書籍情報・サポート

2020年5月21日 (木)

「ぼうし」書籍掲載作品から

神奈川県はいまだ「緊急事態宣言 」の最中にあり、「お家で折り紙(Stay Home with Origami)」生活が続いております。折り紙教室のほうは、「緊急事態宣言 」が解除され次第、順次再開予定とアナウンスされております。とりあえず、早期の終息・宣言解除を祈るだけです。皆様のところはいかがでしょうか。まぁ、緊急事態が解除されても、なんだか重く息苦しい感じ(マスクのせいだけじゃなく)はあんまり変わらないんじゃないかと思いますが…。 引き続き、ご自宅での籠城のお供には、ぜひ拙著「折り紙のバラとくすだま」をどうぞ。

5月もなかばをすぎて、日差しを強く感じることが多くなってきました。お日様もいよいよ本気を出してきたという感じでしょうか。
そんな中、熱中症予防や、紫外線対策に有効なのが「ぼうし」です。

そんなわけで、今回は拙著「折り紙のバラとくすだま に掲載された作品から「ぼうし」をご紹介しましょう。

ぼうし 創作:中 一隆

帽子のスタイルとしては、オーソドックス(古典的?)なカンカン帽ですが、夏らしく可愛らしい作品になっています。

折り紙教室では、花飾りをつけた作品などを講習しておりまして、書籍にもヒマワリの花飾りを載せた作品を掲載させていただいてます。

ぼうしとひまわり 創作:中 一隆

書籍掲載のヒマワリは花弁をハサミで切り出すやさしい作品で、切り出す花弁の形状や花芯のサイズを変えると、ヒマワリ以外のマーガレットやコスモスなど色々作ることができます。以前小学生向けの折り紙教室ではコスモスとして講習させていただいきました。

帽子本体も基本的にやさしい作品なのですが、仕上げの工程No.18が上手くできていない作例を目にしますので、ちょっと解説しておきましょう。

「折り紙のバラとくすだま」p.101 Fig.18

Step18は仕上げの工程で、帽子の角に丸みを帯びさせる手順になります。

山折りの折りすじはちょっと付けづらいかもしれませんが、上からつまんで角をつぶすように大胆に折りすじをつけ、つぶれて凹んでしまった角は後から内側から押し出して形を整えなおします。

「折り紙のバラとくすだま」p.101 Fig.19

帽子としてのフォルムはこのステップがなくても概ね完成していますので、省略してもかまいませんが、この工程により角に丸みが出てより可愛らしく仕上がります。

ぼうしとバラ(K1) 創作:中 一隆

シンプルですが、季節を感じさせる作品に仕上がっています。お好みの色や柄を使ったり、飾りをつけて色々お楽しみいただけたら嬉しいです。

さて、書籍掲載作品から「ぼうし」いかがでしたでしょうか。

お気に召していただけたら、ぜひ投票ボタンをポチっとおねがいします。

 

当ブログの作品を集めた拙著「折り紙のバラとくすだま」(日本ヴォーグ社 ISBN:9784529059138)です。
バラのくす玉をはじめ、バラ・カーネーションの花束やバラのテーブルフラワー等の人気作品も掲載。

 

折り紙の楽しさを感じていただけたら、ぜひお近くの折り紙教室へ。

自分で折れたらもっと楽しい。折り紙教室の詳細はこちらです。

折り紙講師のご用命・個人レッスンも承っております。ご依頼・お問い合わせは、こちら メールフォーム からどうぞ。

Instagramへの投稿始めました。スマホからでも高画質の画像をお楽しみいただけます。(@kazutaka.naka)  PCの方はWeb版はこちらから。

Instagram

https://www.instagram.com/kazutaka.naka/

スマホでご訪問の方は、ブラウザ設定をPCサイトモードにしていただくと、当ブログのすべてのページがご覧いただけます。

 

| | コメント (0)

2020年3月19日 (木)

バラのギフトボックス(中箱の組み立てのコツ)

桜の開花宣言も出て、春らしい陽気の日も多くなってきました。まだ三寒四温というか不安定なお天気もあるようですが、それも春らしいといった感じでしょうか。世界的には新型の例のヤツの勢いが止まらないようです。まぁ、日本国内もまだまだ油断は禁物ですが…。

朝日カルチャー横浜は3月16日から、よみうりカルチャー横浜 は3月20日から順次教室が再開されます。私の担当する折り紙教室も各クラスそれぞれ、3/24(火)、3/26(木)、3/29(日) から通常営業に戻るといったところでしょうか。(お休みだった講習の振替があるため、通常より過密なスケジュールで対応しなくっちゃなりません。受講生の方々は、大変お待たせいたしました。)

そんな感じで、自粛ムードでふさぎ込んでしまっているのは、この春の季節にもったいない気がします。4月からの講座のお申し込みも始まってますので、折り紙教室にでもお出かけになりませんか。4月からの折り紙教室の詳細はこちら です。PCならびにPCモード設定の方は、最新の情報をいつでもこちら からご覧いただけます。

さて今回は、書籍掲載作品から「バラのギフトボックス」のご紹介と、中箱を上手く組み立てるコツについて記載してみたいと思います。

バラのギフトボックス 創作:中 一隆

バラのギフトボックスは、拙著「折り紙のバラとくすだま p.106に掲載の作品で、折り紙教室でも人気の作品です。まだ書籍の購入をお迷いの方はぜひこの機会にお買い求めください。このギフトボックスをはじめ、バラの花束  やテーブルフラワーなど当ブログの人気作品が満載です。通販サイトご利用の方はこちらからどうぞ。Amazon  楽天Books 

上箱4枚、中箱4枚からなるユニット構成の箱の上部にバラの花(U7L-4)を組み込んだ作品で、中に何を入れるかにもよるんでしょうが、豪華な薔薇の花がプレゼントにスペシャル感を与える一品になっています。

SNS等でも、多くの方々に作っていただきご報告・ご紹介いただいていますが、「中箱が組み立てずらい」とのお声を一部お聞きしてますので、今回はうまく組み立てるコツをご紹介しておきましょう。

スムーズに組み立てられない原因は、P.111 Fig.18-19の工程でできる段差が 中箱部品を組む際に、引っ掛かりやすいためのようです。

「折り紙のバラとくすだま」p.111 Fig.18

「折り紙のバラとくすだま」p.111 Fig.19

組み立ての際にこの点に注意して、部品と部品のすきまなどから、引っ掛かっていないか確認しながら作業していただけば、きっとうまく組み立てられると思います。

部品形状の完成度?は若干低下してしまいますが、以下のように折り方を変えると、引っ掛かる段差をなくすことができますので、お好みでこちらも試してみてください。

ギフトボックス中箱 組み立てやすくp.111 Fig.18

ギフトボックス中箱 組み立てやすくp.111 Fig.19

畳んだヒダが飛び出したままになってしまい、ちょっとすっきりしませんが、まぁ、ここはユニットに挟まれて見えなくなってしまう場所ですので、完成した作品形状に影響を与えることはありません。

箱はそれぞれ4枚の折り紙を組み合わせて作る作品になっていますので、折り紙の柄や色、さらに組み込むバラの色合いをお好みに合わせて変えていただきますと、様々な雰囲気の素敵なギフトケースに仕上げることができると思います。

書籍では「切り込みを入れて折るバラU7L-4(またはU7w-4)」を箱の上部に組み込んでいますが、少し工程を変えると「花弁の多い華やかなバラU4-4」を組み込むこともできます。詳細はこちらの記事をご参照ください。

バラのギフトボックス 創作:中 一隆

さて、「バラのギフトボックス中箱の組み立てのコツ)」いかがでしたでしょうか。

お気に召していただけたら、ぜひ投票ボタンをポチっとおねがいします。

 

一日だけの公開講座です。こんな時こそ楽しい折り紙教室へどうぞ。

指先の魔法☆折り紙 公開講座 4月30日(木) 13:00~15:00
内容:「アイスクリーム
よみうりカルチャー横浜 http://www.ync.ne.jp/yokohama/ 045-465-2010
Webサイトからのオンラインのお申込みはこちらからどうぞ
アイスクリーム 創作:中 一隆

花の折り紙一日講座(公開講座)5月24日(日) 10:00~15:00
・10:00~12:00 佐藤ローズ 四角のつぼみ美しいバラの折り紙)とアレンジ 」 講師:川崎亜子氏
・13:00~15:00 薔薇 C4   講師:中 一隆
朝日カルチャーセンター横浜教室(ルミネ横浜8F)
Webサイトからのオンラインのお申込みはこちらからどうぞ
佐藤ローズ「四角のつぼみとアレンジ」 写真提供:川崎亜子氏
薔薇C4 創作:中 一隆

 

当ブログの作品を集めた拙著「折り紙のバラとくすだま」(日本ヴォーグ社 ISBN:9784529059138)です。
バラのくす玉をはじめ、バラ・カーネーションの花束やバラのテーブルフラワー等の人気作品も掲載。

 

折り紙の楽しさを感じていただけたら、ぜひお近くの折り紙教室へ。

自分で折れたらもっと楽しい。折り紙教室の詳細はこちらです。

折り紙講師のご用命・個人レッスンも承っております。ご依頼・お問い合わせは、こちら メールフォーム からどうぞ。

Instagramへの投稿始めました。スマホからでも高画質の画像をお楽しみいただけます。(@kazutaka.naka)  PCの方はWeb版はこちらから。

Instagram

https://www.instagram.com/kazutaka.naka/

スマホでご訪問の方は、ブラウザ設定をPCサイトモードにしていただくと、当ブログのすべてのページがご覧いただけます。

 

| | コメント (0)

2019年12月22日 (日)

ギフトボックス with U4-4 書籍掲載作品のアレンジ(折り図付き)

前回のクリスマス仕様のギフトボックス五角版が思いのほか好評でしたので、拙著「折り紙のバラとくすだま」p106掲載の「四角版ギフトボックス」もクリスマス仕様で作ってみました。

何ですって!この期におよんで、まだ本をお持ちでない? そんな方はぜひお近くの書店でお買い求めください。クリスマスのプレゼントや年末年始のご挨拶の品として、お年玉代わりにも好適です。通販サイトご利用の方はこちらからどうぞ。Amazon 楽天Books 

そういうわけで今回ご紹介するのは、ギフトボックス with U4-4 (書籍掲載作品のアレンジ)です。ちなみに写真は上箱のみです。

ギフトボックス with U4-4(上箱) 創作:中 一隆

クリスマス仕様ということで、赤・緑・金のクリスマスカラーに加えて、上部に組み込むバラをデフォルトの「切り込みを入れて折るバラU7L-4」からP52に掲載の「花弁の多い華やかなバラU4-4」に変更してみました。

ギフトボックス with U4-4(上箱) 創作:中 一隆

前回の五角版で使用したU8-5のツンデレ的アプローチを踏襲させるべく、今回のU4-4もカールさせずにシャープなイメージを出してみました。

ギフトボックス with U4-4(上箱) 創作:中 一隆

書籍では、バラU7L-4を箱上部の爪に組み込む構成となっており、U4-4を組み込むためには「がく」とみなして接続する爪の形状を少し変更する必要があります。

ギフトボックス(四角版)」(p106掲載)も「花弁の多い華やかなバラU4-4」(P52掲載)のいずれも拙著掲載の作品で、わずかな変更で両者を新たなアレンジとして組み合わせることができます。そこで今回は、U7L-4からU4-4へ乗せ換えるのための変更箇所の折り図を提供(制限付き公開)させていただくことにいたしました。書籍をご購入・ご愛読いただいている皆様へのクリスマスプレゼントといったところでしょうか。

折り図はPDFファイル(A4サイズ)として配布させていただきますが、著作権保護の観点から閲覧・印刷の際にはパスワードが必要です。

パスワードは書籍「折り紙のバラとくすだま」の46ページ掲載作品の記号番号(「U4-30」とか「U5J-60」など)で、必ず半角大文字英数字(カッコは不要)で入力してください。(練習用紙 のパスワードとは異なっていますのでご注意ください)
なお、本折り図は書籍を購入された方へ著者から提供させていただくものです。書籍をお持ちでない方の閲覧・使用を禁じます。

 

ギフトボックス with U4-4 変更箇所折り図

ギフトボックス with U4-4 折り図 はこちらから閲覧・ダウンロードできます。

 

なお、当記事はいつでもブログTopから [カテゴリ] → 書籍情報サポート でご参照いただけます。PCあるいはPCモードのブラウザの方は、左サイドバー → [カテゴリ ]から 書籍情報サポート にジャンプできます。

花ユニットには、平らな箱上部に合わせて花の開き具合を少し調整(広がるように)するための変更が入れてあります。

上箱の爪形状を折り図に従って変更したら、箱の組み立て方などは同様です。出来上がった上箱の4つの爪を「がく」としてP58の[組み立て]の要領でバラの花弁ユニットを組み立てると完成します。本来のP57の「がく」よりも箱が邪魔で組み立てにくいかもしれませんので、通常の「がく」で組み立ての練習をよくしてから取り組むことをお勧めします。

ユニット構成の箱は、色の配色でガッラっと雰囲気を変えることができます。さらに加えて上部にどんなバラを組み込むかによって大きくイメージを変えることができますので、ご使用の季節や目的に応じて(TPOってやつ?)様々なバリエーションをお楽しみいただけたらと思います。

さて、「ギフトボックス with U4-4 (書籍掲載作品のアレンジ)」いかがでしたでしょうか。

お気に召していただけたら、ぜひ投票ボタンをポチっとおねがいします。

 

当ブログの作品を集めた拙著「折り紙のバラとくすだま」(日本ヴォーグ社 ISBN:9784529059138)です。
バラのくす玉をはじめ、バラ・カーネーションの花束やバラのテーブルフラワー等の人気作品も掲載。

折り紙の楽しさを感じていただけたら、ぜひお近くの折り紙教室へ。

自分で折れたらもっと楽しい。折り紙教室の詳細はこちらです。

折り紙講師のご用命・個人レッスンも承っております。ご依頼・お問い合わせは、こちら メールフォーム からどうぞ。

Instagramへの投稿始めました。スマホからでも高画質の画像をお楽しみいただけます。(@kazutaka.naka)  PCの方はWeb版はこちらから。

Instagram

https://www.instagram.com/kazutaka.naka/

スマホでご訪問の方は、ブラウザ設定をPCサイトモードにしていただくと、当ブログのすべてのページがご覧いただけます。

 

| | コメント (0)

2019年11月16日 (土)

「折り紙のバラとくすだま」補足追記 U7L-5のがくサイズ ( p62)

10月19日発売の書籍「折り紙のバラとくすだま」の補足追記事項です。

拙著「折り紙のバラとくすだま」p62に掲載の「切り込みを入れて折るバラ」 U7L-5の「がく」の用紙サイズが抜けておりました。

切り込みを入れて折るバラU7L-5 創作:中一隆
切り込みを入れて折るバラU7L-5

花弁ユニット4枚で組むU7L-4の「がく」は記載通り7.5x7.5㎝で問題ありませんが、

花弁ユニット5枚で組むU7L-5の「がく」は正方形から五角に切り出すため、少し大きめのサイズの紙が必要になります。

U7L-4 , U7L-5 「がく」のサイズ
U7L-4 , U7L-5 「がく」のサイズ

具体的には花弁ユニットを15x5cmで作った際には10.5x10.5cmの用紙(正方形)から「がく」を作ってください。

本書ではこのU7L-5の「がく」の用紙サイズが抜けておりましたので、お詫びして補足追記させていただきます。
(重版など修正の機会がありましたら書籍の方にも追記させていただきたいと思っています。)

なお、当記事はいつでもブログTopから [カテゴリ] → 書籍情報サポート でご参照いただけます。
書籍をお持ちのお友達にも教えてあげてください。

チェックを重ねて出版させていただいておりますが、もしかしたら今後も何か補足修正事項があるかもしれません。当方で把握いたしました不具合点などはこちらの 書籍情報サポート に掲載させていただきますので、ご参照ください。(練習用紙などのお役に立つ情報もございます。)

切り込みを入れて折るバラU7L-4 創作:中一隆
切り込みを入れて折るバラU7L-4

U7ユニットには、U7L(Long Version)、U7W(Wide Version)などのバリエーションがあります。

基準となるU7-4の紙の比率は2:1、一段横長にしたロングバージョンのU7L-4は3:1です。U7-4の紙幅を2倍にしたワイドバージョンのU7W-4は2:2(=1:1)の正方形から作ります。
U7ユニット紙サイズのバリエーション
U7ユニット紙サイズのバリエーション

各ユニットから形成される花弁はほぼ正方形で、バリエーションによって花弁枚数が増加してゆく様子がご理解いただけるかと思います。

書籍にはU7L-4U7W-4 そして、花弁ユニットを5個使ったU7L-5を掲載させていただいておりますが、基本となるベーシックなU7-4はページ数の関係で割愛させていただきました。

折り図は掲載しておりませんが、よりシンプルな作品ですので熱心な読者の皆様でしたら、U7-4がどんな感じか作っていただけると思います。

U7のバリエーション 左からU7L-4,U7W-4,U7-4 創作:中一隆
U7のバリエーション 左からU7L-4,U7W-4,U7-4

花弁ユニットを5個使ったU7L-5も掲載させていただいてますので、簡単な応用としてはU7Wのユニットを5個使ったU7W-5も可能です。この際には「がく」は本記事で追記させていただいた10.5㎝角の用紙から作る五角構造のものをご使用ください。

花弁枚数をより多くするという方向性では、横にも縦にも伸ばしたU7LWー4なんてバージョンもできそうです。(もちろん五角の「がく」を使ってU7LW-5なんてのも……、まぁ、花弁枚数が多けりゃいいってもんじゃないと思いますが…。)

さて、「「折り紙のバラとくすだま」補足追記 U7L-5のがくサイズ」をお知らせさせていただきました。

お気に召してはいただけないでしょうが、ご了解いただけましたらぜひ投票ボタンをポチっとおねがいします。

 

当ブログの作品を集めた拙著「折り紙のバラとくすだま」(日本ヴォーグ社 ISBN:9784529059138)です。
バラのくす玉をはじめ、バラ・カーネーションの花束やバラのテーブルフラワー等の人気作品も掲載。

折り紙の楽しさを感じていただけたら、ぜひお近くの折り紙教室へ。

自分で折れたらもっと楽しい。折り紙教室の詳細はこちらです。

折り紙講師のご用命・個人レッスンも承っております。ご依頼・お問い合わせは、こちら メールフォーム からどうぞ。

Instagramへの投稿始めました。スマホからでも高画質の画像をお楽しみいただけます。(@kazutaka.naka)  PCの方はWeb版はこちらから。

Instagram

https://www.instagram.com/kazutaka.naka/

スマホでご訪問の方は、ブラウザ設定をPCサイトモードにしていただくと、当ブログのすべてのページがご覧いただけます。

 

| | コメント (0)

2019年10月17日 (木)

「折り紙のバラとくすだま」練習用紙

大型台風が過ぎ去って、グッと冷え込むようになってきました。台風の被害に遭われた方には心よりお見舞い申し上げます。

さて、まもなく10月19日から拙著「折り紙のバラとくすだま」(日本ヴォーグ社 ISBN:9784529059138)が発売となります。
(ご予約がまだの方は、お近くの書店、あるいは楽天BooksAmazonでどうぞ)
「折り紙のバラとくすだま」中 一隆著(日本ヴォーグ社 ISBN:9784529059138)
そこで、本書掲載作品の練習用紙をご用意いたしました。
ちょっと手間のかかる難しい作品の折り線印刷した練習用紙になっています。
まだ本が無いのに練習用紙だけあっても…、と言われそうですが、とりあえず徐々に気分を盛り上げていきましょう。
(もしかしたら、大型台風も来たし配送の都合で少し時間がかかるかもしれませんが、どの業者さんも全力で対応してます、どうぞワクワクしてお待ちください。)

ご自宅のプリンターで両面印刷して、切り抜いて練習用の折り紙としてお使いいただくと練習のお役に立つと思います。
もちろん最終的には無地の折り紙で折っていただかなきゃなりませんが、全体の流れをつかむことや、組み立て方の習得には有効です。

まず最初はこの練習用紙を使って折っていただき、折りすじの基準等の確認組み立て方の練習を行います。
全体の作業の流れをつかめたら、次のステップでは無地の折り紙と練習用紙を1Stepずつ交互に折っていただくと良いと思います。
もちろん慣れたら本番は無地のお好みの折り紙でどうぞ。

PDFファイル(A4サイズ)として配布させていただきますが、著作権保護の観点から閲覧・印刷の際にはパスワードが必要です。
パスワードは本書籍の66ページ掲載作品の記号番号(「U4-30」とか「U5J-60」など)で、必ず半角大文字英数字(カッコは不要)で入力してください。(本もまだだし、中身も見れないなんて、ちょっとイラっとしちゃうかもしれませんがご容赦を。)
なお、本練習用紙は書籍を購入された方へ著者から提供させていただくものです。書籍をお持ちでない方の閲覧・使用を禁じます。

「折り紙のバラとくすだま」練習用紙PDFファイル はこちらから閲覧・ダウンロードできます。

なお、当記事はいつでもブログTopから [カテゴリ] → 書籍情報サポート でご参照いただけます。PCあるいはPCモードのブラウザの方は、左サイドバー → [サイトマップ] の項目から「折り紙のバラとくすだま」練習用紙へジャンプできます。
書籍をお持ちのお友達にも教えてあげてください。

ご自宅にプリンター等のPDFファイルを印刷する環境がない方は、お友達あるいは、知り合いの若いヤツでもつかまえて、印刷を頼むとよろしいかと思います。(新たなコミュニケーションが始まるかも?)

それでは、各用紙の使い方を簡単にご紹介しておきましょう。

たとう折りの薔薇T1(p24)
たとう折りの薔薇T1 たとう折りの薔薇 練習用紙1たとう折りの薔薇 練習用紙2
うら面から付ける折りすじは少ないので、おもて面のみの印刷(裏は無地)でもOKと思います。印刷後正方形に切り抜いて、練習用の折り紙として折ってください。例外もありますが赤系統(暖色)は山折り、青系統(寒色)は谷折りになります。最初のうちは必ずp28手順36でしっかり糊付けすることをおススメします。

トーラス構造の薔薇S2(p30)
トーラス構造の薔薇S2トーラス構造の薔薇 練習用紙1トーラス構造の薔薇 練習用紙2
うら面から付ける折りすじは少ないので、おもて面のみの印刷でも十分練習可能と思います。印刷後正方形に切り抜いて練習用折り紙としてご利用ください。PDFはA4サイズですが、複雑な作品なのでB4やA3サイズに拡大印刷して練習したほうがいいかもしれません。
最大印刷サイズがA4というプリンターの際には、A4サイズでおもて面のみ印刷し、コンビニなどで拡大コピーすると良いでしょう。
トーラス構造の薔薇 練習用紙3トーラス構造の薔薇 練習用紙4
p35[各部のたたみ方]は、必ず一度a~eまで独立した紙で折ってみてください。印刷後それぞれの用紙を切り出したら、印刷された折り線に従っておりすじを付け、P35のたたみ方に従ってたたんでみてください。個別の折り方(たたみ方)がわかれば、後はつながっていて、ややこしくて面倒くさいだけです。

つばき(p80)
つばきつばき 練習用紙1つばき 練習用紙2
両面印刷して練習することをおススメします。プリンターの都合などでどうしても表裏の印字がずれてしまう際には、表裏を独立して印刷し、切り抜いたあと、糊で貼り合わせると良いでしょう。(ちょっと紙が厚くなちゃいますが、練習と思って割り切りましょう)花芯は表面のみでOKです。

カーネーション(p85)
カーネーションカーネーション 練習用紙1カーネーション 練習用紙2
数字を記入しただけの練習用紙です。数字の位置や順番さえ間違わなければ、p85手順8の段階で数字をペンで書きこんでもOKです。

くり(イガポケット) (p103)
くりくり(イガポケット)
おまけです。印刷して切り抜いてご使用ください。(イガの内側のポケットです。)

さあ、練習用紙をうまく活用して、難しいと思っていた作品にもチャレンジしてみましょう。
ご不明点・お問い合わせなどございましたら、こちら メールフォーム からどうぞ。

新作を書籍掲載させるまでは、どうしても色々時間がかかります。ブログ掲載の新作を折ってみたい方はぜひ折り紙教室にお越しください。
折り紙教室の詳細はこちらです。 
書籍掲載の「たとう折りの薔薇T1」の講習(花の折り紙一日講座11月10日朝日カルチャー横浜)も予定しております。

さて、「「折り紙のバラとくすだま」練習用紙」いかがでしたでしょうか。

お気に召していただけたら、ぜひ投票ボタンをポチっとおねがいします。

 

当ブログの作品を集めた拙著「折り紙のバラとくすだま」(日本ヴォーグ社 ISBN:9784529059138)です。
バラのくす玉をはじめ、バラ・カーネーションの花束やバラのテーブルフラワー等の人気作品も掲載。

折り紙の楽しさを感じていただけたら、ぜひお近くの折り紙教室へ。

自分で折れたらもっと楽しい。折り紙教室の詳細はこちらです。

折り紙講師のご用命・個人レッスンも承っております。ご依頼・お問い合わせは、こちら メールフォーム からどうぞ。

Instagramへの投稿始めました。スマホからでも高画質の画像をお楽しみいただけます。(@kazutaka.naka)  PCの方はWeb版はこちらから。

Instagram

https://www.instagram.com/kazutaka.naka/

スマホでご訪問の方は、ブラウザ設定をPCサイトモードにしていただくと、当ブログのすべてのページがご覧いただけます。

 

| | コメント (3)

2019年9月19日 (木)

書籍「折り紙のバラとくすだま」発売のお知らせ

書籍「折り紙のバラとくすだま」発売のお知らせです。

10月19日に、当ブログの作品を集めた拙著「折り紙のバラとくすだま」(日本ヴォーグ社)が発売されます。

〇「折り紙のバラとくすだま」 中 一隆 著 日本ヴォーグ社 2019年10月19日発売 ISBN:9784529059138

「折り紙のバラとくすだま」中 一隆 著 日本ヴォーグ社 ISBN:9784529059138

表紙は「くすだま」がメインになっちゃってますが、「一枚折りのバラ」の章と、「ユニット構成のバラとくすだま」の章に加えて、花束やテーブルフラワー等の「季節の小物」の章の三本立てになっています。

「折り紙のバラとくすだま」中 一隆 著 日本ヴォーグ社 ISBN:9784529059138

ブログの掲載記事や折り紙教室で好評だった作品を厳選した、盛りだくさんの内容になっています。

当ブログをご愛読いただいている方々をはじめとした、折り紙ファンには十二分に楽しんでただける作品ラインナップになっていると思います。

「折り紙のバラとくすだま」中 一隆 著 日本ヴォーグ社 ISBN:9784529059138

販売価格は、1,800円(+税)で(10月から 消費税が上がっちゃいました、悪しからず…。)折り紙の書籍としては若干お高めの設定に感じられるかとも思いますが、お手に取ってご覧いただくと、十分に納得いただける価値ある一冊に仕上がっていると思います。

「折り紙のバラとくすだま」中 一隆 著 日本ヴォーグ社 ISBN:9784529059138

10月19日より全国書店にて発売となりますが、事前にご予約いただいておきますと早く確実にお手元にお届けできるかと思います。

すでに購入予約が可能になっていますので、お近くの本屋さんでご予約いただけると嬉しいです。

ネット通販をご利用の方は、こちらのリンクからどうぞ。

   楽天Books  「折り紙のバラとくすだま」中 一隆 著 日本ヴォーグ社

   Amazon  「折り紙のバラとくすだま」中 一隆 著 日本ヴォーグ社

当ブログはこの8月で開設10年を迎え、2月には通算300万アクセスを達成させていただくことができました。
この10年目の節目の年に、皆様からも熱いご要望の多かった書籍化を実現することができ、たいへん嬉しく、そしてありがたく感じております。今回発売の書籍「折り紙のバラとくすだま」をお手元でご愛読いただきますとともに、ひきつづき当ブログをご覧いただければと思います。(折り紙教室にも、ぜひお越しくださいね。……第1・3日曜の朝日カルチャー横浜の常設クラスはまだ残席がございます!)

10月からの折り紙教室の詳細はこちら です。
PCならびにPCモード設定の方は、最新の情報をいつでもこちら からご覧いただけます。

さて、書籍「折り紙のバラとくすだま」発売のお知らせ いかがでしたでしょうか。

お気に召していただけたら、ぜひ投票ボタンをポチっとおねがいします。

 

当ブログの作品を集めた拙著「折り紙のバラとくすだま」(日本ヴォーグ社 ISBN:9784529059138)です。
バラのくす玉をはじめ、バラ・カーネーションの花束やバラのテーブルフラワー等の人気作品も掲載。

折り紙の楽しさを感じていただけたら、ぜひお近くの折り紙教室へ。

自分で折れたらもっと楽しい。折り紙教室の詳細はこちらです。

折り紙講師のご用命・個人レッスンも承っております。ご依頼・お問い合わせは、こちら メールフォーム からどうぞ。

Instagramへの投稿始めました。スマホからでも高画質の画像をお楽しみいただけます。(@kazutaka.naka)  PCの方はWeb版はこちらから。

Instagram

https://www.instagram.com/kazutaka.naka/

スマホでご訪問の方は、ブラウザ設定をPCサイトモードにしていただくと、当ブログのすべてのページがご覧いただけます。

| | コメント (2)