Skypeによる折り紙講習のご案内

※ 現在 Skypeによる折り紙講習 は行っておりません。 あしからずご了承ください

神奈川・東京での折り紙教室最新情報こちらへどうぞ。

Skypeは、マイクロソフト社が提供するP2P技術を利用したインターネット電話サービスで、インターネットに接続したPCを使用した無料のテレビ電話です。

このSkypeを利用して、折り紙の講習を行っています。

Skypeによる折り紙講習
Skypeによる折り紙講習(イメージ)

ご希望の時間ご自宅で、ご自分のペースで折り紙の個人レッスンを受けることが出来ます。

海外を含む遠隔地にお住まいの方(日本語での講習になります)、育児・介護などあるいは体がご不自由で外出できない方、などはぜひご利用をご検討ください。

Skype(TV電話)で接続
Skype(TV電話)で接続

Skypeを利用するためには、インターネットに接続したPCと、Webカメラヘッドセット(イヤホンマイク)が必要です。

最近では130万画素のWebカメラにヘッドセット(イヤホンマイク)がセットになった製品2,000円以下で購入できます。

通常のSkypeによるTV電話では、お互いの顔をビデをで写しながら使用しますが、折り紙の講習では手元を写す必要があります。

最近のノートPCでは、Webカメラが予め液晶ディスプレイの上部に内臓されているものも多いですが、ディスプレイ表示を見ながら、カメラで手元を写せるかご確認ください。

ノートPCの手前に講習の作業領域を確保して、手元を写すためには、ノートPCの液晶ディスプレイを手前に倒して、蓋を閉じ気味にする必要があると思いますが、この状態でディスプレイが見えなくなってしまうと、講習ができません。
このような場合には、別途手元撮影のためのWebカメラが必要になりますので、ご注意ください。

Skypeによる折り紙講習
Skypeによる折り紙講習(イメージ)

講習の内容は、当ブログに掲載の作品、あるいは小生がカルチャーセンターで講習している作品を中心に、ご相談に応じます。(講習できない作品もあります。)

講習料金は、詳細をまだ決めておりませんが、個人レッスンであること、カルチャースクールとの競合を避けるため、講習内容にもよりますが標準的なものでしたら1時間2,100円、2時間3,150円程度を予定しています。詳細はご相談ください。

初めてSkypeをご利用になる方もおられると思いますので、接続実験や回線の品質を確認するために、初回1時間に限り無料で講習させていただきたいと思っています。

折り紙などの教材一式を、こちらで準備して送付することも可能です。
(別途教材費・送料も必要になりますので、基本的にご自身で準備いただくと良いと思います)

講習内容に関するお問い合わせ、お申し込みなどは、プロフィールページメールフォームからお願いいたします。

Skypeによる折り紙講習 受講開始までの流れ

   1.Skypeが使えるよう、セットアップします。

       ご自宅でSkypeをお使いになったことがある方も、
       ノートPC内臓のカメラ等では、カメラで手元を写しながら通話できるかを
       確認して、必要であれば外付けカメラをご用意ください。

   2.Webカメラ+ヘッドセットを準備してください。

       とりあえず低価格で購入できるもの(固定焦点)

       iBUFFALO 130万画素WEBカメラ ヘッドセット付 BSW13K08HBK
       iBUFFALO 130万画素Webカメラ ヘッドセット付 BSW13K10HBK

       手元をアップにすると、ピントが合いにくくなりますので、
       ピント調整できるものがお勧めです。
       手動フォーカス
       iBUFFALO 320万画素  Webカメラ ヘッドセット付  BSW32K02HBKF
       オートフォーカス
       iBUFFALO FullHD対応 200万画素WEBカメラ ヘッドセット付  BSWHD04HBK

   3.Skypeのセットアップ

       Skypeのページから、お使いのPC(Windows/Mac)用Skepe(無料版でOK)を
        ダウンロード・インストールしてください。

       Skypeのアカウント(Skype 名)を取得してください。
        (Skypeでの電話番号のようなものです)

       接続テストをしてみてください。(Echo / Sound Test Service
                お友達にSkypeユーザーがいたら、つないでみてください。

   4.講習のリクエスト

       プロフィールページメールフォームから講習のご希望をお伝えください。
       この際にSkype名も合わせてお伝えください。
       ご希望に沿うように、講習内容をご相談させていただきます。
       決定した、講習内容、日時、講習料、お支払い方法などはメールにて
       回答させていただきます。
       接続実験や回線の品質を確認するために、初回1時間に限り無料です。
        

   5.講習の前に

       Webカメラのセッティングをします。
       折り紙の講習では手元を写す必要がありますので、
       講習のための作業領域をがなるべく大きく写るように
       カメラをセッティングしてください。

       照明が暗いと画質が悪くなってしまうので、手元を照らすライトがあると
       いいでしょう。

       ライトの向きや位置が自在に振れるスタンドをお持ちの方は、
       ライトの笠にWebカメラをテープなどで固定すると良いかもしれません。

   6.使用する教材を確認したら、準備OKです。講習開始をお待ちください。

 

Skypeを通じて皆さんにお会いできることを楽しみにしています。

 

Webカメラとヘッドセット(イヤホンマイク)の情報をご紹介しておきます。

とりあえず低価格で購入できるもの(固定焦点)

折り紙講習で手元をアップにすると、通常はピントが合いにくくなりますので、
ピント調整できるものがお勧めです。