季節の折り紙

2020年5月21日 (木)

「ぼうし」書籍掲載作品から

神奈川県はいまだ「緊急事態宣言 」の最中にあり、「お家で折り紙(Stay Home with Origami)」生活が続いております。折り紙教室のほうは、「緊急事態宣言 」が解除され次第、順次再開予定とアナウンスされております。とりあえず、早期の終息・宣言解除を祈るだけです。皆様のところはいかがでしょうか。まぁ、緊急事態が解除されても、なんだか重く息苦しい感じ(マスクのせいだけじゃなく)はあんまり変わらないんじゃないかと思いますが…。 引き続き、ご自宅での籠城のお供には、ぜひ拙著「折り紙のバラとくすだま」をどうぞ。

5月もなかばをすぎて、日差しを強く感じることが多くなってきました。お日様もいよいよ本気を出してきたという感じでしょうか。
そんな中、熱中症予防や、紫外線対策に有効なのが「ぼうし」です。

そんなわけで、今回は拙著「折り紙のバラとくすだま に掲載された作品から「ぼうし」をご紹介しましょう。

ぼうし 創作:中 一隆

帽子のスタイルとしては、オーソドックス(古典的?)なカンカン帽ですが、夏らしく可愛らしい作品になっています。

折り紙教室では、花飾りをつけた作品などを講習しておりまして、書籍にもヒマワリの花飾りを載せた作品を掲載させていただいてます。

ぼうしとひまわり 創作:中 一隆

書籍掲載のヒマワリは花弁をハサミで切り出すやさしい作品で、切り出す花弁の形状や花芯のサイズを変えると、ヒマワリ以外のマーガレットやコスモスなど色々作ることができます。以前小学生向けの折り紙教室ではコスモスとして講習させていただいきました。

帽子本体も基本的にやさしい作品なのですが、仕上げの工程No.18が上手くできていない作例を目にしますので、ちょっと解説しておきましょう。

「折り紙のバラとくすだま」p.101 Fig.18

Step18は仕上げの工程で、帽子の角に丸みを帯びさせる手順になります。

山折りの折りすじはちょっと付けづらいかもしれませんが、上からつまんで角をつぶすように大胆に折りすじをつけ、つぶれて凹んでしまった角は後から内側から押し出して形を整えなおします。

「折り紙のバラとくすだま」p.101 Fig.19

帽子としてのフォルムはこのステップがなくても概ね完成していますので、省略してもかまいませんが、この工程により角に丸みが出てより可愛らしく仕上がります。

ぼうしとバラ(K1) 創作:中 一隆

シンプルですが、季節を感じさせる作品に仕上がっています。お好みの色や柄を使ったり、飾りをつけて色々お楽しみいただけたら嬉しいです。

さて、書籍掲載作品から「ぼうし」いかがでしたでしょうか。

お気に召していただけたら、ぜひ投票ボタンをポチっとおねがいします。

 

当ブログの作品を集めた拙著「折り紙のバラとくすだま」(日本ヴォーグ社 ISBN:9784529059138)です。
バラのくす玉をはじめ、バラ・カーネーションの花束やバラのテーブルフラワー等の人気作品も掲載。

 

折り紙の楽しさを感じていただけたら、ぜひお近くの折り紙教室へ。

自分で折れたらもっと楽しい。折り紙教室の詳細はこちらです。

折り紙講師のご用命・個人レッスンも承っております。ご依頼・お問い合わせは、こちら メールフォーム からどうぞ。

Instagramへの投稿始めました。スマホからでも高画質の画像をお楽しみいただけます。(@kazutaka.naka)  PCの方はWeb版はこちらから。

Instagram

https://www.instagram.com/kazutaka.naka/

スマホでご訪問の方は、ブラウザ設定をPCサイトモードにしていただくと、当ブログのすべてのページがご覧いただけます。

 

| | コメント (0)

2020年5月14日 (木)

外周花弁のバリエーション  薔薇W2b

新型の例のヤツの影響で、折り紙教室はお休みが続いております。緊急事態宣言がうまいこと5月末で終了したら、6月から再開できるのかなぁと思ってますが、教室が再開できても受講する方が戻ってこられるのかとか、心配の種が尽かない今日この頃です。

さて今回は、前回ご覧いただいた複合ねじり折りのスタンダードな薔薇W2aの外周花弁に少し手を加えた、バリエーションW2bを見ていただきましょう。

この薔薇W2bは、前回のW2aがコロコロとこじんまりした感じにまとまっているのに対して、外周花弁を大きく広げた華やかな薔薇になっています。

薔薇W2b 創作:中 一隆

最外周以外の構成は、W2aと全く同様で、最後に畳まれた花弁を大きく広げるか否かの差になっています。

薔薇W2b 創作:中 一隆

花芯に用いた複合ねじり折りによるボリューム感のある内周花弁と相まって、豪華に咲き誇る大輪の薔薇のイメージでしょうか。

薔薇W2b 創作:中 一隆

W2a,W2b折り方はほとんど共通ですので、お好みに合わせて、バリエーションをお楽しみいただくことができます。

さて、「外周花弁形状のバリエーション 薔薇W2b」いかがでしたでしょうか。

お気に召していただけたら、ぜひ投票ボタンをポチっとおねがいします。

 

当ブログの作品を集めた拙著「折り紙のバラとくすだま」(日本ヴォーグ社 ISBN:9784529059138)です。
バラのくす玉をはじめ、バラ・カーネーションの花束やバラのテーブルフラワー等の人気作品も掲載。

 

折り紙の楽しさを感じていただけたら、ぜひお近くの折り紙教室へ。

自分で折れたらもっと楽しい。折り紙教室の詳細はこちらです。

折り紙講師のご用命・個人レッスンも承っております。ご依頼・お問い合わせは、こちら メールフォーム からどうぞ。

Instagramへの投稿始めました。スマホからでも高画質の画像をお楽しみいただけます。(@kazutaka.naka)  PCの方はWeb版はこちらから。

Instagram

https://www.instagram.com/kazutaka.naka/

スマホでご訪問の方は、ブラウザ設定をPCサイトモードにしていただくと、当ブログのすべてのページがご覧いただけます。

 

| | コメント (0)

2020年5月 7日 (木)

カーネーション(書籍掲載作品から)

新緑の鮮やかな季節となりました。にもかかわらず、新型の例のヤツの影響で緊急事態宣言が延長され、折り紙教室もお休みが続きます。
皆様も引き続き、お家で折り紙(Stay Home with Origami)をお楽しみください。自宅での籠城のお供には、ぜひ拙著「折り紙のバラとくすだま」をどうぞ。

集中すること(三密?)を防ぐため、「母の日」は五月いっぱい「母の月」にという動き(May is Mother's Month)があるようです。(6月は父の月になるのかなぁ…、あっ、母の日にくらべると父の日はそれほどでもないから大丈夫か…)折り紙のカーネーションでしたら、お花屋さんや流通業者さんを煩わせずに、お家の中の作業で完結させることができるるので、このご時勢にピッタリです。

そんなわけで今回は、書籍掲載作品から「カーネーション」をご紹介しましょう。

カーネーション 創作:中 一隆

いわゆる「不切正方一枚折り」で、さらに裏の白い面も出ないという、完成度の高い作品です。安価で入手しやすい15cmの普通の(裏の白い)折り紙で直径5cm程度のカーネーションを作ることができるのも大きな特徴です。やっぱり「折り紙」作品ですから「折り紙」で折れないとね。

カーネーション 創作:中 一隆

花弁は5つの小部屋のようなセルで構成されており(5セル構造)この小部屋の仕切り部分に細かくギャザーを入れる作業が、チマチマとかなり面倒かもしれませんが、丁寧に作業することで、ふんわりボリューム感のあるカーネーションに仕上げていただくことができます。まぁ、精神修養(修行?)みたいなもんだと思って、じっくり取り組んでください。

カーネーション 創作:中 一隆

このカーネーションの作り方は拙著折り紙のバラとくすだま p.85に掲載しております。またカーネーションを使った花束の作り方はp.89に載せてあります。一輪でも可愛らしいですが、花束に仕上げると立派なプレゼントになります。

母の日(母の月)の贈り物に、そして今お忙しい医療関係や社会インフラ維持のお仕事の方々に感謝の気持ちを込めて、ぜひ作ってみてください。

さて、「カーネーション(書籍掲載作品から)」いかがでしたでしょうか。

お気に召していただけたら、ぜひ投票ボタンをポチっとおねがいします。

 

当ブログの作品を集めた拙著「折り紙のバラとくすだま」(日本ヴォーグ社 ISBN:9784529059138)です。
バラのくす玉をはじめ、バラ・カーネーションの花束やバラのテーブルフラワー等の人気作品も掲載。

 

折り紙の楽しさを感じていただけたら、ぜひお近くの折り紙教室へ。

自分で折れたらもっと楽しい。折り紙教室の詳細はこちらです。

折り紙講師のご用命・個人レッスンも承っております。ご依頼・お問い合わせは、こちら メールフォーム からどうぞ。

Instagramへの投稿始めました。スマホからでも高画質の画像をお楽しみいただけます。(@kazutaka.naka)  PCの方はWeb版はこちらから。

Instagram

https://www.instagram.com/kazutaka.naka/

スマホでご訪問の方は、ブラウザ設定をPCサイトモードにしていただくと、当ブログのすべてのページがご覧いただけます。

 

| | コメント (0)

2020年4月23日 (木)

複合ねじり折りの薔薇W2a

家でのんびりできるのは夢のように素晴らしいコトなハズだったわけですが、こうも長期戦になると朝から酒浸りになることにも飽きてしまい、「仕事でもするか!」という日頃より怠惰な自分からは全く発想できない境地に至っております。
まぁ、世の中色々あるとは思いますが、イライラしたり、必要以上に精神すり減らすことは、世界征服を企む例の新型のヤツの思うツボになってしまうかと思いますので、ゆったり大きく広い心で楽しく過ごしていただくことが何より大事かと思っています。
Stay Home ということで、こんな時きっと皆さんもお家でできる「折り紙」が趣味でよかったなぁと感じておられるのではないでしょうか。そんな皆様のご自宅での籠城のお供には、ぜひ拙著「折り紙のバラとくすだま」をどうぞ。

さて今回は、「複合ねじり折りの薔薇W2a」をご覧いただきましょう。

不切正方一枚折りの新作で、「複合ねじり折り」 (Complex Multi-stage Twist Folding) を花芯に使った作品になっています。
「複合ねじり折り」は、以前川崎敏和氏の「薔薇」の花芯に組み込んだアレンジとして紹介させていただいた手法です。

薔薇W2a 創作:中 一隆

一枚折り、ねじり折りの薔薇は色々手掛けていますので、手元にある要素技術を使って手堅くまとめた感じの作品といえるでしょうか。

川崎ローズ「薔薇」と比較して、花芯が「複合ねじり折り」になっていることに加えて、独立性の高い外周花弁が特徴になっています。さらに、紙を22.5度斜めに傾けて折る必要がないのも大きな特徴で、縦横にグリッド状の補助線は必要になりますが紙と直角平行な配置のため、折り紙として素直に折っていただけると思います。(「簡単に作れる」とか「やさしく折れる」とかはあえて言わないようにしておきましょう)

薔薇W2a 創作:中 一隆

「複合ねじり折り」は花芯部の花弁ボリュームをねじり折りを余分に入れて増す手法のため、初段のねじり折りによって段折り状のヒダが余分にできてしまい、どうしても紙(リソース)を有効に活用できないという課題がありました。

今回の薔薇W2aでは、この「段折り状のヒダ」を最外周の花弁を形成する際に有効に活用しています。最外周の花弁を湾曲させながら少しサイズを広げることができ、これにより斜めに折らずに直角平行の配置で十分な外周花弁を作り出すことができるようになっています。

薔薇W2a 創作:中 一隆

花弁増し手法も、いわゆる「2重中割り折り」ではなく、緩やかに2枚の花弁が重なりすれ違う合うような手法を取り入れてみました。

奇をてらうことなくオーソドックスに手堅くまとめた作品で、若干退屈な感じもしますが、これはこれで良いバランスの作品に仕上がったのではないかと思います。

賢明な読者の皆様は既にお気付きかもしれませんが、作品の分類番号W2aに「a」という枝番がついているということは、バリエーションが存在することを意味しています。最外周の花弁形状を変更したW2bも後日ご紹介させて頂きたいと思います。

さて、「複合ねじり折りの薔薇W2a」いかがでしたでしょうか。

お気に召していただけたら、ぜひ投票ボタンをポチっとおねがいします。

 

当ブログの作品を集めた拙著「折り紙のバラとくすだま」(日本ヴォーグ社 ISBN:9784529059138)です。
バラのくす玉をはじめ、バラ・カーネーションの花束やバラのテーブルフラワー等の人気作品も掲載。

 

折り紙の楽しさを感じていただけたら、ぜひお近くの折り紙教室へ。

自分で折れたらもっと楽しい。折り紙教室の詳細はこちらです。

折り紙講師のご用命・個人レッスンも承っております。ご依頼・お問い合わせは、こちら メールフォーム からどうぞ。

Instagramへの投稿始めました。スマホからでも高画質の画像をお楽しみいただけます。(@kazutaka.naka)  PCの方はWeb版はこちらから。

Instagram

https://www.instagram.com/kazutaka.naka/

スマホでご訪問の方は、ブラウザ設定をPCサイトモードにしていただくと、当ブログのすべてのページがご覧いただけます。

 

| | コメント (0)

2020年4月 8日 (水)

カーネーションの花束(書籍掲載作品から)

神奈川県も「緊急事態宣言」が出て折り紙教室はしばらくお休みが続きそうです。早期の終息を祈るばかりです。こんな時はぜひじっくりと「お家で折り紙」(Stay Home with Origami ) をご堪能いただければと思います。
明けない夜や、やまない雨がないように、いつか落ち着く日は必ずやってきます。その時のスタートダッシュのために、今は力を蓄えておきましょう。雨上がりなら美しい虹がみられるかも。(No Rain , No Rainbow.)

さて今回は、「折り紙のバラとくすだま 」掲載作品から「カーネーションの花束」をご覧いただきましょう。

当サイトは「薔薇と折り紙の日々」の名称の通りバラの折り紙をメインに扱うブログですが、春らしい季節の花ですし、5月に母の日も控えていますので、今回はカーネーションに注目してみましょう。

カーネーションの花束 創作:中 一隆 「折り紙のバラとくすだま」掲載作品

この「カーネーションの花束」は拙著「折り紙のバラとくすだま」に掲載されている作品で、単体のカーネーションはp.85に、ブーケの作り方はp.89に載っています。

あれっ!まだ書籍をお買い求めじゃない? そんな方はぜひお近くの書店でどうぞ。カーネーションの花束をはじめ、バラの花束  やテーブルフラワーなど当ブログの人気作品が満載でお家での折り紙に最適です。通販サイトご利用の方はこちらからどうぞ。Amazon 楽天Books

カーネーションの花束 創作:中 一隆 「折り紙のバラとくすだま」掲載作品

カーネーションの花はいわゆる不切正方一枚折りで、しかも普通の15cmの(裏の白い)折り紙で折れるという、完成度の高い作品になっています。

カーネーションの花束 創作:中 一隆 「折り紙のバラとくすだま」掲載作品

花は、5つの小部屋というか「セル」に分かれた構造で、セル(小部屋)の壁にギャザーをよせてカーネーションらしい花弁ボリュームを出す仕組みです。実際には、この花弁にギャザーをよせる作業が、結構大変なんですが…

カーネーションの花束 創作:中 一隆 「折り紙のバラとくすだま」掲載作品

花束は、カーネーションの花4輪にユリの小花や葉っぱを添えたアレンジになっていて、華やかでプレゼントなどにも適した一品に仕上がっています。

カーネーションの花束 創作:中 一隆 「折り紙のバラとくすだま」掲載作品

このカーネーションの花束は、そごう横浜9Fのよみうりカルチャー指先の魔法☆折り紙(木曜)」クラスにて講習させていただく予定になってましたが、まだしばらくお休みが続きそうですね。

先が見えず予定が中々立ちませんが、4月からの折り紙教室の詳細はこちら です。PCならびにPCモード設定の方は、最新の情報をいつでもこちら からご覧いただけます。当方としては、いつでも教室が再開できるようエネルギーをぐ~っと蓄積してスタンバっております。(無意味に飲んだくれてるわけじゃないんですョ。)

さて、「カーネーションの花束(書籍掲載作品から)」いかがでしたでしょうか。

お気に召していただけたら、ぜひ投票ボタンをポチっとおねがいします。

 

当ブログの作品を集めた拙著「折り紙のバラとくすだま」(日本ヴォーグ社 ISBN:9784529059138)です。
バラのくす玉をはじめ、バラ・カーネーションの花束やバラのテーブルフラワー等の人気作品も掲載。

 

折り紙の楽しさを感じていただけたら、ぜひお近くの折り紙教室へ。

自分で折れたらもっと楽しい。折り紙教室の詳細はこちらです。

折り紙講師のご用命・個人レッスンも承っております。ご依頼・お問い合わせは、こちら メールフォーム からどうぞ。

Instagramへの投稿始めました。スマホからでも高画質の画像をお楽しみいただけます。(@kazutaka.naka)  PCの方はWeb版はこちらから。

Instagram

https://www.instagram.com/kazutaka.naka/

スマホでご訪問の方は、ブラウザ設定をPCサイトモードにしていただくと、当ブログのすべてのページがご覧いただけます。

 

| | コメント (0)

2020年4月 1日 (水)

お家で折り紙!「五角のキャンディー」折り図

新型の例のヤツの感染拡大を受け、始まりかけていたカルチャースクールの折り紙教室もお休みになっています。ブログの読者さんや教室の生徒の皆様から色々ご心配いただいてますが、「新型感染にご注意」というより、「時間を持て余して飲みすぎないように!」というお言葉が多いのはなぜでしょうか? まぁ、日頃の行いから導き出されることなんでしょうね。

当然こんな時には、「家に閉じこもって折り紙」もぜんぜんアリかと思います。その際には、拙著「折り紙のバラとくすだま」をぜひお手元にどうぞ! くす玉をはじめ、バラの花束  やテーブルフラワーなど当ブログの人気作品が満載です。通販サイトご利用の方はこちらからどうぞ。Amazon 楽天Books

4月に入って「春なのに」というお声もありますが、今回は「春ですから」 こんな時こそ「お家で折り紙!」(Stay Home with Origami !)ということで、「五角のキャンディー」の折り図を特別に公開させていただくことにしました。色々あるけど「世の中悪いことばかりじゃない」とでも思ってもらえたら幸いです。

なお、この折り図が、このブログや小生を離れて勝手に一人歩きすることは望んでいませんので、無断で転載したり二次利用することはご遠慮ください

五角のキャンディー 創作:中 一隆
五角のキャンディー 創作:中 一隆

 

五角のキャンディーFig1-2 創作・作図:中 一隆

五角のキャンディーFig3-4 創作・作図:中 一隆

五角のキャンディー Fig5-6 創作・作図:中 一隆

五角のキャンディーFig7-8 創作・作図:中 一隆

五角のキャンディーFig9-10 創作・作図:中 一隆

五角のキャンディーFig11-12 創作・作図:中 一隆

五角のキャンディーFig13-14 創作・作図:中 一隆

五角のキャンディーFig15-16 創作・作図:中 一隆

五角のキャンディーFig17 創作・作図:中 一隆

五角のキャンディー 創作:中 一隆
五角のキャンディー 創作:中 一隆

折り紙の先生の言うところの、「じっかり折りすじをつけなさい!」という言葉が身に染みる作品になってるんじゃないかと思います。
Step9-10あたり、しっかり強く、正確に折りすじが付いてさえいれば、とっても簡単に組み立てらるハズです。
もし苦労されてる方がおられたら、その辺を順守していただいて、大胆に一気に(自分を信じて?)ねじるようにたたむと美しく仕上げることができると思います。(良い子のみんな、ちゃんと折り紙の先生の言うこと聞きましょうね!)

大きめの紙で作ると、ギフトパッケージにもなります。中にお菓子を詰めてキャンディー型のキャンディーボックスなど色々ご活用ください。

さて、「お家で折り紙!「五角のキャンディー」折り図」いかがでしたでしょうか。どうぞ、お家でじっくりお楽しみください。

お気に召していただけたら、ぜひ投票ボタンをポチっとおねがいします。

 

 

当ブログの作品を集めた拙著「折り紙のバラとくすだま」(日本ヴォーグ社 ISBN:9784529059138)です。
バラのくす玉をはじめ、バラ・カーネーションの花束やバラのテーブルフラワー等の人気作品も掲載。

 

折り紙の楽しさを感じていただけたら、ぜひお近くの折り紙教室へ。

自分で折れたらもっと楽しい。折り紙教室の詳細はこちらです。

折り紙講師のご用命・個人レッスンも承っております。ご依頼・お問い合わせは、こちら メールフォーム からどうぞ。

Instagramへの投稿始めました。スマホからでも高画質の画像をお楽しみいただけます。(@kazutaka.naka)  PCの方はWeb版はこちらから。

Instagram

https://www.instagram.com/kazutaka.naka/

スマホでご訪問の方は、ブラウザ設定をPCサイトモードにしていただくと、当ブログのすべてのページがご覧いただけます。

 

| | コメント (0)

2020年2月20日 (木)

折り紙教室(2020年春)のご案内

さて、2020年の4-6月に行われる春の折り紙教室の受付が開始される時期になりました。

ここで、2020年4月から開催の春の折り紙教室の情報をまとめておきます。
 ( 現在開催中の折り紙教室(2020冬)の詳細情報はこちら です。) 

公開講座

常設の講座にご参加いただけない方にも受講していただけるよう設定した、一日だけ公開講座です。

指先の魔法☆折り紙 特別講座(公開講座)

日時 : 4月30日(木) 13:00~15:00
内容 : 「アイスクリーム
場所 : よみうりカルチャー横浜教室 (そごう横浜9F)

アイスクリーム 創作:中 一隆
アイスクリーム 創作:中 一隆

非会員の方も入会せずに受講可能な公開講座です。
お申込みお問い合わせは、よみうりカルチャー横浜(045-465-2010) までお願いいたします。
Webサイトからのオンラインでのお申し込みはこちらからどうぞ。

新宿「中村屋サロン」 にて開催の布施知子先生の作品展 は、日程が5/16~6/28に変更になったようです。

 

花の折り紙一日講座(公開講座)

午前中は川崎亜子氏の佐藤ローズ「四角のつぼみとアレンジ 」の講習、午後は私が「薔薇 C4」を講習し、折り紙三昧の休日を過ごしていただく企画になっています。

日時 : 5月24日(日) 10:00~15:00(お昼の休憩を含みます)
内容 : 
〇10:00~12:00 佐藤ローズ 四角のつぼみ美しいバラの折り紙)とアレンジ 」 講師:川崎亜子氏
〇13:00~15:00 薔薇 C4   講師:中 一隆
場所 : 朝日カルチャーセンター横浜教室(ルミネ横浜8F)

佐藤ローズ「四角のつぼみとアレンジ」 写真提供:川崎亜子氏
佐藤ローズ「四角のつぼみとアレンジ」 写真提供:川崎亜子氏

薔薇C4 創作:中 一隆
薔薇C4 創作:中 一隆

公開講座として、この日1日のみの受講が可能です。午前のみ午後のみの受講も可能です。)

2講座受講される方で、朝日カルチャーの非会員の方限定になりますが、窓口またはお電話で、「講師紹介」と伝えていただきますと、会員料金でご受講いただけます。(非会員料金が上がちゃったため、結果的に2,000円くらいお得にご受講いただけます。「講師紹介」をぜひご活用ください)
お申し込み・お問い合わせは,朝日カルチャー横浜 045-453-1122 http://www.asahiculture.jp/yokohama/  までお願いいた します。
Webサイトからのオンラインでのお申し込みはこちらからどうぞ。

午後の講習作品「薔薇C4」は、拙著「折り紙のバラとくすだま」掲載の「バラC3」の後続作品です。事前に「バラC3」の作り方p.20-23に目を通しておいていただくと、楽しく受講していただけます。

※昼食のお昼休憩(1時間)をはさんだ講習になります。ルミネ横浜にはレストラン街もありますが、日曜はかなり込み合います。ロビーであれば飲食が可能ですので、昼食(おにぎり・サンドイッチ・お弁当?)を持参して受講されることをお勧めします。

 

常設講座

横浜そごう9F よみうりカルチャー横浜教室(木曜日)(常設講座)

横浜そごう9Fのよみうりカルチャー横浜教室(読売・日本テレビ文化センター横浜)の折り紙教室です。
場所は、横浜駅東口そごう9Fの市民フロアになります。
日時は、毎月第2・4木曜日13:00~15:00です。

よみカル木曜作品サンプル2020年春

4-6月のスケジュール・カリキュラムは以下の予定です。

   4月23日(木)   カーネーションの花束ー1
   5月 7日(木)17:30~ カーネーションの花束ー2
   5月14日(木)   花遊び(永田紀子) 客員講師:川崎亜子氏
   5月28日(木)   プリムラのテーブル花
   6月11日(木)   マジック・ローズ・キューブ
   6月25日(木)   星のバラ玉

詳細のお問い合わせ・受講申し込みは、よみうりカルチャー横浜(045-465-2010) までお願いいたします。
Webサイトからのオンラインでのお申し込みはこちらからどうぞ。(入会金の割引クーポンはこちらからどうぞ)



横浜ルミネ8F 朝日カルチャー横浜教室(常設講座)

場所は朝日カルチャーセンター横浜教室 で、横浜駅の駅ビル「ルミネ横浜」の8階になります。
日時は、毎月第1・3日曜日10:30~12:30です。

朝日カルチャー作品サンプル2020年春

4-6月のスケジュール・カリキュラムは以下の予定です。

   4月19日(日)   バラ2種(Q,K1)と小さな花束ー1
   4月26日(日)13:30~ バラ2種(Q,K1)と小さな花束ー2
   5月17日(日)   花遊び(永田紀子) 客員講師:川崎亜子氏
   5月31日(日)   ハイヒールとハンドバック
   6月 7日(日)   薔薇(U5-5)のコサージュ
   6月21日(日)   ローズボックス五角版

お申し込み・お問い合わせは,朝日カルチャー横浜 045-453-1122 http://www.asahiculture.jp/yokohama/  までお願いいたします。
Webサイトからのオンラインでのお申し込みはこちらからどうぞ。入会金割引キャンペーン実施中。

横浜そごう9F よみうりカルチャー横浜教室(火曜日)(常設講座)

横浜そごう9Fのよみうりカルチャー横浜教室(読売・日本テレビ文化センター横浜)の折り紙教室です。
場所は、横浜駅東口そごう9Fの市民フロアになります。
日時は、毎月第2・4火曜日13:00~15:00です。

よみカル火曜作品サンプル2020年春

4-6月のスケジュール・カリキュラムは以下の予定です。

   4月21日(火)15:30~ バラK2の花束-1
   4月28日(火)   バラK2の花束-2
   5月12日(火)   花遊び(永田紀子) 客員講師:川崎亜子氏
   5月26日(火)   バラ付きの五角箱
   6月 9日(火)   バラのくす玉U14-30 -1
   6月23日(火)   バラのくす玉U14-30 -2

詳細のお問い合わせ・受講申し込みは、よみうりカルチャー横浜(045-465-2010) までお願いいたします。
Webサイトからのオンラインでのお申し込みはこちらからどうぞ。

大変ありがたいことに、ここのところ多くの方に教室に足をお運びいただけるようになりました。 しかし、どの教室も座席数に限りがあります。(私ひとりで一度に講習できる人数にも限りがありますしね。)
オーバーブッキングを防止するため、事前に余裕を持って「満席」と表示される場合がありますので、ご承知おきください。例えば残席1の状態であっても、「見学」のお申込みがあった段階で暫定的に満席表示となります。(見学の方がそのまま正式に受講されるとは限らないんですが…。)
1日だけの公開講座でも、講習直前になって数名のキャンセルがでてしまうこともあったりします。
「満席」と表示された場合にも、あきらめずにお電話でお問合せいただくか、キャンセル待ちにご登録ください。(お問い合わせやキャンセル待ちが多い状態が続けば教室増設の可能性もありますので…)

以上、教室で皆様にお会いできることを楽しみにしております。

お気に召していただけたら、ぜひ投票ボタンをポチっとおねがいします。

 

当ブログの作品を集めた拙著「折り紙のバラとくすだま」(日本ヴォーグ社 ISBN:9784529059138)です。
バラのくす玉をはじめ、バラ・カーネーションの花束やバラのテーブルフラワー等の人気作品も掲載。

折り紙の楽しさを感じていただけたら、ぜひお近くの折り紙教室へ。
自分で折れたらもっと楽しい。折り紙教室の詳細はこちらです。
折り紙講師のご用命・個人レッスンも承っております。ご依頼・お問い合わせは、こちら メールフォーム からどうぞ。
Instagramへの投稿始めました。スマホからでも高画質の画像をお楽しみいただけます。(@kazutaka.naka)  PCの方はWeb版はこちらから。

Instagram

https://www.instagram.com/kazutaka.naka/

スマホでご訪問の方は、ブラウザ設定をPCサイトモードにしていただくと、当ブログのすべてのページがご覧いただけます。

| | コメント (0)

2020年2月13日 (木)

「つばき」(書籍掲載作品)と「バラK2」

日差しは出たり出なかったりで、少し不安定なお天気ですが、気温はすっかり春の陽気です。暖冬の影響か、三寒四温というより、一寒五温くらいな感じでしょうか。雨で傘を持ち歩かないといけないのは、やっかいですが花粉的にも風邪的にも、芽吹きの植物たちにとっても良いことなのかもしれませんね。

さて今回は、書籍掲載作品から「つばき」と「つばき」の元になった「バラK2」をご覧いただきましょう。

つばき」は、拙著「折り紙のバラとくすだま」P.80掲載の作品で、ご存じの方も多いと思います。まだ書籍をお持ちでない方は、ぜひお近くの書店でお買い求めください。掲載の「バラの花束 」や「カーネーションの花束」は卒業式や歓送迎会の贈り物に好適です。 通販サイトご利用の方はこちらからどうぞ。楽天Books Amazon 

「つばき」と「バラK2」 創作:中 一隆

バラK2」は「巡回中割り折り」と名付けた花芯構造を持つバラで、カップ状の外周花弁を持った作品です。

このK2をベースにして、花の中心部に「しべ」を折り出したのが「つばき」になります。

「つばき」と「バラK2」 創作:中 一隆

外周花弁の構造は両者全く同じですので、後ろからみ見ると差がわからないかもしれません。かろうじて「がく」を変えてありますが…

折り方もほとんど同じで、「つばき」では花芯に「しべ」を形成させるための手順が追加されたような感じになります。

「つばき」と「バラK2」 創作:中 一隆

「つばき」は「しべ」の色を変えるため、黄色い折り紙を貼ってありますが、どちらも1枚の折り紙で構成することができます。

特筆すべきは、紙の裏面が出ないため裏白の普通の15cm折り紙で折れるということです。

「折り紙」の定義として比較的狭義なものに「不切正方1枚折り」がありますが、さらに「裏白の普通の15cm折り紙で折れる」という条件はもっと厳しいものです。一般的に、素材(紙)としての「おりがみ」といえば、は片面のみに色のついた15cmの正方形の紙を示しますので、より折り紙らしいというか、正統派の「おりがみ」で折れる「折り紙」作品といえるでしょう。

「つばき」と「バラK2」 創作:中 一隆

バラK2の花芯中央の凹みをふくらませて、しべを折り出すことで「つばき」が生み出されている「からくり」をよく知っていただくと、「つばき」の花弁の構造というか外周から花芯に向かう流れは、バラK2と全く同じであることはよくご理解いただけると思います。つばきの花弁中央部が花芯に貼りついてしまっている作例をよく見かけますが、花芯に張り付いた花弁を開いていただくと華やかに開花しますし、これが作者の意図である旨を申し添えておきます。

この「つばき」と「バラK2」は2月9日(日)に、ルミネ横浜8Fの朝日カルチャー横浜「花の折り紙一日講座」にて講習させていただきました。ご参加いただきました方にはこの場を借りて御礼申し上げます。ありがとうございました。

次回「花の折り紙一日講座」は5月24日(日)を予定しております。4-6月期の受講申し込みは2月20日前後から開始されますので、直近になりましたら当ブログでも詳細を告知させていただきます。

折り紙教室の詳細はこちら です。
PCならびにPCモード設定の方は、最新の情報をいつでもこちら からご覧いただけます。

さて、「「つばき」(書籍掲載作品)と「バラK2」」いかがでしたでしょうか。

お気に召していただけたら、ぜひ投票ボタンをポチっとおねがいします。

 

 

当ブログの作品を集めた拙著「折り紙のバラとくすだま」(日本ヴォーグ社 ISBN:9784529059138)です。
バラのくす玉をはじめ、バラ・カーネーションの花束やバラのテーブルフラワー等の人気作品も掲載。

 

折り紙の楽しさを感じていただけたら、ぜひお近くの折り紙教室へ。

自分で折れたらもっと楽しい。折り紙教室の詳細はこちらです。

折り紙講師のご用命・個人レッスンも承っております。ご依頼・お問い合わせは、こちら メールフォーム からどうぞ。

Instagramへの投稿始めました。スマホからでも高画質の画像をお楽しみいただけます。(@kazutaka.naka)  PCの方はWeb版はこちらから。

Instagram

https://www.instagram.com/kazutaka.naka/

スマホでご訪問の方は、ブラウザ設定をPCサイトモードにしていただくと、当ブログのすべてのページがご覧いただけます。

 

| | コメント (0)

2020年2月 6日 (木)

半開トーラス構造の薔薇(F3)

立春も過ぎて春っぽい陽気の日々が続いていましたが、所詮は2月の初旬です。寒さが戻ってきました。しばらく寒気の影響で気温は上がらないようですが、徐々に日も長くなってきて、日差しにも力強さを感じるようになっています。本物の春ももうすぐみたいですね。

さて今回は、不切正方一枚折りの新作の薔薇 F3です。

薔薇の構造としては、前のF2に続いて「羽付きたとう折り」によって「半開トーラス構造」を実現しています。

不切正方一枚折りの薔薇F3 創作:中 一隆

半開トーラス構造の薔薇F2の後続作品で、花弁ボリュームや花としてのバランスを追求した薔薇になっています。

基本構造はF2と概ね同じですが、色々追求してしまった結果、賢明な読者の皆様のご推察通り、折っていただくのは相当大変というか、面倒くさい作品になってます。

不切正方一枚折りの薔薇F3 創作:中 一隆

花の中心部の4つの角が折り紙の四隅に相当しており、F2と同様に風呂敷包みの結び目で花芯部を形成するような紙の配置になっています。

そういう意味では、川崎ローズ等の折り紙のバラとしてスタンダードな紙の配置(花芯部が紙の中心)とは逆転した構造になっています。

不切正方一枚折りの薔薇F3 創作:中 一隆

紙の四隅を花芯として巻き絡める薔薇は、当ブログではC系列に代表される作品群がすでにあり、拙著「折り紙のバラとくすだま」には「花芯を巻き絡めるバラ」C1C3が掲載されています。あれっ!まだ本をお持ちでない? そんな方はぜひお近くの書店でお買い求めください。通販サイトご利用の方はこちらからどうぞ。楽天Books Amazon 

ちなみに書籍掲載のC3の後続作品C4は、ちょっと先になりますが、5月24日(日)に「花の折り紙一日講座」にて取り上げる予定になってます。

このC系列に代表される逆転した構造では、どうしても紙のリソースが花芯部に集中しやすく、外周花弁がそっけない感じになりやすかったのですが、このF3では外周花弁にもある程度リソースを割り振ることができ、良いバランスに仕上がっていると思います。

不切正方一枚折りの薔薇F3 創作:中 一隆

スタンダードな紙の配置のバラでは、中心部の花弁は山折りの尾根を持つ二つ折り構造になります。今回の逆転した配置では、紙の裏面が出てしまうことを許容すれば、1枚の二つ折りの花弁に相当するリソースを表と裏に分割して、2枚の花弁としてボリュームを増すことが可能になります。これにより豊かで緻密な内周花弁を形成することが可能になっています。(まぁ当然、両面同色の折り紙が必要になっちゃいますけど…)

色々と凝ってしまった結果、おそらく折り手の皆様を大いに悩ませ、苦労させる作品になっておりますが、手間のかかる難しい作品ほどチャレンジ精神を掻き立てられて燃える方(火事には十分お気をつけください)もいらっしゃるかと思いますので、たまにはこんな作品もよろしいかと思っております。(せっかく、やや平凡な感じにまでまとまったF2に手を加えて、非凡というか病的な作品にまで突き詰めてしまった、といったところでしょうか。……)

さて、「半開トーラス構造の薔薇(F3)」いかがでしたでしょうか。

お気に召していただけたら、ぜひ投票ボタンをポチっとおねがいします。

 

 

当ブログの作品を集めた拙著「折り紙のバラとくすだま」(日本ヴォーグ社 ISBN:9784529059138)です。
バラのくす玉をはじめ、バラ・カーネーションの花束やバラのテーブルフラワー等の人気作品も掲載。

 

折り紙の楽しさを感じていただけたら、ぜひお近くの折り紙教室へ。

自分で折れたらもっと楽しい。折り紙教室の詳細はこちらです。

折り紙講師のご用命・個人レッスンも承っております。ご依頼・お問い合わせは、こちら メールフォーム からどうぞ。

Instagramへの投稿始めました。スマホからでも高画質の画像をお楽しみいただけます。(@kazutaka.naka)  PCの方はWeb版はこちらから。

Instagram

https://www.instagram.com/kazutaka.naka/

スマホでご訪問の方は、ブラウザ設定をPCサイトモードにしていただくと、当ブログのすべてのページがご覧いただけます。

 

| | コメント (0)

2020年1月 9日 (木)

薔薇と鶴のお正月飾り(書籍掲載作品)

1月7日の松の内が明けると、お正月気分も抜けて、世の中は概ね通常の業務形態に戻っちゃっているようです。個人的には1月いっぱいは「お正月」であることを強く主張し続けております。「盆と正月が一度に来る」というのは、本来忙しくて仕方がない意味だったようですが、引き続き「盆と正月が一度に来た」ように能天気で楽しく飲んだくれ、なおかつ「盆と正月が一度に来た」ように忙しく商売繁盛?な日々が送れると良いかと思っております。

さて今回は、拙著「折り紙のバラとくすだま」(日本ヴォーグ社)p.76掲載作品から、「薔薇と鶴のお正月飾り」をご覧いただきましょう。

年も明けて、今さら本をお持ちでない方なんかおられませんよね。もしもまだでしたらお近くの書店でお買い求めください。お友達へのプレゼントに、年始のご挨拶の品として、お年玉としても好適です。
 通販サイトご利用の方はこちらからどうぞ。Amazon  楽天Books 

薔薇と鶴のお正月飾り 創作:中 一隆

4羽の鶴が羽を組んで中央の薔薇を支える作品で、折り鶴の和のテイストがお正月らしさを引き立てています。

鶴は基本的に伝承作品のまま折り上げ、ジョイントを使って4羽を組み合わせる仕組みになっています。

薔薇と鶴のお正月飾り 創作:中 一隆

中央の薔薇は、切り込みを入れて折るバラU7L-4で、組んだ鶴の羽先を「がく」に見立てて花弁ユニットを組み込みむようになっています。

薔薇の花弁ユニット4個、折り鶴4羽は一つのジョイントで糊付けせずに組み立てられるよう工夫してあります。

薔薇と鶴のお正月飾り 創作:中 一隆

21cmの正方形から作る台形型の展示台(p.78掲載)に乗せると、素敵なお正月向けの飾りに仕上がります。
この展示台は、ほかの折り紙作品を飾る際にも便利にご利用いただけます。(台に乗せるだけで1ランク上の作品に見えますョ。)

薔薇と鶴のお正月飾り 創作:中 一隆

薔薇の色に加えて鶴の配色や柄によっても、いろいろと雰囲気の変わったバリエーションをお楽しみいただけるのではないかと思います。

この薔薇と鶴のお正月飾りは、12月26日(木)にそごう横浜9Fのよみうりカルチャー指先の魔法☆折り紙(木曜)」クラスにて講習させていただきました。

1月からの折り紙教室の詳細はこちら です。
PCならびにPCモード設定の方は、最新の情報をいつでもこちら からご覧いただけます。

さて、「薔薇と鶴のお正月飾り(書籍掲載作品)」いかがでしたでしょうか。

お気に召していただけたら、ぜひ投票ボタンをポチっとおねがいします。

 

当ブログの作品を集めた拙著「折り紙のバラとくすだま」(日本ヴォーグ社 ISBN:9784529059138)です。
バラのくす玉をはじめ、バラ・カーネーションの花束やバラのテーブルフラワー等の人気作品も掲載。

花の折り紙一日講座 2月9日(日)のご案内
〇10:00~12:00  佐藤ローズ 「ガーデンローズ」 講師:川崎亜子氏
〇13:00~15:00 「つばき」     講師:中 一隆
朝日カルチャーセンター横浜教室 (ルミネ横浜8F)045-453-1122
お申し込みはこちらからどうぞ。
佐藤ローズ「ガーデンローズ」 写真提供:川崎亜子氏
佐藤ローズ「ガーデンローズ」 写真提供:川崎亜子氏
「つばき」 創作:中 一隆
「つばき」 創作:中 一隆

折り紙の楽しさを感じていただけたら、ぜひお近くの折り紙教室へ。

自分で折れたらもっと楽しい。折り紙教室の詳細はこちらです。

折り紙講師のご用命・個人レッスンも承っております。ご依頼・お問い合わせは、こちら メールフォーム からどうぞ。

Instagramへの投稿始めました。スマホからでも高画質の画像をお楽しみいただけます。(@kazutaka.naka)  PCの方はWeb版はこちらから。

Instagram

https://www.instagram.com/kazutaka.naka/

スマホでご訪問の方は、ブラウザ設定をPCサイトモードにしていただくと、当ブログのすべてのページがご覧いただけます。

 

| | コメント (0)

より以前の記事一覧