« 明るいレンズ PENTAX DA50mmF1.8 | トップページ | 2021年の締めくくり »

2021年12月18日 (土)

五角構造の薔薇N5 (講習作品から)

さて今回は、折り紙教室の講習作品から「薔薇N5」をご紹介しましょう。

薔薇N5 創作:中 一隆

Nとういう系列の作品はスタンダードな「ねじり折り」を使った作品で、このN5は、五角形の用紙を用いた五角構造の薔薇になっています。

薔薇N5 創作:中 一隆

基本構造はN3と同じですが、五角形構造とすることで、花弁枚数が増しシルエットも角ばらずより写実的な作品に仕上がっています。

薔薇N5 創作:中 一隆

五角構造であるため、少し折りすじの付け方は複雑になりますが、折り紙らしい理詰めで底部が閉じられる構造を実現しています。(厳密にいうとちょっと穴が開いちゃうんですが…)

この「薔薇N5」は12月19日(日)にルミネ横浜8Fの朝日カルチャー花の折り紙」講座にて、12月28日(火)にそごう横浜9Fのよみうりカルチャー指先の魔法☆折り紙(火曜・上級クラス)」にて講習させていただく予定になっています。

折り紙教室」の詳細情報はこちらをご参照ください。PCならびにPCモード設定の方は、最新の情報をいつでもこちら からご覧いただけます。

今回のN5の一つ前のモデルN4は、正方形からの一枚折りで可能な限り写実性を追求した作品です。このN4が掲載された新刊「立体構造を楽しむ バラの折り紙 を一応念のためご案内しておきましょう。

立体構造を楽しむ バラの折り紙」中 一隆 著
紙の書籍(POD版) ISBN 9784802092289  
電子書籍 楽天Kobo版(高画質) 商品番号1230004634782 
電子書籍 Amazon Kindle版 ASIN B08ZCT7FTB  

紙の書籍はレターサイズ、フルカラー103ページ、19作品掲載で¥2,300-(税込み¥2,530-)、電子書籍はいずれも同一内容で¥1,500-(税込み¥1,650-)となっております。紙の書籍は、アマゾンの通販のみの販売で、一般書店での取り扱いはありませんのでご注意ください。
掲載作品と書籍のイメージはこちらの「立ち読みパイロット版」をご参照ください。

さて、「五角構造の薔薇N5 (講習作品から)」いかがでしたでしょうか。

お気に召していただけたら、ぜひ投票ボタンをポチっとおねがいします。

 

〇新刊「立体構造を楽しむ バラの折り紙」 ISBN 9784802092289 
好評発売中 ぜひお手元にどうぞ。
「立体構造を楽しむ バラの折り紙」中 一隆著  POD版 ISBN 9784802092289
立ち読み(パイロット版)はこちらです。
ご予約・ご購入はこちら からどうぞ。
紙の書籍(POD版  Amazon Kindle版  楽天 Kobo版(高画質)

京急COTONOWA 1Day講座 2月12日(土)
 13:30~15:30 バラK2  お申し込みはこちらからどうぞ。
バラ K2 創作:中 一隆

〇花の折り紙一日講座2月27日(日)朝日カルチャーセンター横浜教室(ルミネ横浜8F)
・10:00~12:00   バラのつぼみN2
・13:00~15:00   薔薇N6
お申し込みはこちらです。

バラのつぼみN2 創作:中 一隆
バラのつぼみN2

バラ N6 創作:中 一隆
薔薇 N6

〇既刊「折り紙のバラとくすだま」(日本ヴォーグ社 ISBN:9784529059138)も併せてどうぞ。
バラのくす玉をはじめ、バラ・カーネーションの花束やバラのテーブルフラワー等の人気作品も掲載。
日本ヴォーグ社の立ち読みページ目次と作例写真がご覧になれます。
立ち読みページはこちらです。

 

折り紙の楽しさを感じていただけたら、ぜひお近くの折り紙教室へ。

自分で折れたらもっと楽しい。折り紙教室の詳細はこちらです。

折り紙講師のご用命・個人レッスンも承っております。ご依頼・お問い合わせは、こちら メールフォーム からどうぞ。

Instagramへの投稿始めました。スマホからでも高画質の画像をお楽しみいただけます。(@kazutaka.naka)  PCの方はWeb版はこちらから。

Instagram

https://www.instagram.com/kazutaka.naka/

スマホでご訪問の方は、ブラウザ設定をPCサイトモードにしていただくと、当ブログのすべてのページがご覧いただけます。

 

 

|

« 明るいレンズ PENTAX DA50mmF1.8 | トップページ | 2021年の締めくくり »

折り紙」カテゴリの記事

バラ」カテゴリの記事

5枚花弁のバラ」カテゴリの記事

折り紙教室」カテゴリの記事

オリジナル作品」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 明るいレンズ PENTAX DA50mmF1.8 | トップページ | 2021年の締めくくり »