バラ

2020年5月14日 (木)

外周花弁のバリエーション  薔薇W2b

新型の例のヤツの影響で、折り紙教室はお休みが続いております。緊急事態宣言がうまいこと5月末で終了したら、6月から再開できるのかなぁと思ってますが、教室が再開できても受講する方が戻ってこられるのかとか、心配の種が尽かない今日この頃です。

さて今回は、前回ご覧いただいた複合ねじり折りのスタンダードな薔薇W2aの外周花弁に少し手を加えた、バリエーションW2bを見ていただきましょう。

この薔薇W2bは、前回のW2aがコロコロとこじんまりした感じにまとまっているのに対して、外周花弁を大きく広げた華やかな薔薇になっています。

薔薇W2b 創作:中 一隆

最外周以外の構成は、W2aと全く同様で、最後に畳まれた花弁を大きく広げるか否かの差になっています。

薔薇W2b 創作:中 一隆

花芯に用いた複合ねじり折りによるボリューム感のある内周花弁と相まって、豪華に咲き誇る大輪の薔薇のイメージでしょうか。

薔薇W2b 創作:中 一隆

W2a,W2b折り方はほとんど共通ですので、お好みに合わせて、バリエーションをお楽しみいただくことができます。

さて、「外周花弁形状のバリエーション 薔薇W2b」いかがでしたでしょうか。

お気に召していただけたら、ぜひ投票ボタンをポチっとおねがいします。

 

当ブログの作品を集めた拙著「折り紙のバラとくすだま」(日本ヴォーグ社 ISBN:9784529059138)です。
バラのくす玉をはじめ、バラ・カーネーションの花束やバラのテーブルフラワー等の人気作品も掲載。

 

折り紙の楽しさを感じていただけたら、ぜひお近くの折り紙教室へ。

自分で折れたらもっと楽しい。折り紙教室の詳細はこちらです。

折り紙講師のご用命・個人レッスンも承っております。ご依頼・お問い合わせは、こちら メールフォーム からどうぞ。

Instagramへの投稿始めました。スマホからでも高画質の画像をお楽しみいただけます。(@kazutaka.naka)  PCの方はWeb版はこちらから。

Instagram

https://www.instagram.com/kazutaka.naka/

スマホでご訪問の方は、ブラウザ設定をPCサイトモードにしていただくと、当ブログのすべてのページがご覧いただけます。

 

| | コメント (0)

2020年4月23日 (木)

複合ねじり折りの薔薇W2a

家でのんびりできるのは夢のように素晴らしいコトなハズだったわけですが、こうも長期戦になると朝から酒浸りになることにも飽きてしまい、「仕事でもするか!」という日頃より怠惰な自分からは全く発想できない境地に至っております。
まぁ、世の中色々あるとは思いますが、イライラしたり、必要以上に精神すり減らすことは、世界征服を企む例の新型のヤツの思うツボになってしまうかと思いますので、ゆったり大きく広い心で楽しく過ごしていただくことが何より大事かと思っています。
Stay Home ということで、こんな時きっと皆さんもお家でできる「折り紙」が趣味でよかったなぁと感じておられるのではないでしょうか。そんな皆様のご自宅での籠城のお供には、ぜひ拙著「折り紙のバラとくすだま」をどうぞ。

さて今回は、「複合ねじり折りの薔薇W2a」をご覧いただきましょう。

不切正方一枚折りの新作で、「複合ねじり折り」 (Complex Multi-stage Twist Folding) を花芯に使った作品になっています。
「複合ねじり折り」は、以前川崎敏和氏の「薔薇」の花芯に組み込んだアレンジとして紹介させていただいた手法です。

薔薇W2a 創作:中 一隆

一枚折り、ねじり折りの薔薇は色々手掛けていますので、手元にある要素技術を使って手堅くまとめた感じの作品といえるでしょうか。

川崎ローズ「薔薇」と比較して、花芯が「複合ねじり折り」になっていることに加えて、独立性の高い外周花弁が特徴になっています。さらに、紙を22.5度斜めに傾けて折る必要がないのも大きな特徴で、縦横にグリッド状の補助線は必要になりますが紙と直角平行な配置のため、折り紙として素直に折っていただけると思います。(「簡単に作れる」とか「やさしく折れる」とかはあえて言わないようにしておきましょう)

薔薇W2a 創作:中 一隆

「複合ねじり折り」は花芯部の花弁ボリュームをねじり折りを余分に入れて増す手法のため、初段のねじり折りによって段折り状のヒダが余分にできてしまい、どうしても紙(リソース)を有効に活用できないという課題がありました。

今回の薔薇W2aでは、この「段折り状のヒダ」を最外周の花弁を形成する際に有効に活用しています。最外周の花弁を湾曲させながら少しサイズを広げることができ、これにより斜めに折らずに直角平行の配置で十分な外周花弁を作り出すことができるようになっています。

薔薇W2a 創作:中 一隆

花弁増し手法も、いわゆる「2重中割り折り」ではなく、緩やかに2枚の花弁が重なりすれ違う合うような手法を取り入れてみました。

奇をてらうことなくオーソドックスに手堅くまとめた作品で、若干退屈な感じもしますが、これはこれで良いバランスの作品に仕上がったのではないかと思います。

賢明な読者の皆様は既にお気付きかもしれませんが、作品の分類番号W2aに「a」という枝番がついているということは、バリエーションが存在することを意味しています。最外周の花弁形状を変更したW2bも後日ご紹介させて頂きたいと思います。

さて、「複合ねじり折りの薔薇W2a」いかがでしたでしょうか。

お気に召していただけたら、ぜひ投票ボタンをポチっとおねがいします。

 

当ブログの作品を集めた拙著「折り紙のバラとくすだま」(日本ヴォーグ社 ISBN:9784529059138)です。
バラのくす玉をはじめ、バラ・カーネーションの花束やバラのテーブルフラワー等の人気作品も掲載。

 

折り紙の楽しさを感じていただけたら、ぜひお近くの折り紙教室へ。

自分で折れたらもっと楽しい。折り紙教室の詳細はこちらです。

折り紙講師のご用命・個人レッスンも承っております。ご依頼・お問い合わせは、こちら メールフォーム からどうぞ。

Instagramへの投稿始めました。スマホからでも高画質の画像をお楽しみいただけます。(@kazutaka.naka)  PCの方はWeb版はこちらから。

Instagram

https://www.instagram.com/kazutaka.naka/

スマホでご訪問の方は、ブラウザ設定をPCサイトモードにしていただくと、当ブログのすべてのページがご覧いただけます。

 

| | コメント (0)

2020年3月26日 (木)

マジックローズキューブ(ブロック)36枚組

春らしいうららかな陽気で、桜の開花も足早にすすんでいるようです。新型の例のヤツが世界的に猛威を振るっているようですが、日本国内もまだまだ油断は禁物のようです。それでもなんとなく、この閉塞感を何とかしたいというか、個人的にはもう自粛にも飽きちゃってきてます。もちろん、ただの風邪と甘く見るのはよくないんでしょうが、必要以上に怯えるほどでもないかと思っています。結局なによりも皆様ご自身が小まめな手洗い等に努め、個人個人が肉体的にも精神的にも健康健全でありつづければ良いだけの話ですからね。早期の終息を祈ります。

さて、

バレリー・バン氏(Ms. Valerie Vann)の「マジックローズキューブ(Magic Rose Cube)」は花3枚+葉っぱ(台)3枚のユニットを使ったユニット作品で、サイコロ状のキューブが1輪のお花に変形する面白い作品です。

今回はこのお花のユニットを36個使って、8輪の花がくす玉のように開花するマジックローズ・ブロック?をご紹介しましょう。

マジックローズキューブ(ブロック)36枚組

1輪咲きのマジックローズキューブが8個つながって一回り大きな立方体を形成している感じなので、単体のマジックローズキューブを糊付けしちゃえばいいと思われるかもしれませんが、それではあんまり芸がないので色々工夫した作品になっています。

6枚のユニットを使う1輪咲きのマジックローズキューブを8個糊付けすると、6枚x8個=48枚必要になりますが、重なって無駄になる部分がないため36枚で、なおかつエレガントに糊付けなしで組み立てることができます。

マジックローズキューブ(ブロック)36枚組

花の咲き具合は、単体のマジックローズキューブと同様で、1輪1輪独立して豪快に開花します。

8輪すべて開くと、華やかなくす玉に変化します。

マジックローズキューブ(ブロック)36枚組

単体の1輪のマジックローズキューブも十分面白い作品ですが、立方体のブロックから8輪の豪華なくす玉にトランスフォームするより楽しい作品に仕上げっています。

このマジックローズキューブ(ブロック)36枚組は、そごう横浜9Fのよみうりカルチャー指先の魔法☆折り紙(火曜)」クラスにて、2/25(火)、3/24(火)の2回で講習させていただきました。またルミネ横浜8Fの朝日カルチャー花の折り紙」講座では3/1(日)の講習で部品を作成し3/29(日)で組み立てを完了する予定になっています。いずれも新型ウイルス感染予防のための休講をはさんだ講習になってしまいましたが、いずれの折り紙教室も十分配慮した上で通常の講習を再開しております。

自粛モードで家に閉じこもるのも悪くはないと思いますが(家に閉じこもって折り紙する際には、拙著「折り紙のバラとくすだま」をお手元にどうぞ!)、折り紙教室に出向いて楽しいに気分で免疫力を上げていただくのも一考かと思います。4月からの教室のお申込みも始まっています。

折り紙教室の詳細はこちら です。PCならびにPCモード設定の方は、最新の情報をいつでもこちら からご覧いただけます。

さて、「マジックローズキューブ(ブロック)36枚組)」いかがでしたでしょうか。

お気に召していただけたら、ぜひ投票ボタンをポチっとおねがいします。

 

一日だけの公開講座です。こんな時こそ楽しい折り紙教室へどうぞ。

指先の魔法☆折り紙 公開講座 4月30日(木) 13:00~15:00
内容:「アイスクリーム
よみうりカルチャー横浜 http://www.ync.ne.jp/yokohama/ 045-465-2010
Webサイトからのオンラインのお申込みはこちらからどうぞ
アイスクリーム 創作:中 一隆

花の折り紙一日講座(公開講座)5月24日(日) 10:00~15:00
・10:00~12:00 佐藤ローズ 四角のつぼみ美しいバラの折り紙)とアレンジ 」 講師:川崎亜子氏
・13:00~15:00 薔薇 C4   講師:中 一隆
朝日カルチャーセンター横浜教室(ルミネ横浜8F)
Webサイトからのオンラインのお申込みはこちらからどうぞ
佐藤ローズ「四角のつぼみとアレンジ」 写真提供:川崎亜子氏
薔薇C4 創作:中 一隆

 

当ブログの作品を集めた拙著「折り紙のバラとくすだま」(日本ヴォーグ社 ISBN:9784529059138)です。
バラのくす玉をはじめ、バラ・カーネーションの花束やバラのテーブルフラワー等の人気作品も掲載。

 

折り紙の楽しさを感じていただけたら、ぜひお近くの折り紙教室へ。

自分で折れたらもっと楽しい。折り紙教室の詳細はこちらです。

折り紙講師のご用命・個人レッスンも承っております。ご依頼・お問い合わせは、こちら メールフォーム からどうぞ。

Instagramへの投稿始めました。スマホからでも高画質の画像をお楽しみいただけます。(@kazutaka.naka)  PCの方はWeb版はこちらから。

Instagram

https://www.instagram.com/kazutaka.naka/

スマホでご訪問の方は、ブラウザ設定をPCサイトモードにしていただくと、当ブログのすべてのページがご覧いただけます。

 

| | コメント (0)

2020年3月19日 (木)

バラのギフトボックス(中箱の組み立てのコツ)

桜の開花宣言も出て、春らしい陽気の日も多くなってきました。まだ三寒四温というか不安定なお天気もあるようですが、それも春らしいといった感じでしょうか。世界的には新型の例のヤツの勢いが止まらないようです。まぁ、日本国内もまだまだ油断は禁物ですが…。

朝日カルチャー横浜は3月16日から、よみうりカルチャー横浜 は3月20日から順次教室が再開されます。私の担当する折り紙教室も各クラスそれぞれ、3/24(火)、3/26(木)、3/29(日) から通常営業に戻るといったところでしょうか。(お休みだった講習の振替があるため、通常より過密なスケジュールで対応しなくっちゃなりません。受講生の方々は、大変お待たせいたしました。)

そんな感じで、自粛ムードでふさぎ込んでしまっているのは、この春の季節にもったいない気がします。4月からの講座のお申し込みも始まってますので、折り紙教室にでもお出かけになりませんか。4月からの折り紙教室の詳細はこちら です。PCならびにPCモード設定の方は、最新の情報をいつでもこちら からご覧いただけます。

さて今回は、書籍掲載作品から「バラのギフトボックス」のご紹介と、中箱を上手く組み立てるコツについて記載してみたいと思います。

バラのギフトボックス 創作:中 一隆

バラのギフトボックスは、拙著「折り紙のバラとくすだま p.106に掲載の作品で、折り紙教室でも人気の作品です。まだ書籍の購入をお迷いの方はぜひこの機会にお買い求めください。このギフトボックスをはじめ、バラの花束  やテーブルフラワーなど当ブログの人気作品が満載です。通販サイトご利用の方はこちらからどうぞ。Amazon  楽天Books 

上箱4枚、中箱4枚からなるユニット構成の箱の上部にバラの花(U7L-4)を組み込んだ作品で、中に何を入れるかにもよるんでしょうが、豪華な薔薇の花がプレゼントにスペシャル感を与える一品になっています。

SNS等でも、多くの方々に作っていただきご報告・ご紹介いただいていますが、「中箱が組み立てずらい」とのお声を一部お聞きしてますので、今回はうまく組み立てるコツをご紹介しておきましょう。

スムーズに組み立てられない原因は、P.111 Fig.18-19の工程でできる段差が 中箱部品を組む際に、引っ掛かりやすいためのようです。

「折り紙のバラとくすだま」p.111 Fig.18

「折り紙のバラとくすだま」p.111 Fig.19

組み立ての際にこの点に注意して、部品と部品のすきまなどから、引っ掛かっていないか確認しながら作業していただけば、きっとうまく組み立てられると思います。

部品形状の完成度?は若干低下してしまいますが、以下のように折り方を変えると、引っ掛かる段差をなくすことができますので、お好みでこちらも試してみてください。

ギフトボックス中箱 組み立てやすくp.111 Fig.18

ギフトボックス中箱 組み立てやすくp.111 Fig.19

畳んだヒダが飛び出したままになってしまい、ちょっとすっきりしませんが、まぁ、ここはユニットに挟まれて見えなくなってしまう場所ですので、完成した作品形状に影響を与えることはありません。

箱はそれぞれ4枚の折り紙を組み合わせて作る作品になっていますので、折り紙の柄や色、さらに組み込むバラの色合いをお好みに合わせて変えていただきますと、様々な雰囲気の素敵なギフトケースに仕上げることができると思います。

書籍では「切り込みを入れて折るバラU7L-4(またはU7w-4)」を箱の上部に組み込んでいますが、少し工程を変えると「花弁の多い華やかなバラU4-4」を組み込むこともできます。詳細はこちらの記事をご参照ください。

バラのギフトボックス 創作:中 一隆

さて、「バラのギフトボックス中箱の組み立てのコツ)」いかがでしたでしょうか。

お気に召していただけたら、ぜひ投票ボタンをポチっとおねがいします。

 

一日だけの公開講座です。こんな時こそ楽しい折り紙教室へどうぞ。

指先の魔法☆折り紙 公開講座 4月30日(木) 13:00~15:00
内容:「アイスクリーム
よみうりカルチャー横浜 http://www.ync.ne.jp/yokohama/ 045-465-2010
Webサイトからのオンラインのお申込みはこちらからどうぞ
アイスクリーム 創作:中 一隆

花の折り紙一日講座(公開講座)5月24日(日) 10:00~15:00
・10:00~12:00 佐藤ローズ 四角のつぼみ美しいバラの折り紙)とアレンジ 」 講師:川崎亜子氏
・13:00~15:00 薔薇 C4   講師:中 一隆
朝日カルチャーセンター横浜教室(ルミネ横浜8F)
Webサイトからのオンラインのお申込みはこちらからどうぞ
佐藤ローズ「四角のつぼみとアレンジ」 写真提供:川崎亜子氏
薔薇C4 創作:中 一隆

 

当ブログの作品を集めた拙著「折り紙のバラとくすだま」(日本ヴォーグ社 ISBN:9784529059138)です。
バラのくす玉をはじめ、バラ・カーネーションの花束やバラのテーブルフラワー等の人気作品も掲載。

 

折り紙の楽しさを感じていただけたら、ぜひお近くの折り紙教室へ。

自分で折れたらもっと楽しい。折り紙教室の詳細はこちらです。

折り紙講師のご用命・個人レッスンも承っております。ご依頼・お問い合わせは、こちら メールフォーム からどうぞ。

Instagramへの投稿始めました。スマホからでも高画質の画像をお楽しみいただけます。(@kazutaka.naka)  PCの方はWeb版はこちらから。

Instagram

https://www.instagram.com/kazutaka.naka/

スマホでご訪問の方は、ブラウザ設定をPCサイトモードにしていただくと、当ブログのすべてのページがご覧いただけます。

 

| | コメント (0)

2020年3月 5日 (木)

川崎ローズ「薔薇」と複合ねじり折りアレンジL3

例の新型のヤツの影響で、カルチャーセンターもしばらくお休みです。まぁ、皆様お一人お一人が肉体ならびに精神的に健全であれば、ポッと出のウイルスやデマに翻弄されることもなく、騒ぎもやがて終息するんじゃないかと思っています。世の中には名前の付けられた既知のウイルスよりも、同定不能な正体不明のウイルスのほうがはるかに多いんじゃないかと思います。今回その一つが、正体不明(同定不能)のグループから既知の命名済みグループに移っただけと考えれば、必要以上に恐れることは全くないんじゃないかと…。 とりあえず免疫力全開のために、小まめな手洗いに加えて、良く寝てよく食べて(よく飲んで?)明るく元気に(デマなんか笑い飛ばすかんじで)楽しく過ごすことにしましょう。

こんな時はお家で折り紙なんか最適ではないでしょうか。拙著折り紙のバラとくすだまもどうぞお手元でお役立てください。まだ書籍をお持ちでない方は、ぜひお近くの書店でどうぞ。くすだまをはじめ、バラの花束  やテーブルフラワーなど当ブログの人気作品が満載です。通販サイトご利用の方はこちらからどうぞ。Amazon  楽天Books 

さて今回は、川崎ローズ「薔薇」と複合ねじり折りアレンジL3 です。

川崎ローズ「薔薇」といえば、折り紙のバラの第一人者である川崎敏和氏の代表作といってよいと思います。

世界的には"Kawasaki Rose"というと、「初代の川崎ローズ」(ごく一部の方からは「福山ローズ」とも呼ばれてますね)を示すようですが、日本国内では、この斜めから折る難しい「薔薇」のほうが「カワサキローズ」として定着しているように思います。

今回は、この川崎ローズ「薔薇」のアレンジとして、花芯に「複合ねじり折り」 (Complex Multi-stage Twist Folding)を適用した作品L3をご覧いただきましょう。

川崎ローズ「薔薇」創作:川崎敏和、複合ねじり折りアレンジ アレンジ:中 一隆
「薔薇」創作:川崎敏和氏(左)、「薔薇」with複合ねじり折りL3   アレンジ:中 一隆(右)

花芯部はちょっと見ると、全く別物のように感じるかもしれませんが、左右をじっくり比較していただくと、オリジナルの花弁の間に新たな花弁4枚が追加されていることがご理解いただけると思います。

まぁ、これが当方の提案する「複合ねじり折り 」の「なせるわざ」ということになるでしょうか。

川崎ローズ「薔薇」創作:川崎敏和、複合ねじり折りアレンジ アレンジ:中 一隆

外周花弁の構造はほぼ同じなので、横あるいは後ろから見ると両者に差はありませんが、花弁枚数が増えてより写実性の高い薔薇に仕上がっています。

外周花弁の構造が同じということで、「立体かぶせおり」によって底部を閉じながら最外周の花弁を形成する、組み立て後半の工程も同じです。
川崎ローズ「薔薇」の複合ねじり折りアレンジ アレンジ:中 一隆

折り紙作品としては、難しいものに分類されるオリジナルの「薔薇」ですが、このアレンジにより、さらに手間のかかる「折りごたえ」のある作品になっています。(この点に関しては誰も嬉しくないか? まぁ、必要以上に闘志を燃やす方もいらっしゃるかと…)

後半の組み立て工程は原作と同じですので、オリジナル版が折れる方なら、追加花芯の仕込工程が前段に追加されただけで、折る工程は少し長くなりますが、スムーズに折れるのではないかと思います。

川崎ローズ「薔薇」創作:川崎敏和、複合ねじり折りアレンジ アレンジ:中 一隆

内周花弁のボーリュームが増えてゴージャスになるだけでなく、花弁の密度バランスも整って、より美しい「薔薇」に仕上がっているのではないかと思います。

この複合ねじり折りを使った川崎ローズ「薔薇」L3は、2月11日(火)にそごう横浜9Fのよみカル横浜指先の魔法☆折り紙」講座にて、2月16日(日)にルミネ横浜8Fの朝日カルチャー横浜花の折り紙」講座にて、講習させていただきました。

折り紙教室の詳細はこちら です。
PCならびにPCモード設定の方は、最新の情報をいつでもこちら からご覧いただけます。

さて、「川崎ローズ「薔薇」と複合ねじり折りアレンジL3」いかがでしたでしょうか。

お気に召していただけたら、ぜひ投票ボタンをポチっとおねがいします。

 

 

川崎ローズ「薔薇」のオリジナル版はこちらに掲載されています。
  川崎敏和著「ばらの夢折り紙 」(朝日出版社)
  川崎敏和著「究極の夢折り紙」(朝日出版社)
  川崎敏和著「折り紙夢WORLD 花と動物編」(朝日出版社)
  川崎敏和著「バラと折り紙と数学と」(森北出版)

   

 

当ブログの作品を集めた拙著「折り紙のバラとくすだま」(日本ヴォーグ社 ISBN:9784529059138)です。
バラのくす玉をはじめ、バラ・カーネーションの花束やバラのテーブルフラワー等の人気作品も掲載。

 

折り紙の楽しさを感じていただけたら、ぜひお近くの折り紙教室へ。

自分で折れたらもっと楽しい。折り紙教室の詳細はこちらです。

折り紙講師のご用命・個人レッスンも承っております。ご依頼・お問い合わせは、こちら メールフォーム からどうぞ。

Instagramへの投稿始めました。スマホからでも高画質の画像をお楽しみいただけます。(@kazutaka.naka)  PCの方はWeb版はこちらから。

Instagram

https://www.instagram.com/kazutaka.naka/

スマホでご訪問の方は、ブラウザ設定をPCサイトモードにしていただくと、当ブログのすべてのページがご覧いただけます。

 

| | コメント (0)

2020年2月13日 (木)

「つばき」(書籍掲載作品)と「バラK2」

日差しは出たり出なかったりで、少し不安定なお天気ですが、気温はすっかり春の陽気です。暖冬の影響か、三寒四温というより、一寒五温くらいな感じでしょうか。雨で傘を持ち歩かないといけないのは、やっかいですが花粉的にも風邪的にも、芽吹きの植物たちにとっても良いことなのかもしれませんね。

さて今回は、書籍掲載作品から「つばき」と「つばき」の元になった「バラK2」をご覧いただきましょう。

つばき」は、拙著「折り紙のバラとくすだま」P.80掲載の作品で、ご存じの方も多いと思います。まだ書籍をお持ちでない方は、ぜひお近くの書店でお買い求めください。掲載の「バラの花束 」や「カーネーションの花束」は卒業式や歓送迎会の贈り物に好適です。 通販サイトご利用の方はこちらからどうぞ。楽天Books Amazon 

「つばき」と「バラK2」 創作:中 一隆

バラK2」は「巡回中割り折り」と名付けた花芯構造を持つバラで、カップ状の外周花弁を持った作品です。

このK2をベースにして、花の中心部に「しべ」を折り出したのが「つばき」になります。

「つばき」と「バラK2」 創作:中 一隆

外周花弁の構造は両者全く同じですので、後ろからみ見ると差がわからないかもしれません。かろうじて「がく」を変えてありますが…

折り方もほとんど同じで、「つばき」では花芯に「しべ」を形成させるための手順が追加されたような感じになります。

「つばき」と「バラK2」 創作:中 一隆

「つばき」は「しべ」の色を変えるため、黄色い折り紙を貼ってありますが、どちらも1枚の折り紙で構成することができます。

特筆すべきは、紙の裏面が出ないため裏白の普通の15cm折り紙で折れるということです。

「折り紙」の定義として比較的狭義なものに「不切正方1枚折り」がありますが、さらに「裏白の普通の15cm折り紙で折れる」という条件はもっと厳しいものです。一般的に、素材(紙)としての「おりがみ」といえば、は片面のみに色のついた15cmの正方形の紙を示しますので、より折り紙らしいというか、正統派の「おりがみ」で折れる「折り紙」作品といえるでしょう。

「つばき」と「バラK2」 創作:中 一隆

バラK2の花芯中央の凹みをふくらませて、しべを折り出すことで「つばき」が生み出されている「からくり」をよく知っていただくと、「つばき」の花弁の構造というか外周から花芯に向かう流れは、バラK2と全く同じであることはよくご理解いただけると思います。つばきの花弁中央部が花芯に貼りついてしまっている作例をよく見かけますが、花芯に張り付いた花弁を開いていただくと華やかに開花しますし、これが作者の意図である旨を申し添えておきます。

この「つばき」と「バラK2」は2月9日(日)に、ルミネ横浜8Fの朝日カルチャー横浜「花の折り紙一日講座」にて講習させていただきました。ご参加いただきました方にはこの場を借りて御礼申し上げます。ありがとうございました。

次回「花の折り紙一日講座」は5月24日(日)を予定しております。4-6月期の受講申し込みは2月20日前後から開始されますので、直近になりましたら当ブログでも詳細を告知させていただきます。

折り紙教室の詳細はこちら です。
PCならびにPCモード設定の方は、最新の情報をいつでもこちら からご覧いただけます。

さて、「「つばき」(書籍掲載作品)と「バラK2」」いかがでしたでしょうか。

お気に召していただけたら、ぜひ投票ボタンをポチっとおねがいします。

 

 

当ブログの作品を集めた拙著「折り紙のバラとくすだま」(日本ヴォーグ社 ISBN:9784529059138)です。
バラのくす玉をはじめ、バラ・カーネーションの花束やバラのテーブルフラワー等の人気作品も掲載。

 

折り紙の楽しさを感じていただけたら、ぜひお近くの折り紙教室へ。

自分で折れたらもっと楽しい。折り紙教室の詳細はこちらです。

折り紙講師のご用命・個人レッスンも承っております。ご依頼・お問い合わせは、こちら メールフォーム からどうぞ。

Instagramへの投稿始めました。スマホからでも高画質の画像をお楽しみいただけます。(@kazutaka.naka)  PCの方はWeb版はこちらから。

Instagram

https://www.instagram.com/kazutaka.naka/

スマホでご訪問の方は、ブラウザ設定をPCサイトモードにしていただくと、当ブログのすべてのページがご覧いただけます。

 

| | コメント (0)

2020年2月 6日 (木)

半開トーラス構造の薔薇(F3)

立春も過ぎて春っぽい陽気の日々が続いていましたが、所詮は2月の初旬です。寒さが戻ってきました。しばらく寒気の影響で気温は上がらないようですが、徐々に日も長くなってきて、日差しにも力強さを感じるようになっています。本物の春ももうすぐみたいですね。

さて今回は、不切正方一枚折りの新作の薔薇 F3です。

薔薇の構造としては、前のF2に続いて「羽付きたとう折り」によって「半開トーラス構造」を実現しています。

不切正方一枚折りの薔薇F3 創作:中 一隆

半開トーラス構造の薔薇F2の後続作品で、花弁ボリュームや花としてのバランスを追求した薔薇になっています。

基本構造はF2と概ね同じですが、色々追求してしまった結果、賢明な読者の皆様のご推察通り、折っていただくのは相当大変というか、面倒くさい作品になってます。

不切正方一枚折りの薔薇F3 創作:中 一隆

花の中心部の4つの角が折り紙の四隅に相当しており、F2と同様に風呂敷包みの結び目で花芯部を形成するような紙の配置になっています。

そういう意味では、川崎ローズ等の折り紙のバラとしてスタンダードな紙の配置(花芯部が紙の中心)とは逆転した構造になっています。

不切正方一枚折りの薔薇F3 創作:中 一隆

紙の四隅を花芯として巻き絡める薔薇は、当ブログではC系列に代表される作品群がすでにあり、拙著「折り紙のバラとくすだま」には「花芯を巻き絡めるバラ」C1C3が掲載されています。あれっ!まだ本をお持ちでない? そんな方はぜひお近くの書店でお買い求めください。通販サイトご利用の方はこちらからどうぞ。楽天Books Amazon 

ちなみに書籍掲載のC3の後続作品C4は、ちょっと先になりますが、5月24日(日)に「花の折り紙一日講座」にて取り上げる予定になってます。

このC系列に代表される逆転した構造では、どうしても紙のリソースが花芯部に集中しやすく、外周花弁がそっけない感じになりやすかったのですが、このF3では外周花弁にもある程度リソースを割り振ることができ、良いバランスに仕上がっていると思います。

不切正方一枚折りの薔薇F3 創作:中 一隆

スタンダードな紙の配置のバラでは、中心部の花弁は山折りの尾根を持つ二つ折り構造になります。今回の逆転した配置では、紙の裏面が出てしまうことを許容すれば、1枚の二つ折りの花弁に相当するリソースを表と裏に分割して、2枚の花弁としてボリュームを増すことが可能になります。これにより豊かで緻密な内周花弁を形成することが可能になっています。(まぁ当然、両面同色の折り紙が必要になっちゃいますけど…)

色々と凝ってしまった結果、おそらく折り手の皆様を大いに悩ませ、苦労させる作品になっておりますが、手間のかかる難しい作品ほどチャレンジ精神を掻き立てられて燃える方(火事には十分お気をつけください)もいらっしゃるかと思いますので、たまにはこんな作品もよろしいかと思っております。(せっかく、やや平凡な感じにまでまとまったF2に手を加えて、非凡というか病的な作品にまで突き詰めてしまった、といったところでしょうか。……)

さて、「半開トーラス構造の薔薇(F3)」いかがでしたでしょうか。

お気に召していただけたら、ぜひ投票ボタンをポチっとおねがいします。

 

 

当ブログの作品を集めた拙著「折り紙のバラとくすだま」(日本ヴォーグ社 ISBN:9784529059138)です。
バラのくす玉をはじめ、バラ・カーネーションの花束やバラのテーブルフラワー等の人気作品も掲載。

 

折り紙の楽しさを感じていただけたら、ぜひお近くの折り紙教室へ。

自分で折れたらもっと楽しい。折り紙教室の詳細はこちらです。

折り紙講師のご用命・個人レッスンも承っております。ご依頼・お問い合わせは、こちら メールフォーム からどうぞ。

Instagramへの投稿始めました。スマホからでも高画質の画像をお楽しみいただけます。(@kazutaka.naka)  PCの方はWeb版はこちらから。

Instagram

https://www.instagram.com/kazutaka.naka/

スマホでご訪問の方は、ブラウザ設定をPCサイトモードにしていただくと、当ブログのすべてのページがご覧いただけます。

 

| | コメント (0)

2020年1月30日 (木)

五角のギフトボックス with U7L-5

雪が降って凍えるような寒さは、時期的に仕方ないとは思うのですが、急に暖かくなるのはどうなんでしょうか。責任をもって、このまま暖かくなっちゃうなら問題ありませんが、思わせぶりな気温に翻弄される日々です。こんな時こそ体調管理にお気を付けください。世の中色々あるようですが、小まめに手洗いし、喉の乾燥を防ぎ、良く食べ、良く眠る、あたりが最大の防御策かと思います。個人的にはこれらに「よく飲む」も加えて鉄壁の健康管理体制を維持しております。

さて今回は、「五角のギフトボックス with U7L-5」です。

クリスマス仕様の五角のギフトボックスは既にご覧いただいておりますので、前回とは異なるバラを取り付けたバージョンをご紹介しましょう。

五角のギフトボックス with U7L-5 創作:中 一隆

ユニット構成の五角形の箱の上部にバラの花を組み込んだ作品で、拙著「折り紙のバラとくすだま」P106 掲載のバラのギフトボックス(四角版)を五角形状にしたものです。 あれっ!まだ本をお持ちでない? そんな方はぜひお近くの書店でお買い求めください。掲載の「バラの花束 」や「カーネーションの花束」は卒業式や歓送迎会の贈り物に好適です。通販サイトご利用の方はこちらからどうぞ。楽天Books Amazon 

五角のギフトボックス with U7L-5 創作:中 一隆

上部に組み込むバラは、書籍掲載のギフトボックス四角版と同じU7Lユニットを使ったバラU7L-5です。
バラの花の種類も同じですので、四角版と今回の五角版とを素直に比較してご覧いただけると思います。

五角のギフトボックス with U7L-5 創作:中 一隆

箱が5角形になるとともに、上部に配置した薔薇も5つのユニットを使った五角構造のバラになり、花弁枚数も増えてゴージャスなイメージになります。

五角のギフトボックス with U7L-5 創作:中 一隆

箱の構造や組み立て方は四角版を踏襲しておりますが、五角形の5つのコーナー部分をそれぞれのユニットで構成する仕組みになっているため、90°のコーナーだった四角版から、正五角形の内角108°になるよう変更してあります。(前回の5角形の切り出しでご紹介した、8:11の比率を上手く用いています。)

黄色系の箱にピンクのバラで、春らしい色合いのギフトボックスに仕上げてみました。
実際には中に入れる物の形状を考えると、四角い箱のほうが実用的なのかもしれませんが、5角形の形状によって通常にはない特別感を出すことができていると思います。特別なプレゼントの際にでもぜひご活用いただければと思います。
受験生の方には五角→合格の語呂が幸運をもたらすかもしれませんね。

さて、「五角のギフトボックス with U7L-5」いかがでしたでしょうか。

お気に召していただけたら、ぜひ投票ボタンをポチっとおねがいします。

 

当ブログの作品を集めた拙著「折り紙のバラとくすだま」(日本ヴォーグ社 ISBN:9784529059138)です。
バラのくす玉をはじめ、バラ・カーネーションの花束やバラのテーブルフラワー等の人気作品も掲載。

花の折り紙一日講座 2月9日(日)のご案内
〇10:00~12:00  佐藤ローズ 「ガーデンローズ」 講師:川崎亜子氏
〇13:00~15:00 「つばき」     講師:中 一隆
朝日カルチャーセンター横浜教室 (ルミネ横浜8F)045-453-1122
お申し込みはこちらからどうぞ。
佐藤ローズ「ガーデンローズ」 写真提供:川崎亜子氏
佐藤ローズ「ガーデンローズ」 写真提供:川崎亜子氏
「つばき」 創作:中 一隆
「つばき」 創作:中 一隆

折り紙の楽しさを感じていただけたら、ぜひお近くの折り紙教室へ。

自分で折れたらもっと楽しい。折り紙教室の詳細はこちらです。

折り紙講師のご用命・個人レッスンも承っております。ご依頼・お問い合わせは、こちら メールフォーム からどうぞ。

Instagramへの投稿始めました。スマホからでも高画質の画像をお楽しみいただけます。(@kazutaka.naka)  PCの方はWeb版はこちらから。

Instagram

https://www.instagram.com/kazutaka.naka/

スマホでご訪問の方は、ブラウザ設定をPCサイトモードにしていただくと、当ブログのすべてのページがご覧いただけます。

 

| | コメント (0)

2020年1月16日 (木)

半開トーラス構造の薔薇(F2)

この冬は暖冬の傾向だそうで、スキー場などでは雪不足なんて声も聞こえてきますが、やっぱり冬は寒いです。はい、寒いの嫌いです。それでも少しずつ日が長くなってきているのが、わずかな救いというか、心の支えです。寒さの本番はこれからですので、どうか皆様もご自愛くださいませ。

さて今回は、皆様待望(?)の新作、不切正方1枚折りの「薔薇(F2)」のご紹介です。

薔薇の構造としては「羽付きたとう折り」によって「半開トーラス構造」を実現しています。

薔薇(F2)創作:中一隆

トーラス構造の薔薇は、拙著「折り紙のバラとくすだま」p30に「トーラス構造のバラS2」として掲載させていただいておりますので、ご存じの方も多いかと思います。
何ですって!この期におよんで、まだ本をお持ちでない? そんな方はぜひお近くの書店でお買い求めください。年始のご挨拶の品として、プレゼントにも好適です。通販サイトご利用の方はこちらからどうぞ。Amazon 楽天Books 

トーラス構造のバラS2は花弁枚数が多く彫りの深い薔薇が実現できてはいるものの、円環(トーラス)構造を実現するため、側面での糊付けが必要な作品でした。


薔薇(F2)創作:中一隆

そこで、糊付けを本質的に不要とするため、円環を閉じない半開トーラス構造(Semi-Open Torus structure) の薔薇T3を開発いたしました。ただ残念なことに、このT3は2:1の矩形用紙が必要という変則的な作品になっていました。

さあ、そこで今回の正方形から折る(不切正方1枚折り)半開トーラス構造の薔薇F2の登場となります。

薔薇(F2)創作:中一隆

全体としてコロコロした丸っこいフォルムで、幅広の丸みを帯びた花弁で構成される薔薇になっています。

花の中心部(花芯)に表れている4つの角は折り紙の四隅になっており、C系列のバラと類似な紙の配置(風呂敷包みの結び目が花芯)になっています。C系列のバラの花芯は巻き癖を予めつけておき、組み立ての際に巻き絡める仕組みですが、花弁形状が巻き癖のつけ方で決定されるため、花としての仕上がりを折り手の裁量に任せてしまうという、折り紙らしくない課題が残っていました。

薔薇(F2)創作:中一隆

このF2では折りすじに従いねじりながら畳み、互いに絡める構造になっており、折りすじさえ正しく付いていれば安定した形状に仕上げることが可能です。その分、折りすじをつける工程がやや面倒くさくなっちゃてますが…。うん。組み立ても少し難しいかな。

S2,T3が、従来の用紙や組み立て方にとらわれず、果敢に挑戦した奇抜で野心的な作品であったのに比較すると、やや平凡にも感じてしまいますが、T3を継承した新しい構造の薔薇であって、なおかつ折り紙的な完成度も意外と高い良い作品に仕上がったのではないかと思います。
(「平凡」の反対語「非凡」はどちらかというと優れた意味を持つのに、なぜか「Normal(標準的)」の反対語は「Abnormal(異常・病的)」になっちゃうんですね。なぜ?……)

さて、「半開トーラス構造の薔薇(F2)」いかがでしたでしょうか。

お気に召していただけたら、ぜひ投票ボタンをポチっとおねがいします。

 

 

当ブログの作品を集めた拙著「折り紙のバラとくすだま」(日本ヴォーグ社 ISBN:9784529059138)です。
バラのくす玉をはじめ、バラ・カーネーションの花束やバラのテーブルフラワー等の人気作品も掲載。

花の折り紙一日講座 2月9日(日)のご案内
〇10:00~12:00  佐藤ローズ 「ガーデンローズ」 講師:川崎亜子氏
〇13:00~15:00 「つばき」書籍掲載作品     講師:中 一隆
朝日カルチャーセンター横浜教室 (ルミネ横浜8F)045-453-1122
お申し込みはこちらからどうぞ。
佐藤ローズ「ガーデンローズ」 写真提供:川崎亜子氏
佐藤ローズ「ガーデンローズ」 写真提供:川崎亜子氏
「つばき」 創作:中 一隆
「つばき」 創作:中 一隆

折り紙の楽しさを感じていただけたら、ぜひお近くの折り紙教室へ。

自分で折れたらもっと楽しい。折り紙教室の詳細はこちらです。

折り紙講師のご用命・個人レッスンも承っております。ご依頼・お問い合わせは、こちら メールフォーム からどうぞ。

Instagramへの投稿始めました。スマホからでも高画質の画像をお楽しみいただけます。(@kazutaka.naka)  PCの方はWeb版はこちらから。

Instagram

https://www.instagram.com/kazutaka.naka/

スマホでご訪問の方は、ブラウザ設定をPCサイトモードにしていただくと、当ブログのすべてのページがご覧いただけます。

 

| | コメント (0)

2020年1月 9日 (木)

薔薇と鶴のお正月飾り(書籍掲載作品)

1月7日の松の内が明けると、お正月気分も抜けて、世の中は概ね通常の業務形態に戻っちゃっているようです。個人的には1月いっぱいは「お正月」であることを強く主張し続けております。「盆と正月が一度に来る」というのは、本来忙しくて仕方がない意味だったようですが、引き続き「盆と正月が一度に来た」ように能天気で楽しく飲んだくれ、なおかつ「盆と正月が一度に来た」ように忙しく商売繁盛?な日々が送れると良いかと思っております。

さて今回は、拙著「折り紙のバラとくすだま」(日本ヴォーグ社)p.76掲載作品から、「薔薇と鶴のお正月飾り」をご覧いただきましょう。

年も明けて、今さら本をお持ちでない方なんかおられませんよね。もしもまだでしたらお近くの書店でお買い求めください。お友達へのプレゼントに、年始のご挨拶の品として、お年玉としても好適です。
 通販サイトご利用の方はこちらからどうぞ。Amazon  楽天Books 

薔薇と鶴のお正月飾り 創作:中 一隆

4羽の鶴が羽を組んで中央の薔薇を支える作品で、折り鶴の和のテイストがお正月らしさを引き立てています。

鶴は基本的に伝承作品のまま折り上げ、ジョイントを使って4羽を組み合わせる仕組みになっています。

薔薇と鶴のお正月飾り 創作:中 一隆

中央の薔薇は、切り込みを入れて折るバラU7L-4で、組んだ鶴の羽先を「がく」に見立てて花弁ユニットを組み込みむようになっています。

薔薇の花弁ユニット4個、折り鶴4羽は一つのジョイントで糊付けせずに組み立てられるよう工夫してあります。

薔薇と鶴のお正月飾り 創作:中 一隆

21cmの正方形から作る台形型の展示台(p.78掲載)に乗せると、素敵なお正月向けの飾りに仕上がります。
この展示台は、ほかの折り紙作品を飾る際にも便利にご利用いただけます。(台に乗せるだけで1ランク上の作品に見えますョ。)

薔薇と鶴のお正月飾り 創作:中 一隆

薔薇の色に加えて鶴の配色や柄によっても、いろいろと雰囲気の変わったバリエーションをお楽しみいただけるのではないかと思います。

この薔薇と鶴のお正月飾りは、12月26日(木)にそごう横浜9Fのよみうりカルチャー指先の魔法☆折り紙(木曜)」クラスにて講習させていただきました。

1月からの折り紙教室の詳細はこちら です。
PCならびにPCモード設定の方は、最新の情報をいつでもこちら からご覧いただけます。

さて、「薔薇と鶴のお正月飾り(書籍掲載作品)」いかがでしたでしょうか。

お気に召していただけたら、ぜひ投票ボタンをポチっとおねがいします。

 

当ブログの作品を集めた拙著「折り紙のバラとくすだま」(日本ヴォーグ社 ISBN:9784529059138)です。
バラのくす玉をはじめ、バラ・カーネーションの花束やバラのテーブルフラワー等の人気作品も掲載。

花の折り紙一日講座 2月9日(日)のご案内
〇10:00~12:00  佐藤ローズ 「ガーデンローズ」 講師:川崎亜子氏
〇13:00~15:00 「つばき」     講師:中 一隆
朝日カルチャーセンター横浜教室 (ルミネ横浜8F)045-453-1122
お申し込みはこちらからどうぞ。
佐藤ローズ「ガーデンローズ」 写真提供:川崎亜子氏
佐藤ローズ「ガーデンローズ」 写真提供:川崎亜子氏
「つばき」 創作:中 一隆
「つばき」 創作:中 一隆

折り紙の楽しさを感じていただけたら、ぜひお近くの折り紙教室へ。

自分で折れたらもっと楽しい。折り紙教室の詳細はこちらです。

折り紙講師のご用命・個人レッスンも承っております。ご依頼・お問い合わせは、こちら メールフォーム からどうぞ。

Instagramへの投稿始めました。スマホからでも高画質の画像をお楽しみいただけます。(@kazutaka.naka)  PCの方はWeb版はこちらから。

Instagram

https://www.instagram.com/kazutaka.naka/

スマホでご訪問の方は、ブラウザ設定をPCサイトモードにしていただくと、当ブログのすべてのページがご覧いただけます。

 

| | コメント (0)

より以前の記事一覧