« 2020年12月 | トップページ | 2021年2月 »

2021年1月

2021年1月28日 (木)

シンプルなねじりバラ Q

大寒から立春までの今が一年で最も冷え込む時節といわれています。ですので、まぁ寒いのは仕方がないのかもしれませんねぇ。それでもあと一週間我慢すれば立春で、暦の上では「春」がやってきます。今年の立春は2月4日ではなく、36年ぶりに2月3日だそうです。なんだか一日だけですが得した気分になったりしませんか。そういわれてみればちょっとずつ日の出も早くなってきている感じもします。早く本格的な「春」来ませんかね。

そんな春を待ちわびながら、暖かいご自宅で折り紙でもいかがでしょうか。その際には拙著「折り紙のバラとくすだま」をぜひお手元にどうぞ。「どんな作品が掲載されてるの?」と思った方は、日本ヴォーグ社のHP https://www.tezukuritown.com/nv/g/g109351/ にて目次と作例写真のページが「立ち読み」という形でご覧いただけますので、参照してみてください。日本ヴォーグ社「折り紙のバラとくすだま」立ち読みページ

さて今回は、シンプルなねじりバラ Q をご紹介させていただきましょう。

花芯をねっじて形成するいわゆるツイスト系のバラです。

バラ Q 創作:中 一隆

ツイスト系のバラは、構造が単純で作りやすいので多くの作品があるようですが、どうしても花芯中央部が出っ張ってしまうという課題があります。

ツイスト系のバラの元祖ともいえる鈴木恵美子氏のツイストローズでは、花芯をピンセットでねじる際に強く押し込んで、このでっぱり問題を解決していますが、そこそこの力と熟練の技が必要になり、美しく仕上げるのは意外と難しいようです。

バラ Q 創作:中 一隆

このバラQでは、この問題を解決するため、折り紙的に内部に折り込んで花芯が出っ張らないように工夫しています。したがって押し込むことなく単純にねじるだけで花芯部を形成することができます。

バラ Q 創作:中 一隆

この花芯内部への折り込みが立体的な処理となり、初心者の方には少し難しいかもしれませんが、ここさえクリアすればやさしく折れる作品になっています。

比較的手軽に、ツイスト系のバラ特有の優美なラインの楽しめる作品に仕上がっているのではないかと思います。

さて、「シンプルなねじりバラ Q」いかがでしたでしょうか。

お気に召していただけたら、ぜひ投票ボタンをポチっとおねがいします。

 

京急COTONOWA 花の折り紙 13:30~15:30
場所:京浜急行・市営地下鉄 上大岡駅直結「京急百貨店」10F

Cotonowa2021冬作品サンプル
  2月13日(土)13:30-15:00  サザンカ
  3月13日(土)13:30-15:00  初代川崎ローズとそのアレンジ
  3月27日(土)13:30-15:00  バラの花束   ※3/13講習のバラを使います。バラの講習はありません。
※入会金・年会費は無料です。
※2/13、3/13は単独でお申込みいただけます。3/27の単独受講はできません。3/13-3/27と続けてご受講ください。
オンラインでの受講申込みはこちらからどうぞ。 2/133/133/27

 

花の折り紙一日講座(公開講座)
日時:3月14日(日) 10:00~15:00(お昼の休憩を含みます)
内容:AM バラU4-4   PM バラU4-4のギフトボックス 
バラU4-4のギフトボックス 創作:中 一隆
朝日カルチャーセンター横浜教室(ルミネ横浜8F)045-453-1122
※「講師紹介」と伝えていただきますと、会員料金でご受講いただけます。
オンラインでのお申込みはこちらからどうぞ。

当ブログの作品を集めた拙著「折り紙のバラとくすだま」(日本ヴォーグ社 ISBN:9784529059138)です。
バラのくす玉をはじめ、バラ・カーネーションの花束やバラのテーブルフラワー等の人気作品も掲載。
日本ヴォーグ社の立ち読みページ目次と作例写真がご覧になれます。
立ち読みページはこちらです。

 

折り紙の楽しさを感じていただけたら、ぜひお近くの折り紙教室へ。

自分で折れたらもっと楽しい。折り紙教室の詳細はこちらです。

折り紙講師のご用命・個人レッスンも承っております。ご依頼・お問い合わせは、こちら メールフォーム からどうぞ。

Instagramへの投稿始めました。スマホからでも高画質の画像をお楽しみいただけます。(@kazutaka.naka)  PCの方はWeb版はこちらから。

Instagram

https://www.instagram.com/kazutaka.naka/

スマホでご訪問の方は、ブラウザ設定をPCサイトモードにしていただくと、当ブログのすべてのページがご覧いただけます。

 

 

| | コメント (0)

2021年1月21日 (木)

薔薇 U5-5

昨日は「大寒」で1年中で最も寒い時季だそうですが、こよみ通りとっても寒い日になっています。「冬来りなば春遠からじ」の言葉もあるように、この厳しい寒さを超えたらもう少しで春です。この時節、寒さに加えて色々厳しく耐えねばならないことも多いかと思いますが、「明けない夜も、止まない雨もない」と信じて乗り越えてゆきましょう。

そんな我慢の日々のストレス解消にゆったりと折り紙などいかがでしょうか。その際には拙著「折り紙のバラとくすだま」をぜひお手元にどうぞ。「どんな作品が掲載されてるの?」と思った方は、日本ヴォーグ社のHP https://www.tezukuritown.com/nv/g/g109351/ にて目次と作例写真のページが「立ち読み」という形でご覧いただけますので、参照してみてください。日本ヴォーグ社「折り紙のバラとくすだま」立ち読みページ

さて今回は、ユニット構成の薔薇 U5-5をご覧いただきましょう。

薔薇 U5-5 創作:中 一隆

5つのユニットで構成される薔薇で、折り紙としては5枚のU5ユニットにがく1枚を加えた計6枚で糊付けなしで組み立てられる作品になっています。

記号番号から推察されるかと思いますが、U5ユニットは、拙著「折り紙のバラとくすだま」にバラU4-4くすだまU4-30 として掲載したU4ユニットの後続作品です。

薔薇 U5-5 創作:中 一隆

U4では、「1輪のバラ」だけでなく「くす玉」にも使えるように対称な構造になっていますが、U5では1輪のバラに特化して対称性を崩して外周花弁が大きくなるように手を加えています。U5を使って「くす玉」もできなくはないのですが、60枚組の大掛かりな作品になっちゃうので、あんまりお勧めはしてません。

薔薇 U5-5 創作:中 一隆

U4ユニットの2枚分の花弁を1枚にすることで、外周花弁サイズを大きくしている関係で花弁枚数はU4より少し減っています。このため5枚組の五角構造のバラ(U5-4ではなくU5-5)としてご紹介させていただいております。

薔薇 U5-5 創作:中 一隆

ガクは正方形の折り紙を五角形に切り出して使用しますが、花弁は正方形のまま5枚の折り紙(タント紙)を使います。これにより五角形切り出しによる無駄な切り屑は少なく、環境にもやさしい作品となっています。

ユニット単体の構造はやや複雑ですが、同じものを5個用意すればよく、折り損じがあっても1枚だけ差し替えればよいというメリットもあり、比較的手軽に取り組んでいただける、豪華な本格五角構造の薔薇に仕上がっているのではないかと思います。

さて、「薔薇 U5-5」いかがでしたでしょうか。

お気に召していただけたら、ぜひ投票ボタンをポチっとおねがいします。

 

京急COTONOWA 花の折り紙 13:30~15:30
場所:京浜急行・市営地下鉄 上大岡駅直結「京急百貨店」10F

Cotonowa2021冬作品サンプル
  2月13日(土)13:30-15:00  サザンカ
  3月13日(土)13:30-15:00  初代川崎ローズとそのアレンジ
  3月27日(土)13:30-15:00  バラの花束   ※3/13講習のバラを使います。バラの講習はありません。
※入会金・年会費は無料です。
※2/13、3/13は単独でお申込みいただけます。3/27の単独受講はできません。3/13-3/27と続けてご受講ください。
オンラインでの受講申込みはこちらからどうぞ。 2/133/133/27

 

花の折り紙一日講座(公開講座)
日時:3月14日(日) 10:00~15:00(お昼の休憩を含みます)
内容:AM バラU4-4   PM バラU4-4のギフトボックス 
バラU4-4のギフトボックス 創作:中 一隆
朝日カルチャーセンター横浜教室(ルミネ横浜8F)045-453-1122
※「講師紹介」と伝えていただきますと、会員料金でご受講いただけます。
オンラインでのお申込みはこちらからどうぞ。

当ブログの作品を集めた拙著「折り紙のバラとくすだま」(日本ヴォーグ社 ISBN:9784529059138)です。
バラのくす玉をはじめ、バラ・カーネーションの花束やバラのテーブルフラワー等の人気作品も掲載。
日本ヴォーグ社の立ち読みページ目次と作例写真がご覧になれます。
立ち読みページはこちらです。

 

折り紙の楽しさを感じていただけたら、ぜひお近くの折り紙教室へ。

自分で折れたらもっと楽しい。折り紙教室の詳細はこちらです。

折り紙講師のご用命・個人レッスンも承っております。ご依頼・お問い合わせは、こちら メールフォーム からどうぞ。

Instagramへの投稿始めました。スマホからでも高画質の画像をお楽しみいただけます。(@kazutaka.naka)  PCの方はWeb版はこちらから。

Instagram

https://www.instagram.com/kazutaka.naka/

スマホでご訪問の方は、ブラウザ設定をPCサイトモードにしていただくと、当ブログのすべてのページがご覧いただけます。

 

 

| | コメント (0)

2021年1月14日 (木)

シンプルなバラF0

日本海側での大雪に続いて、関東でも雪が降るほどの寒さの日が続いております。日中日差しがあれば室内の窓際はだいぶしのぎやすい感じかと思います。それでも、朝寒くて布団から出れずにグズグズしてると、昼が過ぎて、あっという間に日が沈んでしまう感じで、早く春来ないかなぁと待ち望む今日この頃です。

そんな寒い冬の日は、暖かいご自宅で折り紙でもいかがでしょうか。その際には拙著「折り紙のバラとくすだま」をぜひお手元にどうぞ。「どんな作品が掲載されてるの?」と思った方は、日本ヴォーグ社のHP https://www.tezukuritown.com/nv/g/g109351/ にて目次と作例写真のページが「立ち読み」という形でご覧いただけますので、参照してみてください。日本ヴォーグ社「折り紙のバラとくすだま」立ち読みページ

さて今回は、「シンプルなバラF0」をご紹介しましょう。

最近は、意外と手の込んだ作品が多かったので、たまにはとてもシンプルな作品です。

バラF0 創作:中 一隆

Fという系列の作品は、「花芯をねじるように組む」構造のバラにつけた記号番号で、現在F3まであります。

この構造(F系列)でシンプルさを追求したプリミティブなモデルがこのF0になります。

バラF0 創作:中 一隆

F系列の作品は最初に手の込んだF3が完成し、徐々に簡略化してF2,F1と開発させていただいて、F1よりもさらに簡単でエッセンスを引き継ぐ作品ができてしまったので、F0という呼称にさせていただきました。

バラF0 創作:中 一隆

このF0は、K1というバラの花芯の開口率を大きくし、ぐるっとひっくり返した構造になっています。K1は紙の中央が花芯になりますが、F0では紙の中央が花の裏底になり、紙の4すみを花芯としてねじるように組む仕組みになっています。そういう意味では、系列と同様な風呂敷包み構造ともいえると思います。

構造としても面白い15cm折り紙で折れるシンプルな新作となっています。

さて、「シンプルなバラF0」いかがでしたでしょうか。

お気に召していただけたら、ぜひ投票ボタンをポチっとおねがいします。

 

京急COTONOWA 花の折り紙 13:30~15:30

Cotonowa2021冬作品サンプル
  2月13日(土)13:30-15:00  サザンカ
  3月13日(土)13:30-15:00  初代川崎ローズとそのアレンジ
  3月27日(土)13:30-15:00  バラの花束   ※3/13講習のバラを使います。バラの講習はありません。
※入会金・年会費は無料です。
※2/13、3/13は単独でお申込みいただけます。3/27の単独受講はできません。3/13-3/27と続けてご受講ください。
オンラインでの受講申込みはこちらからどうぞ。 2/133/133/27

 

花の折り紙一日講座(公開講座)
日時:3月14日(日) 10:00~15:00(お昼の休憩を含みます)
内容:AM バラU4-4   PM バラU4-4のギフトボックス 
バラU4-4のギフトボックス 創作:中 一隆
朝日カルチャーセンター横浜教室(ルミネ横浜8F)045-453-1122
※「講師紹介」と伝えていただきますと、会員料金でご受講いただけます。
オンラインでのお申込みはこちらからどうぞ。

当ブログの作品を集めた拙著「折り紙のバラとくすだま」(日本ヴォーグ社 ISBN:9784529059138)です。
バラのくす玉をはじめ、バラ・カーネーションの花束やバラのテーブルフラワー等の人気作品も掲載。

 

折り紙の楽しさを感じていただけたら、ぜひお近くの折り紙教室へ。

自分で折れたらもっと楽しい。折り紙教室の詳細はこちらです。

折り紙講師のご用命・個人レッスンも承っております。ご依頼・お問い合わせは、こちら メールフォーム からどうぞ。

Instagramへの投稿始めました。スマホからでも高画質の画像をお楽しみいただけます。(@kazutaka.naka)  PCの方はWeb版はこちらから。

Instagram

https://www.instagram.com/kazutaka.naka/

スマホでご訪問の方は、ブラウザ設定をPCサイトモードにしていただくと、当ブログのすべてのページがご覧いただけます。

 

 

| | コメント (0)

2021年1月 7日 (木)

バラのつぼみ N2

当記事が2021年の最初の投稿となります。ちょっと遅れましたが皆様、新年おめでとうございます。

個人的には盆暮れかまわず年中おめでたい人なので、「お正月だから」ということも特別になく、いつものようにダラダラ・グズグズと飲んだくれた年末年始でございました。

新型の例のヤツの蔓延もおさまりが見えないようですが、まぁ、あせらず終息することを祈るしかないかと思っております。

「新型の例のヤツ」を避けるためにも、暖かいご自宅で折り紙でもいかがでしょうか。そんな際には拙著「折り紙のバラとくすだま」をぜひお手元にどうぞ。「どんな作品が掲載されてるの?」と思った方は、日本ヴォーグ社のHP https://www.tezukuritown.com/nv/g/g109351/ にて目次と作例写真のページが「立ち読み」という形でご覧いただけますので、参照してみてください。日本ヴォーグ社「折り紙のバラとくすだま」立ち読みページ

さて今回は、「バラのつぼみ N2」をご覧いただきましょう。

当ブログでは、ねじり折りを使ったバラの記号番号にはNをつけて、N系列としてご紹介しております。「ねじり折り」と「その立体化」手法は、折り紙のバラでは非常にポピュラーに採用されており、逆に「ねじり折り」を使っていないバラの折り紙は探すのが大変なほどといえるかもしれません。

まぁ、当ブログでは「ねじり折り」を使っていないバラも沢山ご紹介させていただいてますが……(あまのじゃくなので)

そんなポピュラーな手法でシンプルに手堅くまとめた作品がこの「バラのつぼみ N2」です。

バラのつぼみN2 創作:中一隆

「ねじり折り」はその構造上、花が中空になってしまうため、底部に穴が開いた半開構造の作品が多いようですが、このN2では中空の立体としてきちんと底の閉じられる折り紙らしい理詰めの構造になっています。

バラのつぼみN2 創作:中一隆

つぼみらしさを表現するため、やや縦長の細身のフォルムとし、花を軽く包み込むような「がく」も今回あわせて開発しました。

バラのつぼみN2 創作:中一隆

つぼみですので、それほど花弁ボリュームは必要なく、結果として極めてシンプルで折りやすいバランスの良い作品に仕上がっていると思います。

15cmのタント紙で折ることができますので、ねじり折りのバラの入門にはちょうど良いかもしれません。

写真の「バラのつぼみ N2」は昨年開設した上大岡駅直結京急百貨店京急COTONOWAの「花の折り紙」講座で、受講していただいた生徒さんにお土産としてお配りしたものです。

1-3月期も引き続き京急百貨店にて折り紙講座を開設させていただきますので、ご興味あればぜひお申込みください。(なお、毎回かならずお土産が配布されるとは限りませんので、あしからずご承知おきくださいませ。)

京急COTONOWA 花の折り紙 13:30~15:30

Cotonowa2021冬作品サンプル
  2月13日(土)13:30-15:00  サザンカ
  3月13日(土)13:30-15:00  初代川崎ローズとそのアレンジ
  3月27日(土)13:30-15:00  バラの花束   ※3/13講習のバラを使います。バラの講習はありません。
※入会金・年会費は無料です。
※2/13、3/13は単独でお申込みいただけます。3/27の単独受講はできません。3/13-3/27と続けてご受講ください。
オンラインでの受講申込みはこちらからどうぞ。 2/133/133/27

このほかの1月からの「折り紙教室」の情報はこちらをご参照ください。PCならびにPCモード設定の方は、最新の情報をいつでもこちら からご覧いただけます。

さて、「バラのつぼみ N2」いかがでしたでしょうか。

お気に召していただけたら、ぜひ投票ボタンをポチっとおねがいします。

 

当ブログの作品を集めた拙著「折り紙のバラとくすだま」(日本ヴォーグ社 ISBN:9784529059138)です。
バラのくす玉をはじめ、バラ・カーネーションの花束やバラのテーブルフラワー等の人気作品も掲載。

 

折り紙の楽しさを感じていただけたら、ぜひお近くの折り紙教室へ。

自分で折れたらもっと楽しい。折り紙教室の詳細はこちらです。

折り紙講師のご用命・個人レッスンも承っております。ご依頼・お問い合わせは、こちら メールフォーム からどうぞ。

Instagramへの投稿始めました。スマホからでも高画質の画像をお楽しみいただけます。(@kazutaka.naka)  PCの方はWeb版はこちらから。

Instagram

https://www.instagram.com/kazutaka.naka/

スマホでご訪問の方は、ブラウザ設定をPCサイトモードにしていただくと、当ブログのすべてのページがご覧いただけます。

 

 

| | コメント (0)

« 2020年12月 | トップページ | 2021年2月 »