホからでも高画質の画像をお楽しみいただけます。(@kazutaka.naka)  PCの方はWeb版はこちらから。

Instagram

https://www.instagram.com/kazutaka.naka/

スマホでご訪問の方は、ブラウザ設定をPCサイトモードにしていただくと、当ブログのすべてのページがご覧いただけます。

 

| | コメント (0)

2020年9月12日 (土)

京急COTONOWA「花の折り紙」受付開始!

引き続き厳しい残暑の日々です。それでも日中の強い日差しは相変わらずですが、朝夕はほんのちょっと秋らしさも感じられるようになってきました。

厳しい日差しの日中はぜひクーラーのきいた涼しいご自宅で、折り紙でもいかがでしょうか。ぜひ拙著「折り紙のバラとくすだま」をお手元にどうぞ。
「どんな作品が掲載されてるの?」と思った方は、日本ヴォーグ社のHPにて目次と作例写真のページが「立ち読み」という形でご覧いただけますので、参照してみてください。日本ヴォーグ社「折り紙のバラとくすだま」 立ち読みページ

本日9月12日より、新設の京急COTONOWA花の折り紙」の受付が開始されます。

場所は、京浜急行・市営地下鉄 上大岡駅の「京急百貨店」になります。入会金・年会費不要で、単独でお好みの作品を受講できます。
一般的なカルチャースクールの常設講座ですと、入会金や3か月分の講習料をお支払いいただく必要がありますので、これと比べると、お手軽にご受講いただけるのではないかと思います。

【新設】京急COTONOWA 花の折り紙 13:30~15:30
京急COTONOWA作品サンプル2020秋

10月10日(土)13:30-15:30 マジックローズキューブ
10月24日(土)13:30-15:30 プリムラ
10月31日(土)13:30-15:30 小さなバラ(U1-1)の花束
※入会金・年会費は無料。各講習は単独でお申込みいただけます。
※お申込みは9/12よりオンラインまたは店頭
オンラインでのお申し込みはこちらからどうぞ。 10/10(土) 10/24(土) 10/31(土)

京急COTONOWA 講座案内

京急COTONOWA 案内冊子表紙

単独でご受講いただける(入会不要)の講座としては、11月22日(日)朝日カルチャー横浜一日講座があります。

花の折り紙一日講座 11月22日(日)10:00~15:00
・「トーラス構造のバラS2」と「五角の葉っぱの台

トーラス構造の薔薇S2 創作:中 一隆
トーラス構造の薔薇S2 創作:中 一隆
朝日カルチャーセンター横浜教室(ルミネ横浜8F)045-453-1122
※「講師紹介」と伝えていただきますと、会員料金でご受講いただけます。
オンラインでのお申込みはこちらからどうぞ。

このほかの10月より始まる「秋の折り紙教室」の情報はこちらをご参照ください。PCならびにPCモード設定の方は、最新の情報をいつでもこちら からご覧いただけます。  

コロナ禍の影響で、どの教室も比較的空きがあります。(講師を助けると思って?)ふるってご受講いただけたら嬉しいです。

さて、「京急COTONOWA「花の折り紙」受付開始!」いかがでしたでしょうか。
お気に召していただけたら、ぜひ投票ボタンをポチっとおねがいします。

 

当ブログの作品を集めた拙著「折り紙のバラとくすだま」(日本ヴォーグ社 ISBN:9784529059138)です。
バラのくす玉をはじめ、バラ・カーネーションの花束やバラのテーブルフラワー等の人気作品も掲載。

 

折り紙の楽しさを感じていただけたら、ぜひお近くの折り紙教室へ。

自分で折れたらもっと楽しい。折り紙教室の詳細はこちらです。

折り紙講師のご用命・個人レッスンも承っております。ご依頼・お問い合わせは、こちら メールフォーム からどうぞ。

Instagramへの投稿始めました。スマホからでも高画質の画像をお楽しみいただけます。(@kazutaka.naka)  PCの方はWeb版はこちらから。

Instagram

https://www.instagram.com/kazutaka.naka/

スマホでご訪問の方は、ブラウザ設定をPCサイトモードにしていただくと、当ブログのすべてのページがご覧いただけます。

 

| | コメント (0)

2020年9月 6日 (日)

薔薇 W3 プロトタイプ

まだまだ残暑厳しい日々が続いています。特別警報級の勢力といわれる台風10号の動きも気になるところです。大きな被害なく過ぎ去ってくれることを祈ります。

さて今回はまだプロトタイプですが、新作の一枚折りの薔薇 W3 をご覧いただきましょう。

いわゆる不切正方一枚折りで、やっとこのあいだ「長編スペクタクル感動巨編」的な折り図が完成したばかりのN4の後続作品になります。

薔薇 W3 プロトタイプ 創作:中 一隆

N4との違いは、N4の花芯構造がスタンダードな「ねじり折りとその立体化」であるのに対し、このW3では「複合ねじり折り」を採用している点で、これによりさらに写実性の高い豊かな花弁ボリュームを実現しています。N4で採用した大胆な「花弁増し技法」はそのまま継承しています。

薔薇 W3 プロトタイプ 創作:中 一隆

まぁ、あくまでもまだプロトタイプで作者もあまり折り込んでいないので、自分で作っておいて、「コレどうなってんだろう?」とか「こんなんでいいのか?」という箇所もあったりしますが、基本構造に大きな矛盾はなく、まだまだ細部に詰めが甘い箇所もありますが、全体の方向性を示すプロトタイプとしてご覧いただくことにしました。

薔薇 W3 プロトタイプ 創作:中 一隆

「複合ねじり折り」では、花芯部のボリュームを増すためにリソースを追加する必要があります。この内周花弁へのリソース投入の影響は外周花弁にまでおよびますが、外周花弁では通常役に立たてることができず無駄遣いになっていました。

そこでW3ではW2でも用いた手法ですが)、この余剰リソースを用いて最外周の花弁を湾曲させて、ふんわりとした丸みのある薔薇に仕上げています。N4に比較して外周花弁が広がったため花の直径も大きくなり存在感のある作品に仕上がっています。

N4の開発段階で「不切正方一枚折りの限界にチャレンジした」作品と記載してますが、このW3では「限界をはるかに超えたレベル」といえるかもしれません。そういうわけで、折り図を描くのは大変そうですね(もはや他人事?)N4よりもStep数・ページ数は増えることは必須です。折り紙教室も順調に再開して緊急事態中のように暇じゃなくなってますが、じっくり腰を据える時間がとれたら折り図整備に取り組みたいと考えております。(放置しておくとどんな作品だったか忘れちゃうので…。)

さて、「薔薇 W3 プロトタイプ」いかがでしたでしょうか。

お気に召していただけたら、ぜひ投票ボタンをポチっとおねがいします。

 

花の折り紙一日講座 11月22日(日)10:00~15:00
・「トーラス構造のバラS2」と「五角の葉っぱの台
トーラス構造の薔薇S2 創作:中 一隆
朝日カルチャーセンター横浜教室(ルミネ横浜8F)045-453-1122
※「講師紹介」と伝えていただきますと、会員料金でご受講いただけます。
オンラインでのお申込みはこちらからどうぞ。

【新設】京急COTONOWA 花の折り紙 13:30~15:30
京急COTONOWA作品サンプル2020秋
10月10日(土)13:30-15:30 マジックローズキューブ
10月24日(土)13:30-15:30 プリムラ
10月31日(土)13:30-15:30 小さなバラ(U1-1)の花束
※入会金・年会費は無料。各講習は単独でお申込みいただけます。
オンラインでのお申し込みはこちらからどうぞ。 10/10(土) 10/24(土) 10/31(土)

 

当ブログの作品を集めた拙著「折り紙のバラとくすだま」(日本ヴォーグ社 ISBN:9784529059138)です。
バラのくす玉をはじめ、バラ・カーネーションの花束やバラのテーブルフラワー等の人気作品も掲載。

 

折り紙の楽しさを感じていただけたら、ぜひお近くの折り紙教室へ。

自分で折れたらもっと楽しい。折り紙教室の詳細はこちらです。

折り紙講師のご用命・個人レッスンも承っております。ご依頼・お問い合わせは、こちら メールフォーム からどうぞ。

Instagramへの投稿始めました。スマホからでも高画質の画像をお楽しみいただけます。(@kazutaka.naka)  PCの方はWeb版はこちらから。

Instagram

https://www.instagram.com/kazutaka.naka/

スマホでご訪問の方は、ブラウザ設定をPCサイトモードにしていただくと、当ブログのすべてのページがご覧いただけます。

 

| | コメント (0)

2020年9月 2日 (水)

口をあけた4面体によるテンセグリティ構造

暑い熱い8月もやっと終わって9月に入りましたが、引き続き猛暑・酷暑の日々のようです。それでもなんとなく、日没もやや早まって朝晩は少し涼しくなってきたような気もします。はやく本格的なさわやかな秋になりませんかね。

さて今回は夏休みの工作・自由研究的な趣で、ちょっと変わったものを作ってみました。
「口をあけた4面体」によるテンセグリティ(Tensegrity )構造 です。

折り紙で作った「口をあけた4面体」(後半に詳細記述)を2つ使って、テンセグリティ構造(Tensegrity Structure)を実現してみました。

口をあけた4面体によるテンセグリティ構造 創作:中一隆
口をあけた4面体によるテンセグリティ構造

2つの「口をあけた4面体」は4本の糸でつながっています。一方が宙に浮いているように見える不思議な構造です。

重力による上の物体からの「押す力」を「引っ張る力」に変換して、糸で支えられるようにしたのがテンセグリティ(Tensegrity)と呼ばれる構造です。(Tension(張力)とIntegrity(統合)の造語だそうです。

口をあけた4面体によるテンセグリティ構造 創作:中一隆
口をあけた4面体によるテンセグリティ構造

見えにくいですが、中央でつながっている1本の糸が主に荷重を支える役目をしており、周辺の3本の糸は概ねバランスをとるためのものと考えると理解しやすいかもしれません。原理をそれなりに理解していても、なんだか不思議に見えてしまう、面白い構造ですね。

テンセグリティ構造については、ネットを検索(ヤフーでググる…?)していただくと色々情報や解説も得られると思います。基本的な構造を割りばしや針金などで作る例が多いようですが、折り紙クリエイターとしては「やっぱり折り紙で作らなきゃ」ということで頑張ってみました。

それでは、折り紙で作った主要な部品である「口をあけた4面体」をご紹介しておきましょう。

口をあけた4面体(ピラミッド) 創作:中一隆
口をあけた4面体(ピラミッド)

口のあいていない背面から眺めると、三角錐というか、普通の四面体に見えます。底面が三角形ですがピラミッドっぽい感じです。

口をあけた4面体(テント) 創作:中一隆
口をあけた4面体(テント)

向きを変えるとキャンプ場に設営された三角テントにも見えますね。

口をあけた4面体(モンスター) 創作:中一隆
口をあけた4面体(モンスター)

「口をあけた」を明解に示す角度からみると蛇や怪獣が口をあけて牙をむくところのように見えます。

口をあけた4面体 創作:中一隆
口をあけた4面体(展開図)

この「口をあけた4面体」は、1枚の正方形の紙から比較的簡単に折ることができます。三角にたたんでできる直角二等辺三角形から左右を絞って正三角形を作るように側面を処理して立体的にする感じでしょうか。

実際にテンセグリティ構造を実現しようとすると、折り紙ではというか今回のこの設計ではどうしても強度不足のようです。(やっぱり折り紙で剛体を表現するのは難しい。) 厚い丈夫な紙を使うことも考えましたが、折り紙として折れる厚さには限界もありますので、結局側面部分を裏から厚紙で補強して使用しています。(蛇の口の頬に当たる箇所2か所に「く」の字状の厚紙を糊付けしました。)

仕事柄折り紙には慣れてますが、針と糸のいわゆる「針仕事」は不慣れで、外周の3本の糸のバランスを取るのには結構苦労しました。あまり高さを欲張らないほうが安定した出来になるのかなぁと思っています。

まだまだ改良すべき箇所はありますが、折り紙を使って所期の目標であったテンセグリティ構造を写真のように実現することができました。

二匹の蛇が睨み合っている(喧嘩?)ようにもみえますね。二匹の蛇をモチーフにしたデザインはウロボロスやヘルメスの杖、様々な紋章にも使われているようです。蛇は「知恵」を象徴していると考えられているようです。

さて、「口をあけた4面体によるテンセグリティ構造」いかがでしたでしょうか。

お気に召していただけたら、ぜひ投票ボタンをポチっとおねがいします。

 

当ブログの作品を集めた拙著「折り紙のバラとくすだま」(日本ヴォーグ社 ISBN:9784529059138)です。
バラのくす玉をはじめ、バラ・カーネーションの花束やバラのテーブルフラワー等の人気作品も掲載。

 

折り紙の楽しさを感じていただけたら、ぜひお近くの折り紙教室へ。

自分で折れたらもっと楽しい。折り紙教室の詳細はこちらです。

折り紙講師のご用命・個人レッスンも承っております。ご依頼・お問い合わせは、こちら メールフォーム からどうぞ。

Instagramへの投稿始めました。スマホからでも高画質の画像をお楽しみいただけます。(@kazutaka.naka)  PCの方はWeb版はこちらから。

Instagram

https://www.instagram.com/kazutaka.naka/

スマホでご訪問の方は、ブラウザ設定をPCサイトモードにしていただくと、当ブログのすべてのページがご覧いただけます。

 

| | コメント (0)

« 2020年8月 | トップページ | 2020年10月 »